ユニット講義(シラバス)2007年度

人口600万人を抱える千葉県下にあって医学部を併設する唯一の大学附属病院として,皮膚科に対する正しい知識をもった医師を育てるための教育は,私達に科せられた大切な使命の1つです。

ユニットの概要 (皮膚科)

皮膚は体外的・内的保護作用を営む最大の臓器である。従って内臓病変が皮膚に反映されることが多く,発疹・粘膜疹の観察が重要である。皮膚科専門医以外の臨床家にとって皮膚病変について患者から相談されることは意外と多い。このことから発疹の形態的変化を観察する能力とともに表現された皮膚変化から発疹の病態,病理変化を論理的に類推する能力を習得する。表皮,真皮,附属器の構造と機能を理解することが必須である。内・外的因子により表現される病的変化を理解する。このためには解剖学,病理学,生理学,細菌学,ウィルス学,免疫学,分子生物学的基礎知識を必要とする。観察して病因・病態を考える能力を養う。

皮膚科専門医マップ

教育

ユニット講義(シラバス)

CCアドバンス(ベッドサイド実習)

後期研修プログラム

日程

授業実施日
時限
場所
担当教員 授業内容
12月12日(水)
III
第三講義室
松江弘之 皮膚の構造と機能
12月14日(金)
I
第三講義室
松江弘之 皮膚症状,皮膚病理,検査
II
第三講義室
神戸直智 湿疹・皮膚炎,蕁麻疹,紅斑・紫斑
III
第三講義室
松江弘之 水疱症
12月17日(月)
II
第三講義室
鎌田憲明 内臓疾患と皮膚
III
第三講義室
島田眞路(山梨大) 膠原病
12月19日(水)
I
第三講義室
鎌田憲明 角化症,炎症性角化症
II
第三講義室
鎌田憲明 薬疹
III
第三講義室
高橋容子(真菌センター) 皮膚真菌症
12月21日(金)
I
第三講義室
松江弘之 上皮系腫瘍
II
第三講義室
松江弘之 間葉系腫瘍
III
第三講義室
森田明理(名市大) 紫外線と皮膚
12月26日(水)
I
第三講義室
神戸直智 細菌性疾患,ウイルス性疾患
II
第三講義室
神戸直智 皮膚アレルギー
1月7日(月)
V
第三講義室
松江弘之 皮膚免疫
1月21日(月)
I
組織実習室
  試験