ユニット講義(シラバス)2010年度

人口600万人を抱える千葉県下にあって医学部を併設する唯一の大学附属病院として,皮膚科に対する正しい知識をもった医師を育てるための教育は,私達に科せられた大切な使命の1つです。

ユニットの概要 (皮膚科)

ヒトの体を覆う皮膚は,体重の16%をも占める人体で最大の臓器である。水分の保持,体温の調整,微生物の侵入や物理的刺激からの保護など,生体が生命現象を維持するために内と外とを隔てるという重要な役割を担うとともに,感覚器として外界の情報を伝え,スキンシップという言葉に代表されるように人間の営みを支えている。

 皮膚の状態を適切に把握するためには,皮膚・粘膜を観察し,情報を読み取り,そこに起こっている変化を論理的に類推する能力が必要である。このためには,皮膚の構造と機能を理解するとともに,病理学,生理学,細菌学,免疫学そして分子生物学的な知識を総合して,皮膚を場として生じている変化の病因・病態を考える能力を養う必要がある。

一般目標

病因・病態を理解し,皮膚病変に対する医学的知識を習得する。

2010年度シラバス改訂のねらい

~ informative から impressive な授業を目指して ~

2008年より千葉大学医学の教育に導入されたoutcome-based educationのねらいの1つに,卒業時までに習得すべき成果(実践能力)として,「生涯学習により常に自己の向上を図る必要性と方法を理解する」という項目が挙げられています。医学は,日々,確実に進歩しています。それ故に,それを臨床の場で活用するためには,目の前の患者さんの問題を解決すべく,Up to dateな情報を入手し,それを臨床へと応用できることが期待されます。

 この姿勢を学生時代から継続して身につけて貰うために,医学教育研究室から,シラバス改訂についての指針が提示されました。生涯学習能力を習得させるためには,学生が自分で学習して知識を習得することを促す取り組みが必要であり,具体的には,
「授業では必須の部分のみを教え,全ては教えない」
「予め学習してこないと授業が分からない」
「授業ごと学生がどの程度理解しているかを評価する」
「更なる学習を促すために課題を与える」
というものでした。

 チュートリアルが予定されている授業科目では,総論的な知識を授業で与え,各論に関しては,チュートリアルを通じて自己学習で実践して貰うことが可能かもしれません。しかし,その機会が与えられない我々(皮膚科・形成外科ユニット)としては,今日の皮膚科学に関する知識を網羅的に紹介するためには,与えられた現在の授業時間は圧倒的に不足しています。

  •  そこで,この数年行ってきた網羅的に駆け足で知識を紹介するという戦術から,疾患を絞る反面,あつかう疾患については皮膚科としての面白さを感じて貰える様な授業へとシフトさせることで,生涯学習へと繋がる皮膚疾患への探求の足がかりを提供したいと思っています。一人でも多くの学生諸君が,今日の皮膚科学に興味をもち,自己研鑽に励んでベッドサイドへと臨んでくれることを期待しています。
  • 2010年9月15日改訂

    皮膚科専門医マップ

    教育

    ユニット講義(シラバス)

    CCアドバンス(ベッドサイド実習)

    後期研修プログラム

    日程

    日時 時限
    場所
    担当教官 授業内容 あたらしい皮膚科学
    11月24日(水)
    III
    第三講義室
    松江弘之 総論1: 皮膚の構造と機能 1章
    11月25日(木)
    III
    第三講義室
    神戸直智 各論1: アトピー性皮膚炎 6,7章
    11月26日(金)
    III
    第三講義室
    宇谷厚志(長崎大) 特論1: 細胞外マトリックス 15章
    11月29日(月)
    III
    第三講義室
    鎌田憲明 各論2: 角化症 9,10章
    12月1日(水)
    III
    第三講義室
    松江弘之 総論2: 症状・検査・病理組織 2,4,5章
    12月6日(月)
    III
    第三講義室
    島田眞路(山梨大) 特論2: 皮膚からみる膠原病 11,12章
    12月8日(水)
    III
    第三講義室
    松江弘之 各論3: 水疱を来す疾患 14章
    12月9日(木)
    II
    第三講義室
    岩澤真理 各論4: 真菌症 25章
    12月13日(月)
    II
    第三講義室
    鎌田憲明 各論5: 薬疹 19,20章
    12月14日(火)
    I
    第三講義室
    外川八英 各論6: ほくろとメラノーマ 20,21,22章
    12月14日(火)
    II
    第三講義室
    神戸直智 各論7: 感染症と皮膚 23,24,26,27,28章
    12月15日(水)
    II
    第三講義室
    松江弘之 各論8: 皮膚のリンパ腫 22章
    12月15日(水)
    III
    第三講義室
    松江弘之 特論3: 皮膚免疫学 3章
    12月16日(木)
    III
    第三講義室
    鎌田憲明 各論9: 全身と皮膚 17,18章
    12月17日(金)
    II
    第三講義室
    神戸直智 各論10: 蕁麻疹 8,29章
    1月11日(火)
    I
    組織実習室
    ユニット試験 全ての疾患(★★から8割)