2008年 業績

英文論文(原著)

Nagasaka A, Matsue H, Matsushima H, Aoki R, Nakamura Y, Kambe N, Kon S, Uede T, Shimada S. (2008)
Osteopontin is produced by mast cells and affects IgE-mediated degranulation and migration of mast cells.
Eur J Immunol. 38: 489-99.
PMID: 18200503

↑ 長阪晶子さん 学位論文(山梨大学)

Ma F*, Kambe N*, Wang D, Shinoda G, Fujino H, Umeda K, Fujisawa A, Ma L, Suemori H, Nakatsuji N, Miyachi Y, Torii R, Tsuji K, Heike T, Nakahata T. (2008)
Direct development of functionally mature tryptase/chymase double positive connective tissue-type mast cells from primate ES cells.
Stem Cells. 26: 706-14. *: equally contribution.
PMID: 17991916
Saito M, Nishikomori R, Kambe N, Fujisawa A, Tanizaki H, Takeichi K, Imagawa T, Iehara T, Takada H, Matsubayashi T, Tanaka H, Kawashima H, Kawakami K, Kagami S, Okafuji I, Yoshioka T, Adachi S, Heike T, Miyachi Y, Nakahata T. (2008)
Disease-associated CIAS1 mutations induce monocyte death, revealing low-level mosaicism in mutation-negative cryopyrin-associated periodic syndrome patients.
Blood. 111: 2132-41.
PMID: 18063752 

↑ 斎藤 潤くん 学位論文(京都大学)

Tanizaki H, Kambe N, Nakamura Y, Tanaka A, Matsuda H, Miyachi Y. (2008)
Oral administration of Bepotastine besilate suppressed scratching behavior of atopic dermatitis model NC/Nga mice.
Int Arch Allergy Immunol. 145: 277-82.
PMID: 18004068
Kawamura T, Koyanagi Y, Nakamura Y, Ogawa Y, Yamashita A, Iwamoto T, Ito M, Blauvelt A, Shimada S. (2008)
Significant virus replication in Langerhans cells following application of HIV to abraded skin: Relevance to occupational transmission of HIV.
J Immunol. 180: 3297-304.
PMID: 18292554
 

英文論文(症例報告)

Shimizu S, Nakamura Y, Togawa Y, Kamada N, Kambe N, Matsue H. (2008)
Erythema elevatum diutinum with primary Sjogren syndrome associated with IgA antineutrophil cytoplasmic antibody.
Br J Dermatol. 159: 733-5.
PMIDd: 18547305
Shimizu A, Kamada N, Kambe N, Matsue H. (2008)
Chemical burn caused by glycidyl methacrylate.
Contact Dermatitis. 59: 316-7.
PMID: 18976385
Fujii H, Kambe N, Fujisawa A, Kohno K, Morita E, Miyachi Y. (2008)
Food-dependent exercise-indece anaphylaxis induced by low dose aspirin therapy.
Allergology Int. 57: 97-8.
PMID: 18089939
Yagi Y, Tanioka M, Kambe N, Matsumura Y, Kore-Eda S, Utani A, Miyachi Y, Kato M. (2008)
Cryogloblinaemia type I: serum cryoprecipitate formation at 25 degrees C.
Clin Exp Dermatol. 33: 361-2.
PMID: 18201255
 

論文(症例報告)

岩澤真理,寄藤和彦(2008)
高齢者の感染症. 口腔咽頭粘膜の帯状疱疹-汎発疹,髄膜炎症状を合併した症例-
皮膚病診療. 30: 157-60.
及川真喜子,金親香子,岩澤真理,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
Insulin-induced lipohypertrophyの1例
皮膚臨床. 50: 621-4.
青木 類,中村悠美,原田和俊,川村龍吉,柴垣直孝,松江弘之,島田眞路(2008)
炎症性粉瘤との鑑別を要した皮膚腺病の1例
皮膚臨床. 50: 813-6.
玉城裕妃子,神戸直智,藤澤章弘,松村由美,是枝 哲,立花隆夫,宮地良樹(2008)
機械的刺激部位に悪性腫瘍が多発した疣贅状表皮発育異常症の1例
臨皮. 62: 241-4.
大野綾子,米山恭子,中村悠美,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
摂食障害患者にみられた壊死性遊走性紅斑の1例
臨皮. 62: 712-5.
末廣敬祐,鎌田憲明,小野泰伸,塚本利朗,神戸直智,花澤豊行,松江弘之(2008)
シネMRI検査により眼球摘出を選択した基底細胞癌の1例
臨皮. 62: 930-2.
中村悠美,川村龍吉,小川陽一,猪爪隆史,柴垣直孝,松江弘之,金子明博,島田眞路(2008)
シスプラチンおよび塩酸ドキソルビシンによる化学療法が奏功した眼瞼部basosquamous cell carcinomaの1例
Skin Cancer. 23: 17-21.
 

論文(総説)

松江弘之(2008)
皮膚科セミナリウム「皮膚と免疫」皮膚の免疫学 皮膚樹状細胞.
日皮会誌. 118: 1677-82.
松江弘之,神戸直智(2008)
21世紀を迎えて皮膚科研究は何が起こっているか? 診療現場への貢献 (ii) 炎症・免疫をめぐる新しい概念.
Visual Dermatol. 7: 208-9.
神戸直智,中村悠美(2008)
寒冷蕁麻疹から考える微生物認識とアレルギーの分子機構.
Topics in Atopy. 6 (4): 36-42.
神戸直智,中村悠美(2008)
細胞内パターン認識受容体NLR.
皮膚アレルギーフロンティア. 6: 50-52.
小俣 渡,神戸直智(2008)
蕁麻疹治療におけるH2受容体拮抗薬とロイコトリエン拮抗薬併用療法.
皮膚アレルギーフロンティア. 6: 130-2.
神戸直智(2008)
皮膚病変から学ぶアレルギーの鑑別 頸部・背部に散在する褐色小結節.
皮膚アレルギーフロンティア. 6: 211-3.
西小森隆太,神戸直智,斎藤 潤,藤澤章弘(2008)
Autoinflammatory syndromes CINCA症候群の分子病態 -CIAS1変異陰性CINCA症候群におけるCIAS1モザイシズム.
炎症と免疫. 16: 164-70.
 

国際学会

Kambe N, Nakamura Y, Okafuji I, Nishikomori R, Kanazawa N, Matsue H. (2008)
A case of early-onset sarcoidosis who showed spontaneous regression of his clinical manifestations but inherited skin eruption to his baby: What should we call this systemic inflammatory granulomatosis associated with NOD2 mutation?
(V International Congress on Familial Mediterranean Fever and Systemic Autoinflammatory Diseases, April 4-8, Rome, Italy)
Shimizu A, Kambe N, Togowa Y, Kamada N, Ohki K, Tomiita M, Matsue H. (2008)
A case of idiopathic thrombocytopenic purpura suggesting an initial manifestation of systemic lupus erythematosus.
(2nd International Conference on Cutaneous Lupus Erythematosus, May 11-13, Kyoto Japan)
Nakamura Y, Kambe N, Matsue H. (2008)
Cryopyrin-associated IL-1 beta secretion in mast cells and a role played by mast cells in autoinflammatory disorders.
(International Investigative Dermatology 2008, May 14-17, Kyoto, Japan)

↑ 口頭発表演題

Kambe N, Ma F, Nakahata T. (2008)
Direct development of primate connective tissue-type mast cells from immature state of CD34+ hemangioblastic progenitors, independently from the development pathway of mucosal-type mast cells.
(International Investigative Dermatology 2008, May 14-17, Kyoto, Japan)
Ono Y, Nakamura Y, Kambe N, Kamada N, Matuse H. (2008)
A case of psoriasis-like eczematous drug eruption due to etanercept.
(The 10th China-Japan Joint Meeting of Dermatology, October 31-November 2, Hangzhou, China)
 

学会報告(臨床)

小俣 渡,中村悠美,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
2007年に当施設で経験した内蔵原発転移性皮膚癌9例のまとめ
(日本皮膚科学会第817回東京地方会,1月19日,東京)
清水聖子,清水彩子,大久保倫代,中村悠美,外川八英,米山恭子,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
成人麻疹の3例
(日本皮膚科学会第817回東京地方会,1月19日,東京)
小野泰伸,外川八英,神戸直智,鎌田憲明,松江弘之(2008)
Localized involutional lipoatorophyの2例
(日本皮膚科学会第817回東京地方会,1月19日,東京)
及川真喜子,小野泰伸,末廣啓祐,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
脂肪小葉に稠密な単核球浸潤を認めた深在性エリテマトーデスの1例
(第31回皮膚脈管膠原病研究会,1月25-26日,前橋)
清水彩子,神戸直智,中村悠美,高橋真理,米山恭子,鎌田憲明,堺田恵美子,谷澤 徹,米山 啓,松江弘之(2008)
皮膚症状から骨髄異形成症候群の診断に至った1例
(第71回日本皮膚科学会東京支部総会,2月9-10日,東京)
及川真喜子,米山恭子,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
片側性にsymmetrical lividities of the solesを認めた1例
(第71回日本皮膚科学会東京支部総会,2月9-10日,東京)
大野綾子,高橋真理,中村悠美,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
著明な全身の浮腫が皮膚症状に先行した皮膚筋炎の1例
(第107回日本皮膚科学会総会,4月18-20日,京都)
及川真喜子,中村悠美,末廣敬祐,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之,冨板美奈子,鶴岡智子,河野陽一(2008)
溶連菌感染に伴う若年発症皮膚型結節性多発動脈炎の1例
(第107回日本皮膚科学会総会,4月18-20日,京都)
小野泰伸,米山恭子,大久保倫代,中村悠美,神戸直智,鎌田憲明,松江弘之,大山文吾,橋本 隆(2008)
抗Dsg3抗体陽性IgA天疱瘡の1例
(第107回日本皮膚科学会総会,4月18-20日,京都)
佐藤貴史,岩澤真理,外川八英,神戸直智,松江弘之(2008)
C型肝炎に対するIFN-α治療により改善を認めた扁平苔癬の1例
(第60回日本皮膚科学会群馬地方会,6月12日,前橋)
大津玉緒,大野綾子,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
Cushing病患者に生じた色素性痒疹の1例
(日本皮膚科学会第818回東京地方会,6月21日,東京)
清水彩子,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
両耳後部に巨大腫瘤を呈した木村病の1例
(日本皮膚科学会第818回東京地方会,6月21日,東京)
外川八英,及川真喜子,末廣啓祐,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
片側下肢全体および手掌にみられた列序性母斑の1例
(第32回日本小児皮膚科学会,6月28-29日,東京)
小野泰伸,鎌田憲明,岩澤真理,米山 啓,米山恭子,中村悠美,末廣啓祐,神戸直智,松江弘之,谷澤 徹,中村栄男(2008)
掌蹠膿疱症類似の臨床像を呈した菌状息肉症の1例
(第24回日本皮膚悪性腫瘍学会,7月4-5日,岐阜)
小俣 渡,末廣啓祐,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
直腸近傍に皮下転移を認めた外陰部乳房外Paget病の1例
(第24回日本皮膚悪性腫瘍学会,7月4-5日,岐阜)
大野綾子,末廣啓祐,米山恭子,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,木村鉄宣,松江弘之(2008)
自然消退を伴った悪性黒色腫の1例
(日本皮膚科学会第819回東京地方会,7月12日,東京)
佐藤貴史,末廣啓祐,塚本利朗,岩澤真理,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之,稲福和宏(2008)
Extra mammary Paget disease(EMPD)に対して過去2年間に当施設で行ったsentinel node biopsy(SNB)のまとめ
(第23回日本皮膚外科学会総会,8月9-10日,京都)
大津玉緒,小俣 渡,末廣敬祐,岩澤真理,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
妊娠中に増大隆起し悪性黒色腫との鑑別を要した皮膚嚢腫を合併した母斑細胞母斑の1例
(日本皮膚科学会第820回東京地方会,9月20日,東京)
小俣 渡,中村悠美,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
Transient acantholytic dermatosisの1例
(日本皮膚科学会第820回東京地方会,9月20日,東京)
佐藤貴史,中村悠美,神戸直智,松江弘之(2008)
自然寛解した父親の病因遺伝子変異を引き継ぎ皮疹を発症した若年発症サルコイドーシスの1例
(第72回日本皮膚科学会東部支部学術大会,9月20-21日,秋田)

↑ Best Scientific Poster賞受賞

中村悠美,神戸直智,青地聖子,中西 元,川瀬正昭,岩月啓氏,松江弘之(2008)
HPV8およびHPB24の混合感染を認めたepidermodysplasia verruciformisの1例
(第60回日本皮膚科学会西部支部学術大会,10月18-19日,博多)
大野綾子,神戸直智,中村悠美,岩澤真理,鎌田憲明,石井 香,秀 道広,松江弘之(2008)
皮疹出現時の自己血清を用いた皮内反応で膨疹が誘発されたメルカゾールによる蕁麻疹型薬疹の1例
(第38回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会,11月7-9日,大阪)

↑ ポスター賞受賞

大田玲奈,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
口唇に多発したintravascular papillary endothelial hyperplasiaの1例
(日本皮膚科学会第821回東京地方会,11月15日,東京)
及川真喜子,宮川健彦,永山博敏,鈴木良夫,中村悠美(2008)
リンパ節転移を来した多発性基底細胞癌の1例
(日本皮膚科学会第821回東京地方会,11月15日,東京)
清水彩子,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2008)
片側性色素失調症の1例
(日本皮膚科学会第821回東京地方会,11月15日,東京)
中村悠美,神戸直智,松江弘之(2008)
中年以降に脂漏性角化症様の外観を呈した表皮母斑の1例
(日本皮膚科学会山形地方会第344回例会,12月7日,山形)
 

学会報告(研究)

中村悠美,神戸直智,松江弘之(2008)
肥満細胞に発現するNLRP3インフラマソームを介した IL-1βの産生は生体内で好中球主体の炎症と血管透過性の亢進を誘導する
(第15回分子皮膚科学フォーラム,11月14 -15日,京都)
佐藤貴史,中村悠美,神戸直智,松江弘之(2008)
NLRP3の活性化によって誘導されるpyronecrosisの分子学的機序
(第15回分子皮膚科学フォーラム,11月14 -15日,京都)
中村悠美,神戸直智,松江弘之(2008)
自己炎症性疾患において肥満細はNLRP3 inflammasomeを介して好中球遊走と血管透過性を制御する
(第38回日本免疫学会総会,12月1 -3日,京都)

↑ 口頭発表演題

 

学会報告(シンポジウム,その他)

松江弘之(2008)
21世紀を迎えて皮膚科研究は何が起こっているか 免疫をめぐる最近の新しい概念
(第71回日本皮膚科学会東京支部総会,2月9-10日,東京)
神戸直智(2008)
肥満細胞と皮膚疾患
(第60回日本皮膚科学会群馬地方会,6月12日,前橋)
神戸直智(2008)
医師として患者として,スキンケアに期待すること
(日本皮膚科学会青森地方会第343回例会,9月28日,青森)
神戸直智(2008)
患者の疑問に答える蕁麻疹診療 ベンチから疑問に答える
(第38回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会,11月7-9日,大阪)
神戸直智(2008)
アレルギー疾患とStructure Cells 皮膚における肥満細胞とアレルギー
(第58回日本アレルギー学会秋季学術大会,11月27-29日,東京)
神戸直智(2008)
遺伝子からみる蕁麻疹
(日本皮膚科学会山形地方会第344回例会,12月7日,山形)

皮膚科専門医マップ

Contact Dermatitis

Shimizu A, Kamada N, Kambe N, Matsue H. (2008). Contact Dermatitis. 59: 316-7.

脈管膠原病

第31回皮膚脈管膠原病研究会,1月25-26日,前橋

Rome

V International Congress on Familial Mediterranean Fever and Systemic Autoinflammatory Diseases, April 4-8, Rome, Italy

東部支部

第72回日本皮膚科学会東部支部学術大会,9月20-21日,秋田

ミシガン大学,Gabriel Nunezの研究室にて

大きな木

今では,一車線を完全に塞いでしまったこの医学部の裏手に生えるこの大木も,最初は小さな苗木であったはずです。しかし,この大木が切られずに残されているいるところが,ちょっと千葉っぽいですよね。