院外から講師を迎えての講演会

2008年以前

● 第1回千葉皮膚科集談会
日時:平成20年 8月 22日(金) 19:15-
場所:三井ガーデンホテル千葉
トピックス: にきび治療におけるレチノイド外用剤の有用性
【一般演題】3演題
【特別講演】宮地 良樹(京都大学皮膚科 教授)
「忘れ得ぬ症例 ~患者さんから学んだ私の臨床皮膚科学」
● 第1回千葉皮膚免疫セミナー
日時:平成19年11月 8日(木) 18:00-
場所:千葉大学医学部本館 第二講堂
【特別講演】平川 聡史(愛媛大学皮膚科)
「リンパ管新生 」
 

猫手セミナー

神戸がお友達を呼んで不定期に開催する

● 第1回千葉大学皮膚科(猫手)セミナー
日時: 平成19年 6月29日(金) 18:00-
場所: 千葉大学大学院医学研究院 第二講堂
講師: 金澤 伸雄(和歌山県立医大皮膚科)
内容: 自己炎症性疾患の話
● 第2回千葉大学皮膚科(猫手)セミナー
日時: 平成19年11月19日(月) 18:00-
場所: 千葉大学大学院医学研究院 皮膚科医局
講師: 西小森 隆太(京都大学小児科)
内容: NEMOの話
● 第3回千葉大学皮膚科(猫手)セミナー
日時: 平成20年 1月18日(金) 19:00-
場所: 千葉大学大学院医学研究院 皮膚科医局
講師: 斎藤 潤(京都大学小児科)
内容: 家族性寒冷蕁麻疹(CAPS)の話
● 第4回千葉大学皮膚科(猫手)セミナー
日時: 平成20年 6月27日(金) 19:00-
場所: 千葉大学大学院医学研究院 皮膚科医局
講師: 椛島 健治(京都大学創薬医学融合拠点 准教授)
内容: 皮膚を通じて自分の世界を広げる
● 第5回千葉大学皮膚科(猫手)セミナー
日時: 平成20年11月20日(木) 18:00-
場所: 千葉大学大学院医学研究院 皮膚科医局
講師: 岡藤 郁夫(神戸中央市民 小児科免疫アレルギー)
「若年発症サルコイドーシス(臨床研究を通じて得たもの)」

教室内セミナー(これまでの発表)

2007年9月より,木曜日の医学部皮膚科医局でのカンファレンスの最後に,教室内セミナーとして,それぞれが経験した症例をベースとした勉強会をしてきました。

日付 担当 内容

2008/10/16 小野 生物製剤と薬疹

2008/10//02 中村 疣贅状表皮発育異常症

2008/07/31 佐藤 パジェット病のセンチネルリンパ節

2008/07/24 鎌田 インセンティブとは

2008/07/17 神戸 外用剤の話

2008/07/10 末廣 輸液の話

2008/07/03 大野 自然退縮した悪性黒色腫

2008/06/12 大田 小児の強皮症

2008/05/08 小俣 SADBEによる円形脱毛症の治療

2008/04/24 米山 化学療法

2008/04/03 金親 パッチテスト

2008/03/06 岩澤 真菌の同定

2008/02/28 大野 皮膚悪性リンパ腫の遺伝子再構成

2008/02/21 塚本 顕微鏡の原理(蛍光顕微鏡)

2008/02/07 外川 蛍光抗体法

2008/01/24 鎌田 薬疹(その2)

2008/01/17 松江 年頭挨拶

2007/12/20 末廣 輸液の話

2007/12/13 神戸 肥満細胞の話(世界皮膚科学会の報告)

2007/12/06 米山 化学療法の副作用

2007/11/29 大久保 Wells'症候群

2007/11/22 高橋 ケルズス禿瘡

2007/11/15 小俣 結節性紅斑

2007/11/01 塚本 顕微鏡の原理(光学顕微鏡)

2007/10/25 及川 深在性エリテマトーデス

2007/10/18 清水彩 色素失調症

2007/10/11 小野 スポロトリコーシス

2007/10/04 清水聖 持久性隆起性紅斑

2007/09/20 大野 壊死性遊走性紅斑

2007/09//13 鎌田 薬疹(その1)

2007/09//06 外川 地震対策   


日皮会ガイドライン勉強会

2008年9月より,木曜日の医学部皮膚科医局でのカンファレンスの最後に,日本皮膚科学会が定める各種ガイドラインの勉強会をしています。

日付 担当 内容

2008/09/18 外川 皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン(MM)

2008/10/16 塚本 皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン(Paget)

2008/10/23 小俣 皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン(SCC, BCC)

2008/11/06 岩澤 皮膚悪性腫瘍診療ガイドラインII(MF)

2008/11/13 清水彩 皮膚悪性腫瘍診療ガイドラインII(T/NK)


アレルギー・膠原病内科との合同カンファレンス

2008年5月の新病棟稼働にあわせて,入院病棟を同じくするアレルギー・膠原病内科と,お互いの科の特色を生かして合同カンファレンスを始めました。

日付 担当 内容

2008/08/06 大田 小児の強皮症

皮膚科専門医マップ

講演会・勉強会