2015年 業績

英文論文   邦文論文    単行本   国際学会   国内学会   

英文論文(原著)

Nakagawa K, Gonzalez-Roca E, Souto A, Kawai T, Umebayashi H, Campistol JM, Cañellas J, Takei S, Kobayashi N, Callejas-Rubio JL, Ortego-Centeno N, Ruiz-Ortiz E, Rius F, Anton J, Iglesias E, Jimenez-Treviño S, Vargas C, Fernandez-Martin J, Calvo I, Hernández-Rodríguez J, Mendez M, Dordal MT, Basagaña M, Bujan S, Yashiro M, Kubota T, Koike R, Akuta N, Shimoyama K, Iwata N, Saito MK, Ohara O, Kambe N, Yasumi T, Izawa K, Kawai T, Heike T, Yagüe J, Nishikomori R, Aróstegui JI. (2015)
Somatic NLRP3 mosaicism in Muckle-Wells syndrome. A genetic mechanism shared by different phenotypes of cryopyrin-associated periodic syndromes.
Ann Rheum Dis. 74: 603-10.
PMID: 24326009
Cheung GY, Yeh AJ, Kretschmer D, Duong AC, Tuffuor K, Fu CL, Joo HS, Diep BA, Li M, Nakamura Y, Nunez G, Peschel A, Otto M. (2015)
Functional characteristics of the Staphylococcus aureus δ-toxin allelic variant G10S
Sci Rep. 10: 18023.
PMID: 26658455

英文論文(症例報告)

Yamamoto T, Inoue Y, Tomiita M, Oikawa M, Kambe N, Arima T, Shimojo N, Kohno Y. (2015)
Successful treatment of Group A β-hemolytic Streptococcus infection-associated juvenile cutaneous polyarteritis nodosa with tonsillectomy
Mod Rheumatol. 25: 967-9.
PMID: 24252000
Yoshioka M, Kambe N, Yamamoto Y, Suehiro K, Matsue H. (2015)
Case of respiratory discomfort due to myositis after administration of nivolumab
J Dermatol. 42: 1008-9.
PMID: 26104017

英文論文(総説,その他)

論文(症例報告)

若林正一郎,外川八英,神戸直智,松江弘之,神戸美千代,太田 聡(2015)
メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患
皮膚病診療. 37: 179-82.
根岸 麻有子, 東山 礼一, 神戸 直智, 松江 弘之,村山 圭,市本 景子(2015)
セレン欠乏による爪の白色変化の1例
皮膚科の臨床57: 276-279.

論文(総説,その他)

若林正一郎,神戸直智(2015)
特集「mast cellが関与する皮膚疾患 皮膚科医にとってのmust」肥満細胞の機能と役割
Visual Dermatology.14(1): 14-9.
中川誠太郎,松岡悠美(2015)
特集「mast cellが関与する皮膚疾患 皮膚科医にとってのmust」肥満細胞と感染症の最近の知見
Visual Dermatology.14(1): 20-5.
江原瑞枝,神戸直智(2015)
特集「蕁麻疹最新ガイド」自己炎症症候群にみられる蕁麻疹様皮疹
MBデルマ. 227: 62-7.
松岡悠美 (2015)
特集Ⅱ 慢性炎症と疾患「黄色ブドウ球菌とアトピー性皮膚炎」
臨床免疫・アレルギー科. 63(6): 547-550. 科学評論社
片山有紀、松岡悠美(2015)
「特集/アレルギー疾患の疫学」に寄せる「黄色ブドウ球菌とアトピー性皮膚炎」
アレルギーの臨床. 35(11): 1056-1060. 北隆館
山本 洋輔, 若林 正一郎, 神戸 直智(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 皮膚科領域の体表エコー
Visual Dermatology 14: 518-21.
吉岡 未里, 末廣 敬祐(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 非炎症性粉瘤
Visual Dermatology 14: 522-4.
吉岡 未里, 高田 紗奈美(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 炎症性粉瘤
Visual Dermatology 14: 526-8.
若林 祐次郎, 山本 洋輔(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 石灰化上皮腫
Visual Dermatology 14: 529-31.
中川 誠太郎(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 神経鞘腫
Visual Dermatology 14: 532-4.
若林 正一郎(2015)
皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 被角血管腫
Visual Dermatology 14: 536-7.
若林 正一郎(2015)
皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 毛細血管拡張性肉芽腫
Visual Dermatology 14: 538-9.
若林 正一郎, 高田 紗奈美(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 皮膚リンパ球腫
Visual Dermatology 14: 540-1.
若林 正一郎(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 皮膚線維腫
Visual Dermatology 14: 542-3.
山本 洋輔(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 毛巣洞
Visual Dermatology 14: 544-5.
山本 洋輔(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 脂肪腫
Visual Dermatology 14: 546-7.
若林 祐次郎, 末廣 敬祐(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 基底細胞癌
Visual Dermatology 14: 548-50.
若林 正一郎(2015)
皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 ケラトアカントーマ
Visual Dermatology 14: 552-3.
山本 洋輔(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 有棘細胞癌
Visual Dermatology 14: 554-6.
山本 洋輔(2015)
皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 悪性黒色腫(腫瘤形成を認めない症例)
Visual Dermatology 14: 558-9.
山本 洋輔(2015)
皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 悪性黒色腫(腫瘤を伴う症例)
Visual Dermatology 14: 560-1.
末廣 敬祐(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 悪性黒色腫術後創部に生じた腫瘤に対して,エコーで転移巣と肥厚性瘢痕の鑑別を行った症例
Visual Dermatology 14: 562-4.
中川 誠太郎(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 強皮症
Visual Dermatology 14: 570-2.
松江 弘之(2015)
【皮膚科領域の体表エコー-第四の眼として使いこなそう】 さいごに 日常診療に欠かせない体表エコー 千葉大学の医療の特色から
Visual Dermatology 14: 600-1.
外川八英(2015)
新・皮膚科セミナリウム 基底細胞癌の基本的ダーモスコピー所見
日皮会誌. 125: 1895-1901.
外川八英(2015)
ダーモスコピーの見方 -疾患毎の代表的所見と診断上の留意点について
PEPARS 100: 53-63.
外川八英(2015)
隆起性病変を呈する疾患 母斑,メラノーマ
Derma 237: 47-56.
松江弘之(2015)
皮心伝心 メラノーマ治療の新しい展開について考えること
皮膚病診療 37(4): 403.

単行本(分担)

神戸直智(2015)
I.湿疹,皮膚炎 8.慢性単純性苔癬
皮膚疾患最新の治療2015-2016
(渡辺晋一,古川福実 編集),p41. 東京, 南江堂
松江弘之(2015)
X.肉芽腫 1.サルコイドーシス
皮膚疾患最新の治療2015-2016
(渡辺晋一,古川福実 編集),p109-10. 東京,南江堂
江原瑞枝,神戸直智(2015)
3.蕁麻疹・食物アレルギー 4.自己炎症症候群
幼小児によくみられる皮膚疾患アトラス 鑑別と治療のポイント
(横関博雄,片山一朗 編),p94-7. 大阪,医薬ジャーナル

国際学会

Togawa Y, Kambe N, Nakagawa S, Suehiro K, Yamamoto Y, Wakabayashi S, Nakano M, Kamada N, Matsue H. (2015)
Lobulated structure suggests chronological change of pyogenic granuloma.
(The 4th World Congress of Dermoscopy Apr. 16-8, Vienna, Austria)
Togawa Y. (2015)
SY46: Dermoscopy of poroma
(The 23h World Congress of Dermatology July. 8-13, Vancouver, Canada)
Matsue H. (2015)
WS10: The mast cell (and its role) in mastocytosis.
Kambe N. (2015)
SY61: Autoinflammation - a pathophysiological appraisal.
(The 23h World Congress of Dermatology July. 8-13, Vancouver, Canada)
Wakabayashi S. (2015)
SY61: Granulomatous autoinflammatory disorders.
(The 23h World Congress of Dermatology July. 8-13, Vancouver, Canada)
Iwasawa MT, Nakamura Y, Wakabayashi S. Saijo S and Matsue H. (2015)
IL-17 produced by group 3 innate lymphoid cells (ILC3) and γδ T cells is pivotal for host defense against epicutaneous candidiasis via neutrophil activation.
(45th Annunal ESDR meeting, Sep 9-12, Rotterdam, The Netherlands)
Nakamura Y, Inoue Y, Katayama Y, Nunez G, Shimojo N, Matue H. (2015)
Expression ability of RNAⅢ gene encoding δ-toxin in Staphylococcus aureus isolated from infant skin is associated with atopic dermatitis.
(45th Annunal ESDR meeting, Sep 9-12, Rotterdam, The Netherlands)
Nakagawa S, Nakamura Y, Katayama Y, Nunez G, Matsue H. (2015)
Keratinocytes play an essential role on epicutaneous Staphylococcus aureus infection through MyD88.
(45th Annunal ESDR meeting, Sep 9-12, Rotterdam, The Netherlands)

学会報告(臨床)

吉岡未里,山本洋輔,末廣敬祐,神戸直智,松江弘之(2015)
ニボルマブ投与により呼吸苦と筋力低下が生じた悪性黒色腫多発 in-tansit 転移の1例
(日本皮膚科学会第859回東京地方会, 1月17日, 東京)
外川八英,坂井浩志(NTT西日本),山本洋輔,末廣敬祐,神戸直智,松江弘之,田中勝(女子医大東医療)(2015)
ImageJによる足底メラノサイト病変のバーチャルななめダーモスコピー
(第42回皮膚かたち研究学会学術大会, 6月14日, 東京都)
山本 洋輔, 神戸 直智, 松江 弘之(2015)
ケラトアカントーマに対する体表エコーによる評価
(第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会,7月3-4日,大阪市)
小熊玲奈,若林正一郎, 宮地秀明, 岩澤真理, 神戸直智, 松江 弘之, 矢口貴志(2015)
Microsporum canis による小児の頭部顔面異型白癬の1例
(第861回日本皮膚科学会東京地方会, 7月11日, 東京都)
宮地秀明,松岡悠美,池田啓,小熊玲奈,鎌田憲明,松江弘之(2015)
乾癬性関節炎に対するインフリキシマブ加療中,帯状疱疹を契機に膿疱性乾癬の診断に至った1例
(第30回日本乾癬学会学術大会,9月5日,名古屋市)
外川 八英,神戸 直智,松江 弘之,角田 隆(長崎大熱帯医学研究所)(2015)
マダニ刺咬症のentomodermoscopy
(第67回日本皮膚科学会西部支部学術大会,10月17-18日,長崎市)
東山礼一,岩澤真理,青墳信之(2015)
多発性骨髄腫再燃に伴い出現した丘疹‐紅皮症(太藤)の1例
(第863回日本皮膚科学会東京地方会, 11月14日, 千葉市)
小熊 玲奈,中川 誠太郎,外川 八英,松江 弘之(2015)
非典型的なダーモスコピー像を呈した下眼瞼のエクリン汗孔腫の1例
(第863回日本皮膚科学会東京地方会,11月14日,千葉市)
青柳 直樹,山本 洋輔,小熊 玲奈,若林 正一郎,中野 倫代,外川 八英,末廣 敬祐,松江 弘之(2015)
有棘細胞癌を思わせる臨床像を呈した巨大石灰化上皮腫の1例
(第863回日本皮膚科学会東京地方会,11月14日,千葉市)
川島 秀介,外川 八英,神戸 直智,松江 弘之(2015)
上腹部の生じた木村病における超音波所見
(第863回日本皮膚科学会東京地方会,11月14日,千葉市)
浦﨑智恵,小熊玲奈,山本洋輔,末廣敬祐,外川八英,松江弘之(2015)
老人性色素斑に合併した基底細胞癌の1例
(第863回日本皮膚科学会東京地方会,11月14日,千葉市)
栗田遼二,山本洋輔,外川八英,神戸直智,松江弘之(2015)
好酸球性膿疱性毛包炎の1例
(第863回日本皮膚科学会東京地方会,11月14日,千葉市)
若林祐次郎,中野倫代,松江弘之(2015)
ゴム手袋による接触皮膚炎を合併したセメント皮膚炎の1例
(第45回日本アレルギー・接触皮膚炎学会,11月20-22日,松江市)
浦崎智恵,中野倫代,吉岡未里,外川八英,松江弘之(2015)
フェニレフリン塩酸塩含有点眼液により線状の接触皮膚炎を生じた1例
(第45回日本アレルギー・接触皮膚炎学会,11月20-22日,松江市)

学会報告(研究)

岩澤真理,シュピュルケル ヤン エリック,松村薫,松江弘之,西村和子,増田道明(2015)
生検皮膚組織パラフィン切片を用いたPrototheca wickerhamii皮膚炎のDNA診断
(第59回日本医真菌学会総会・学術集会,10月 9-10日, 札幌市)
Iwasawa MT, Nakamura Y, Wakabayashi S. Saijo S and Matsue H. (2015)
IL-17 produced by group 3 innate lymphoid cells and γδ T cells is pivotal for host defense against epicutaneous candidiasis via neutrophil activation.
(The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. Dec. 11-13, Okayama)
Wakabayashi S, Nakamura Y, Matsue H. (2015)
Decreased signaling of stem cell factor transforms bone marrow-derived cultured mast cells into M2 macrophage-like cells.
(The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. Dec. 11-13, Okayama)
Nakagawa S, Nakamura Y, Katayama Y, Nunez G, Matsue H. (2015)
Cooperation of IL-1 and IL-36 plays a pivotal role in epicutaneous S. aureus-induced skin inflammation via IL-17 production.
(The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. Dec. 11-13, Okayama)
Nakamura Y, Inoue Y, Katayama Y, Nunez G, Shimojo N, Matue H. (2015)
Expression ability of RNAⅢ gene encoding δ-toxin in S. aureus isolated from infant skin is associated with atopic dermatitis.
(The 40th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. Dec. 11-13, Okayama)

学会報告(シンポジウム,その他)

神戸直智 (2015)
アトピー性皮膚炎の治療のゴール
(日本アレルギー協会 アレルギー週間市民公開講座,2月11日,千葉市)
外川八英(2015)
お茶の水診断カンファレンス ダーモと病理をフル活用して診断を究める
(第78回日本皮膚科学会東京支部総会, 2月21-22日, 東京)
外川八英(2015)
教育講演12 「ダーモスコピー2015 悪性黒子,日光黒子」
(第114回日本皮膚科学会総会,5月29-31日,横浜市)
Yumi Matsuoka-Nakamura (2015)
“Infection and Immunity” Understanding the link between Staphylococcus aureus colonization and allergic skin disease.
(RIKEN IMS-JSI International Symposium on Immunology 2015, June 18-19, Yokohama, Japan)
松岡悠美(2015)
シンポジウム2「宿主−共生体感系と疾患」アトピー性皮膚炎における黄色ブドウ球菌の炎症惹起のメカニズム解析
(第36回日本炎症・再生医学会、7月21−22日、東京)
松江弘之(2015)
かぶれ・じんましんはどうして起こるの?
(平成27年度 日本臨床皮膚科医会「皮膚の日」市民公開講座,11月8日,千葉市)