千葉大学バイオメディカル研究センター
ホーム ご挨拶 メンバー 研究概要 研究支援 リンク お知らせ
ご挨拶

 千葉大学バイオメディカル研究センターは平成13年4月遺伝子実験施設として亥鼻キャンパスに設置されました。平成16年4月に医薬総合研究棟が竣工し、その8階、9階に研究室と動物飼育室が確保され名称もバイオメディカル研究センターと変更されました。当センターの使命として学内における遺伝子工学・胚工学関連の研究技術支援を行うことにあります。現代の生命科学研究において遺伝子機能の解析や疾患の病態解析あるいは新しい治療法の確立のためには遺伝子改変マウスはなくてはならないものになっています。そのためトランスジェニックマウスの作製、ノックアウトマウスの作製、受精卵の凍結保存および融解などを行い学内における研究支援体制を整えています。さらに平成21年には共同利用機器として小動物用CTスキャン、IVISイメージング装置などを整備し利用可能となっています(研究支援参照)。
 また、平成19年より大学院医学研究院の新しい研究領域として疾患生命医学領域が設立されました。センターで作製した疾患モデルマウスを用いた神経疾患・癌・免疫疾患等の解析を中心に研究を行いその成果を発信しています(研究概要参照)。現在このような研究あるいは発生工学技術に興味のある大学院生が研究室のメンバーとして参加し活発に研究を行っています。医薬系に限らず他学部・研究領域の方の参加も歓迎いたしますので興味ある方はご連絡ください。また学内のみならず他大学あるいは企業などとの遺伝子組み換えマウスを用いた共同研究も歓迎しますので今後ともよろしくお願いいたします。


大学院医学研究院疾患生命医学・バイオメディカル研究センター 幡野 雅彦


連絡先:

〒260-8670 千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学大学院医学研究院疾患生命医学

千葉大学バイオメディカル研究センター 

幡野 雅彦
hatanom*faculty.chiba-u.jp

(*はアットマーク)

Copyright(C) 千葉大学バイオメディカル研究センター 2005-2010 All rights reserved.