ホ ー ム 概  要 スタッフ 研  究 教  育 リ ン ク ギャラリー

第9回千葉大学環境生命医学 冬季セミナー
     平成17年 9月 10日 〜 11日
     千葉大学環境健康都市園芸フィールド科学教育研究センター シーズホール

 

<演題>

9 月 10 日(土)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・初日開会
 ・森先生の午前の部開会のご挨拶
 ・吉田実代  Bisphenol Aと17β-estradiolがマウス精巣の特殊接合装置に与える影響
 ・柳澤佑太  新生仔期diethylstilbestrol曝露によるマウス精巣上体のアクアポリンの発現への影響
 ・柴田陽奈  LCMを用いたSpermatogenic specific hexokinase(mHk1-s)の発現細胞と時期特定
 ・小川俊子  環境中の化学物質暴露状況に関する意識調査〜「ヒトのポリ塩化ビフェニール(PCB)暴露状況に関する調査」参加者を対象に
 ・上瀧紫乃
 
  母体への薬剤投与により誘発される胎児の心・血管異常に対するEndothelinの関わり
 
 ・森先生の午後の部開会のご挨拶
 ・力武哲哉  特別講演『廃棄物の話』
 ・大道公秀  解剖実習環境下におけるホルムアルデヒド曝露による生体への影響〜血液検査IgEの結果から〜
 ・岩瀬裕美子  エストロゲン様化合物によるマウスライディヒTM3細胞のギャップ結合阻害作用の機序に関する検討(第2報)
 ・中本真  母動物投与によるレチノイン酸の次世代への影響について(4)
 ・宮宗秀伸  千葉大学の保健医療職養成機関に対する解剖学教育法の試み
 ・中谷祐貴子  植物エストロゲンによる胎児曝露―ダイゼインの代謝産物であるイクオールの胎内濃度の性差について
 ・福島民雄  千葉大とPfizer:二足のわらじ生活
 ・松野義晴  台湾大学解剖学教室を訪ねて
 ・初日閉会

9 月 11 日(日)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・二日目開会
 ・大森直子  ポリ塩化ビフェニル類 (PCBs) がヒトの胎児循環に及ぼす影響
 ・佐藤浩二  ヒト臍帯静脈内皮細胞への有機臭素化合物暴露が遺伝子発現に及ぼす影響
 ・川城由紀子  ヒト臍帯を用いた化学物質曝露のリスク評価法の確立に向けて−ヒト臍帯における性別による遺伝子発現の違い−
 ・穴原玲子  化学物質の複合曝露による動物園ニホンザルの行動・生態異常アンケート調査(第一回報告)
 ・山崎康司  内分泌撹乱物質曝露による精巣上体への影響<第7報>―Diethylstilbestrolとestradiolの作用の比較検討―
 ・井上万里子  母体血total PCB濃度による胎児期有機塩素系化学物質高曝露群の同定
 ・高島杏佳  IF含有餌長期的曝露によるマウス仔への影響について(続報)
 ・栗山元根  マウス口蓋裂組織におけるエピジェネティックな変化−DNAのメチル化について−
 ・戸高恵美子  森先生に指導していただいた4年間
 ・森先生のお言葉
 ・閉会