2009年 業績

英文論文(原著)

Nakamura Y, Kambe N, Saito M, Nishikomori R, Kim YG, Murakami M, Nunez G, Matsue H. (2009)
Mast cells mediate neutrophil recruitment and vascular leakage through the NLRP3 inflammasome in histamine-independent urticaria.
J Exp Med. 206:1037-46.
PMID: 19364881

↑ 中村悠美さん 学位論文(千葉大学)
↑ Mast cells master a rash のタイトルで,In This Issue として紹介。また,表紙のモチーフに採用して頂きました。
↑ J Allergy Clin ImmunolのNews beyond our pages (July 2009) にて紹介
↑ Annual Best Reseach Award を受賞しました(千葉大学G-COE)。
↑ 第11回(2010年)ガルデルマ賞 を受賞しました。

Okafuji I, Nishikomori R, Kanazawa N, Kambe N, Fujisawa A, Yamazaki S, Saito M, Yoshioka T, Kawai T, Sakai H, Tanizaki H, Heike T, Miyachi Y, Nakahata T. (2009)
Role of the NOD2 genotype in the clinical phenotype of Blau syndrome and early-onset sarcoidosis.
Arthritis Rheum. 60: 242-250.
PMID: 19116920

↑ 岡藤郁夫くん 学位論文(京都大学)

 

英文論文(症例報告)

Nakano H*, Nakamura Y*, Kawamura T, Shibagaki N, Matsue H, Aizu T, Rokunohe D, Akasaka E, Kimura K, Nishizawa A, Umegaki N, Mitsuhashi Y, Shimada S, Sawamura D. (2009)
Novel and recurrent nonsense mutation of the SLC39A4 gene in Japanese patients with acrodermatitis enteropathica.
Br J Dermatol. 161: 184-6. *: equally contribution
PMID: 19416256 
Nakamura Y, Kambe N, Deguchi N, Kawamura T, Shibagaki N, Matsue H, Shimada S. (2009)
Agminated acquired melanocytic naevus modified by vitiligo vulgaris arising in the elderly.
Clin Exp Dermatol. 34:e377-8
PMID: 19486045
Iwasawa M, Yorifuji K, Sano A, Takahashi Y, Nishimura K. (2009)
A case of kerion celsi caused by Microsporum gypseum (Arthroderma gypseum) in a child.
Jpn J Med Mycol. 50:155-60.
Mitsui H, Shibagaki N, Kawamura T, Matsue H, Shimada S. (2009)
A clinical study of Henoch-Sch?nlein Purpura associated with malignancy.
J Eur Acad Dermatol Venereol23:394-401.
PMID: 19207675
 

英文論文(総説,その他)

Matsue H, Kambe N, Shimada S. (2009)
Murine fetal skin-derived cultured mast cells: A useful tool for discovering functions of skin mast cells.
J Invest Dermatol. 129:1120-5. Review
PMID: 19242510
 

論文(症例報告)

竹内藍子,出口順啓,岩本 拓,川村龍吉,柴垣直孝,松江弘之,島田眞路,大竹直人 (2009)
臀部に巨大な腫瘤を呈した脊索腫の1例 クロストリジウム性ガス壊疽の合併
日皮会誌 119: 1065-8.
岩澤真理, 寄藤和彦, 戸井田敏彦 (2009)
コンドロイチン硫酸・鉄コロイド注射液(ブルタール)による薬疹の4例
日皮会誌 119: 2165-71.
大野綾子,中村悠美,神戸直智,岩澤真理,鎌田憲明,松江弘之 (2009)
著明な全身浮腫を伴った皮膚筋炎の1例
皮膚臨床 51: 613-7.
中野倫代,稲福和宏,畦元亮作,新村兼康 (2009)
環状紅斑を契機に巨大肝細胞癌が発見された1例
西日本皮膚 71: 388-91.
中野倫代,稲福和宏 (2009)
著明な血管炎を認めた日本紅斑熱の1例
西日本皮膚 71: 575-9.
大田玲奈,米山恭子,米山 啓,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
基底細胞母斑症候群の母子例.
皮膚病診療. 31: 325-8.
 

論文(総説)

松江弘之(2009)
医学の窓 各科の話題 皮膚科 にきび治療の新しい選択肢 アダパレン外用剤.
千葉県医会誌.61: 20-1.
神戸直智(2009)
5分で分かるキーワード 自己炎症性疾患.
臨床研修プラクティス. 6(3): 104-5.
神戸直智,中村悠美,松江弘之(2009)
研究紹介 クライオピリン関連周期熱症候群の病態解析
千葉医学雑誌. 85: 139-40.
神戸直智(2009)
皮膚科領域において自己炎症疾患が意味するもの.
Topics in Atopy. 8(3): 28-32.
神戸直智,中村悠美(2009)
話題の疾患と治療 Inflammasomeを介したマスト細胞の活性化とヒスタミン非依存性蕁麻疹
感染炎症免疫. 39: 367-9.
 

国際学会

Iwasawa M, Miyakawa T, Takahashi Y, Inafuku K, Matsue H, Nishimura K. (2009)
Chromoblastomycosis and subcutaneous phaeohyphomycosis caused by Exophiala bergeri and E. xenobiotica in immunocompromised patients
(International Society for Human and Animal Mycology 2009, May 25-29, Tokyo, Japan)
Kanazawa N, Nishiyama M, Li H-J, Okafuji I, Kambe N, Furukawa F. (2009)
Long-term ICAM-1 expression on PMA-activated THP-1 cells harboring disease-associated NOD2 mutations.
(The 9th World Congress on Inflammation, July 6-10, Tokyo, Japan)
Satoh T, Kambe N, Nakamura Y, Kanazawa N, Matsue H. (2009)
The clinical difference in early-onset sarcoidosis between father and his baby with same NOD2 mutation.
(The 4th Joint Meeting of Japanese Dermatological Association and Australasian College of Dermatologists, July 10-12, Sapporo, Japan)
 

学会報告(臨床)

清水彩子,米山恭子,佐藤貴史,小野泰伸,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之,小林まさ子(2009)
増殖性膿皮症の1例
(日本皮膚科学会第823回東京地方会,1月17日,東京)
大田玲奈,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之,伊崎誠一(2009)
小児期に発症した全身性強皮症の1例
(第72回日本皮膚科学会東京支部総会,2月21-22日,東京)
佐藤貴史,中村悠美,米山恭子,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
切除創周囲に衛生病巣が多発性に再発した血管拡張性肉芽腫の1例
(第72回日本皮膚科学会東京支部総会,2月21-22日,東京)
小俣 渡,中村悠美,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
当科におけるSADBE外用による円形脱毛症の治療経験
(第53回日本皮膚科学会沖縄地方会,3月14日,那覇)
平松有希子,池田 啓,横田雅也,高橋健太郎,須藤 明,加々美新一郎,廣瀬晃一,渡邊紀彦,佐藤貴史,神戸直智,松江弘之,中島裕史(2009)
エタネルセプト投与中に全身に多発する膿疱疹を来した関節リウマチの1例
(第53回日本リウマチ学会総会・学術大会,4月23-26日,東京)
大田玲奈,岩澤真理,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
潰瘍性大腸炎患者の上肢に生じたMycobacterium chelonaeのよる皮膚非結核性抗酸菌症の1例
(第108回日本皮膚科学会総会,4月24-26日,福岡)
高橋健造,金澤伸雄,出射敏宏,神戸直智,中村元信,宮地良樹,鈴鴨よしみ,福原俊一(2009)
京都大学附属病院における皮膚疾患患者の総括的QOL調査
(第108回日本皮膚科学会総会,4月24-26日,福岡)
小俣 渡,佐藤貴史,末廣敬祐,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
基底細胞母斑症候群(Basal cell nevus syndrome, BCNS)の患者に生じたBasosquamous cell carcinoma(BSCC)
(第25回皮膚悪性腫瘍学会学術大会,5月22-23日,岡山)
小俣 渡,末廣敬祐,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
再発を繰り返した破壊型基底細胞癌の1例
(第24回日本皮膚外科学会総会・学術集会,6月20-21日,犬山)
木村亜矢子,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
局面型皮膚サルコイドーシスに伝染性軟属腫を多発した1例
(日本皮膚科学会第824回東京地方会,6月20日,東京)
西田奈緒美,外川八英,中村悠美,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之,大出貴士(2009)
小児の四肢に多発し,環状肉芽腫を疑った小結節
(第33回日本小児皮膚科学会,7月4-5日,千葉)
外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之,藤井克則(2009)
Linear and whorled nevoid hypermelanosisの1例
(第33回日本小児皮膚科学会,7月4-5日,千葉)
冨板美奈子,神戸直智,有馬孝恭,森田慶紀,及川真喜子,中村悠美,中野泰至,下条直樹,松江弘之,河野陽一(2009)
低用量メトトレキサートパルス療法を導入した若年発症皮膚型結節性多発動脈炎の1例
(第33回日本小児皮膚科学会,7月4-5日,千葉)
佐藤貴史,木村亜矢子,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
術後13年目に前胸部のうっ滞性皮膚炎を契機に診断された口唇癌縦隔転移の1例
(日本皮膚科学会第825回東京地方会,7月25日,東京)
佐藤貴史,小野泰伸,小俣 渡,岩澤真理,末廣敬祐,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之,山本正二,高橋葉子(2009)
AI(Autopsy Imaging)を行った悪性黒色腫の1例
(第73回日本皮膚科学会東部支部学術大会,9月26-27日,甲府)
小俣 渡,末廣敬祐,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
再発を繰り返した破壊型基底細胞癌の1例
(第73回日本皮膚科学会東部支部学術大会,9月26-27日,甲府)
大津玉緒,岩澤真理,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之,稲福和宏(2009)
好酸球増多筋痛症候群の1例
(第73回日本皮膚科学会東部支部学術大会,9月26-27日,甲府)
中野倫代,若林正一郎,末廣敬祐,外川八英,鎌田憲明,神戸直智,松江弘之(2009)
水疱様外観を呈した石灰化上皮腫の1例
(日本皮膚科学会第828回東京地方会,12月19日,東京)
 

学会報告(研究)

神戸直智(2009)
NLRP3-inflammasomeを介したIL-1β産生とヒスタミン非依存性蕁麻疹
(第18回東京免疫フォーラム,3月12日,東京)
神戸直智,西小森隆太,中村悠美,斎藤 潤(2009)
炎症性免疫疾患とサイトカイン クライオピリン関連周期性症候群に対する抗IL-1療法の有用性
(第74回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会,6月26-27日,京都)
Satoh T, Kambe N, Nakamura Y, Kabashima K, Suto A, Nakajima H. (2009)
Mast cells in CAPS evoke skin rash by promoting Th17 differentiation through inflammasome activation
(第39回日本免疫学会総会,12月2-4日,大阪)

↑ 口頭発表演題

Kambe N, Nakamura Y, Matsue H. (2009)
Endogenous danger signal ATP activates the NLRP3-inflammasome in mast cells depending on K+ efflux through P2RX7
(日本研究皮膚科学会第34回年次学術大会,12月4-6日,博多)

↑ プレナリー演題

Satoh T, Kambe N, Nakamura Y, Kabashima K, Matsue H. (2009)
Th17 mediates urticarial rash in CAPS induced by inflammasome activation
(日本研究皮膚科学会第34回年次学術大会,12月4-6日,博多)

↑ 口頭発表演題

Nishiyama M, Li HJ, Okafuji I, Kambe N, Nakamura Y, Furukawa F, Kanazawa N. (2009)
Long-term ICAM-1 expression on PMA-activated THP-1 cells harboring early-onset systemic granulomatous diseases-associated NOD2 mutation
(日本研究皮膚科学会第34回年次学術大会,12月4-6日,博多)

↑ 口頭発表演題

 

学会報告(シンポジウム,その他)

神戸直智(2009)
小児皮膚疾患の上手な医師へのかかり方 アトピー性皮膚炎 スキンケア
(第33回日本小児皮膚科学会 市民公開講座,7月5日,千葉)
岩澤真理(2009)
小児皮膚疾患の上手な医師へのかかり方 感染症(皮膚の細菌・真菌感染など)
(第33回日本小児皮膚科学会 市民公開講座,7月5日,千葉)
神戸直智(2009)
CAPSでみられるヒスタミン非依存性蕁麻疹
(第2回自己炎症疾患研究会,7月10日,東京)
神戸直智(2009)
シンポジウム「皮膚と免疫」 蕁麻疹から考える肥満細胞の役割 Mast cells master a rash
(第73回日本皮膚科学会東部支部学術大会,9月26-27日,甲府)
神戸直智(2009)
イブニングセミナー「進化するドライスキン治療」 臨床からのアプローチ -アトピー性皮膚炎診療ガイドラインおよびEBMデータ集を踏まえて-
(第61回日本皮膚科学会西部支部学術大会,10月24-25日,大分)
神戸直智(2009)
シンポジウム「自然免疫と炎症・アレルギー」 インフラマソームを介したIL-1β産生と蕁麻疹
(第39回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会,11月6-8日,京都)
 

小児皮膚科学会