臨床に携わる者として,日頃の診察の中で感じた疑問点や,患者さんの診察を通じて気付いたことを出発点とした研究を目指しています。 また,平成25年度から開始される博士課程教育リーディングプログラム「免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム」の一員として,千葉大学が得意とする「免疫・アレルギー」および「腫瘍」に関する研究を,私達の教室でもメインとして取り組んで行く予定です。

LGS_logo


研究紹介

(2017年1月)現在、改訂中です。

業績はこちら

皮膚科専門医マップ

JEMcover2009

Nakamura Y, Kambe N, Saito M, et al. (2009)

J Exp Med. 206:1037-46.

facebook

千葉大学皮膚科の今を発信しています。