ホ ー ム 概  要 スタッフ 研  究 教  育 リ ン ク ギャラリー

大学院 | 学 部 | 市民講座 | その他
肉眼解剖学 | 発生学

肉眼解剖学 Gross Anatomy
 GIO: General Instructional Objective (一般教育目標)
 SBOs: Specific Behavioral Objectives (行動目標)

コース GIO

 人体の正常構造を、脈管学内臓学末梢神経学 の 3 分野に分けて系統的に学習する。主要な脈管、内臓および末梢神経の構成ならびに構造を理解し、各々がどのような位置関係にあるか、機能的にどのように関連しているかについて考える。この科目ではとくに 人体解剖学実習 に重点をおき、詳細な剖出と観察により、実際の人体正常構造を三次元的に理解する。また献体の意義を十分理解すると共に、人命の尊厳と死について省察する。


脈管学 Angiology

GIO:
心臓、動脈、静脈、リンパ管より成る脈管系の基本構成を理解する。各要素の基本構造と分岐経路を把握し、体内で液性物質がどのように循環しているかを理解する。
SBOs:
  1. 脈管系の基本的な構成について図説することができる。
  2. 大循環(体循環)と小循環(肺循環)について説明できる。
  3. 心臓の構造について説明できる。
  4. 心臓に分布する血管と神経について説明できる。
  5. 主要な動・静脈の分岐経路と分布領域を説明することができる。
  6. 主要な筋および内臓器官に分布する血管路について説明できる。
  7. 終動脈とはどのようなものか、またどこにみられるかを説明できる。
  8. 皮静脈、門脈、奇静脈について説明できる。
  9. 側副循環とはどのようなものか説明できる。また主要な側副循環については図示することができる。
  10. 成人における血液循環と胎児循環との違いを説明できる。
  11. リンパ管の循環経路およびリンパ節の構造と機能について説明できる。
  12. リンパ性器官(扁桃、脾臓、胸腺など)について説明できる。


内臓学 Splanchnology

GIO:
各種器官系の構造と構成、および機能について理解する。
  1. 消化器系

    GIO:
     口腔から肛門に至る消化管および付属消化腺より成る消化器系の基本構成を理解する。各要素の構造と機能を把握し、食物がどのように消化・吸収・排泄されるのかを理解する。

    SBOs:
    1. 口腔、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸(盲腸、虫垂、結腸、直腸)、肛門の区分や位置について、骨格や周囲の構造と対比させながら説明できる。
    2. 大唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)、肝臓、胆嚢、膵臓の位置や導管の開口部について説明できる。
    3. これら各消化器官の形態および各部の名称について説明できる。
    4. 各消化器官の基本的な働きにつて説明できる。
    5. 各消化器官に分布する血管およびその側副路、また各器官を支配する神経について説明できる。
    6. 歯列について説明できる。
    7. 腹腔内の臓器と腹膜との関係を説明できる。

  2. 呼吸器系

    GIO:
     気道、気管支、肺から成る呼吸器系の基本構成と各要素の構造を把握し、呼吸ならびに発声のしくみを理解する。

    SBOs:
    1. 鼻腔および喉頭の構造について説明できる。
    2. 声帯を動かす筋とその支配神経について説明できる。
    3. 気管および気管支の構造と分岐について説明できる。
    4. 気管支と肺動・静脈との位置関係について説明できる。
    5. 肺の形態、区分、各部の名称を説明できる。
    6. 呼吸に関与する骨格、筋およびその支配神経について説明できる。
    7. 胸式呼吸と腹式呼吸の違いについて説明できる。
    8. 肺の栄養血管と機能血管について説明できる。
    9. 縦隔の構成について説明できる。

  3. 泌尿器系

    GIO:
     腎臓、尿管、膀胱、尿道の基本構造を把握し、尿がどのようにつくられ排泄されるのかを理解する。

    SBOs:
    1. 腎臓および膀胱の位置、形態、これらに分布する血管および神経について説明できる。
    2. 男性尿道の区分、および男女の尿道の差異について説明できる。
    3. 泌尿器と腹腔および骨盤内臓との位置関係について説明できる。

  4. 生殖器系

    GIO:
     男性および女性生殖器の基本構成を理解する。各要素の基本的な構造と機能を把握し、受精と妊娠がどのようにして行われるのかを理解する。

    SBOs:
    1. 男性生殖器(精巣、精巣上体、精管、精嚢、前立腺、尿道球腺、陰茎など)の位置や形態について説明できる。
    2. 精索の構成と経路を説明できる。
    3. 女性生殖器(卵巣、卵管、子宮、膣、前庭球、大前庭腺、陰核など)の位置や形態について説明できる。
    4. 男性生殖器と女性生殖器の異同について説明できる。
    5. 生殖器と腹膜との関係を説明できる。

  5. 内分泌器系

    GIO:
     内分泌器官の種類、位置、構造、ならびに基本的機能を把握し、体内の各器官の働きがホルモンによりどのように調節されているかを理解する。

    SBOs:
    1. 下垂体、松果体、甲状腺、上皮小体、副腎の位置と形態について説明できる。
    2. それぞれの内分泌器から分泌されるホルモンの種類と主な作用について説明できる。

  6. 感覚器系

    GIO:
     視覚器および平衡聴覚器の基本構造を把握し、これらの感覚がどのように知覚され、中枢神経系に伝えられるのかを理解する。

    SBOs:
    1. 眼球の構造について図を描いて説明できる。
    2. 眼球に分布する血管について説明できる。
    3. 外耳、中耳、内耳の構造について説明できる。
    4. 耳管の位置と役割について説明できる。


末梢神経 Peripheral Nervous System

GIO:
 末梢神経系の構成要素を理解する。中枢神経系に対する関係を把握し、両者の構成と機能の相違を理解する。
SBOs:
  1. 脳神経:
    1. 12 対の脳神経の構成について説明できる。
    2. 各脳神経の働きを、知覚性、運動性、分泌性の面から説明できる。
    3. 頭頚部の 4 つの副交感性神経節の構成と機能について説明できる。

  2. 脊髄神経:
    1. 頚髄、胸髄、腰髄、仙髄から出ている脊髄神経の構成について説明できる。
    2. 脊髄神経前枝から作られる神経叢の構成について説明できる。
    3. 主要な筋に対する支配神経を説明できる。
    4. 身体各部の皮膚知覚に対する神経支配を説明できる。

  3. 自律神経:
    1. 自律神経系を、交感神経系と副交感神経系とに分け、それらの構成を説明できる。
    2. 交感神経節と副交感神経節の構成と局在の異同について説明できる。
    3. 交感・副交感神経系による器官支配とその効果について説明できる。


肉眼解剖学実習

GIOs:
  1. 詳細な剖出と観察により、実際の人体正常構造を三次元的に理解する。
  2. 各個体の解剖を通して人体構造の普遍性と個性(破格の存在を含む)を認識する。
  3. 献体について考え、医師となるための心構えを身につける。
SBOs:
  1. 常に諸構造の機能的な関連性を念頭に置きながら、観察を行うことができる。
  2. 局所における諸構造の位置関係を説明できる。
  3. 病変、手術痕、破格等について、なぜそのような状態になったのかを推察することができる。
  4. 解剖器具を正しく使うことができる。
  5. グループの他のメンバーと協力して作業を行う。
  6. 不明な点について、各種の資料をもとにできるだけ自分たちの力で問題解決をすることができる。
  7. 予定進度に合わせて実習を進めることができる。
  8. 解剖体の状態を良好に保つことができる。
  9. 実習室を清潔に維持することができる。
  10. 解剖体を正しく納棺することができる。
  11. 実習の最後に感想文を提出する。

 実習項目は多岐にわたる。各項目における GIOs および SBOs については、実習の初めに配布する別冊子「解剖学実習」に記載されている。


発生学 Embryology
 GIO: General Instructional Objective (一般教育目標)
 SBOs: Specific Behavioral Objectives (行動目標)

コース GIO

 ヒトを中心とした哺乳動物の個体および器官が形成される発生過程を学習し、その基本的なメカニズムとダイナミクスについて理解する。また、臨床的に問題となる先天異常の発生メカニズムを理解する。さらに、発生に関する細胞生物学や分子生物学上の最近の知見を学び、このような観点から発生のメカニズムについて理解を深める。


総 論

GIO:
 生殖子(精子と卵子)の形成から受精、着床、胚葉形成、胚子期、胎児期を経て出生に至る一連の経過について概観し、人体の基本的な発生過程を理解する。特に胚子全体に大きな形態変化の起こる胚子期までを中心に、胚子形成の全体像を捉える。
SBOs:
  1. 生殖子の形成過程について説明できる。
  2. 性周期に伴う卵巣および子宮の変化、ならびに排卵について説明できる。
  3. 受精から着床に至る過程について説明できる。
  4. 2層性胚盤(発生第2週)、3層性胚盤(発生第3週)、胚子期(発生第4週から第8週まで)の各時期に起こる主要な変化について説明できる。
  5. 三胚葉の形成について、また各胚葉から形成される構造について説明できる。
  6. 胎盤の発生、構造、機能、胎盤循環、臍帯について説明できる。


各 論

  1. 消化器系

    GIO:
     消化管および付属消化腺の形成過程を理解する。

    SBOs:
    1. 前腸、中腸、後腸の区分を理解し、消化器系の形成過程について説明できる。
    2. 胃間膜と網嚢の関係を説明できる。
    3. 中腸ループの異常と腸の位置異常の関係を説明できる。
    4. 肛門の形成異常について説明できる。
    5. 肝臓および膵臓の形成過程について説明できる。

  2. 呼吸器系

    GIO:
     気管、気管支、肺の形成過程を理解する。

    SBOs:
    1. 気管、気管支の発生過程を説明できる。
    2. 肺の形成について、胸腔の形成と関連づけて説明することができる。
    3. 気管の形成異常について説明できる。

  3. 心臓脈管系

    GIO:
     心臓、動脈系、静脈系の形成過程を理解する。

    SBOs:
    1. 心臓の起源と心内膜筒の発生について説明できる。
    2. 心内膜筒から心房および心室への分化、ならびに各部の中隔形成について説明できる。
    3. 中隔形成の異常と、その結果生ずる心臓の形態異常との関連について例をあげて説明できる。
    4. 大動脈弓系の形成とその後の変化について説明できる。
    5. 卵黄静脈および臍静脈の発生とその後の変化を説明できる。
    6. 上大静脈、下大静脈、および奇静脈の発生について説明できる。

  4. 体腔の分割

    GIO:
     胸腔、心膜腔、腹腔の形成、および横隔膜の形成過程を理解する。

    SBOs:
    1. 胚内体腔がどのようにして形成され、さらにそれがどのようにして胸腔、心膜腔、腹腔へと分割されるかについて説明できる。
    2. 横隔膜がどのようにして形成されるかを説明できる。
    3. 漿膜の形成とその後の変化について説明できる。

  5. 泌尿生殖器系

    GIO:
     泌尿器(腎臓、尿管、膀胱、尿道)および男女の生殖器(生殖腺、生殖管、外生殖器)の形成過程を理解する。

    SBOs:
    1. 前腎、中腎、および後腎の起源と運命について説明できる。
    2. 腎臓の形成異常について説明できる。
    3. 生殖腺、生殖管、および外生殖器の起源とその後の分化について、男女を比較しながら説明することができる。
    4. 性染色体または性ホルモンの異常と生殖器形成の異常との関係について説明できる。

  6. 顔面、口腔、鰓器官

    GIO:
     頭頚部の形成過程を理解する。

    SBOs:
    1. 鰓弓の分化について、神経支配と関連づけて説明できる。
    2. 鰓嚢の分化について説明できる。
    3. 鼻中隔および口蓋の形成について説明できる。
    4. 口唇裂、口蓋裂の発生について説明できる。

  7. 神経と感覚器

    GIO:
     脳、脊髄、視覚器、平衡聴覚器の形成過程を理解する。

    SBOs:
    1. 神経管の分化について説明できる。
    2. 脳胞の形成と、各脳胞の運命について説明できる。
    3. 自律神経系の発生について説明できる。
    4. 眼球の起源とその後の発生について説明できる。
    5. 内耳、中耳、外耳の起源と、その後の発生について説明できる。

  8. 骨筋系

    GIO:
     四肢体幹の骨格と筋肉の形成過程を理解する。

    SBOs:
    1. 膜性骨化と軟骨内骨化について説明できる。
    2. 体節の形成とその後の分化について説明できる。
    3. 四肢の先天異常について例をあげて説明できる。

  9. トピックス

    GIO:
     いくつかの分野に関する最新の知見や研究の動向にふれることにより、研究への関心を高める。

    SBO:
    1. 疑問点や興味をひかれた点について、要領良く質問することができる。

大学院 | 学 部 | 市民講座 | その他