トピックス

ホーム > トピックス > 臨床研究「トルバプタン服用心不全患者におけるループ利尿薬用量と心不全病態の関連についての後方視的観察研究」のお知らせ

臨床研究「トルバプタン服用心不全患者におけるループ利尿薬用量と心不全病態の関連についての後方視的観察研究」のお知らせ

現在、循環器内科では、「トルバプタンを外来処方中の患者様における併用薬と心不全病態」に関する研究を行っています。今後の治療に役立てることを目的に、この研究では心不全の患者さんの診療情報などを利用させて頂きます。診療情報がこの研究でどのように使われているのか詳しく知りたい方は、下記の窓口にご連絡ください。

研究課題名

トルバプタン服用心不全患者におけるループ利尿薬量と心不全病態の関連についての後方視的観察研究

研究の意義・目的

トルバプタンという利尿薬を服用することで、他の利尿薬の量や心不全の状態がどのように変化するか調べます。本研究の結果は、今後の心不全治療の役に立つと思われます。

研究の方法

平成22年12月1日から平成27年6月30日の間の診療録に記載されている併用薬量と検査値の関連を調べる

個人情報の取り扱いについて

本研究で得られた個人情報は匿名化して管理し、外部に洩れることのないように厳重に管理します。研究成果の発表にあたっては、患者さんの氏名などは一切公表しないこととします。

研究に診療情報などを利用して欲しくない場合について

患者さんには、ご自身の診療情報が使用されることを拒否する権利があります。ご協力頂けない場合には、原則として結果の公開前であれば情報の削除などの対応をしますので、下記の窓口にご遠慮なくお申し出ください。

文部科学省・厚生労働省による「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づいて掲示を行っています。

研究実施機関:
千葉大学医学部附属病院 循環器内科
本件のお問合せ先:
医学部附属病院 循環器内科(大学院薬学研究院 分子心血管薬理学)
講師 高野 博之
TEL:043(226)2883 内線7733

BACK

PAGE TOP