ホ ー ム 概  要 スタッフ 研  究 教  育 リ ン ク ギャラリー

第8回千葉大学環境生命医学 冬季セミナー
     平成17年 2月 5日 〜 6日
     南房総館山海岸 旅館 にい釜

 

<演題>

2 月 5 日(土)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・初日開会
 ・森先生のお言葉
 ・浅羽雅晴  特別講演 『深刻な世界の水問題と中国』
 ・福島民雄  Sulfasalazine投与によるラット精子および生殖組織における遺伝子発現への影響について
 ・高圭範  新生仔期Diethylstilbestrol投与により引き起こされる精子形成障害の解明に関する研究
 ・岩瀬裕美子  エストロゲン様化合物によるマウスライディヒTM3細胞のギャップ結合阻害作用の機序に関する検討
 ・中本真  母動物投与によるレチノイン酸の次世代への影響について(3)
 ・大道公秀  ホルムアルデヒド室内濃度からの個人曝露濃度の推定
 ・木島和恭  学位取得までの経緯〜森先生にご指導していただいた3年間〜
 ・初日閉会

2 月 6 日(日)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・二日目開会
 ・深田秀樹  次世代環境健康学プロジェクト:Environmental Health Science Project for Future Generations
 ・穴原玲子  精巣の形態変化と外因性エストロゲン作用の関係
 ・栗山元根  口蓋裂発現マウスにおけるDNAメチル化の網羅的解析(第3報)
 ・井上万里子  胎児期におけるPCB曝露に関する調査結果
 ・高島杏佳  餌中E活性により外来性E作用は影響を受けるか
 ・山崎康司  内分泌撹乱物質曝露による精巣上体への影響<第6報>―TypeTコラーゲン発現上昇と間質の相対的増加の関係―
 ・佐藤浩二  新生仔期ジエチルスチルベストロール投与による雄性生殖器のDNA メチル化への影響
 ・森先生のお言葉
 ・閉会