院外から講師を迎えての講演会

2009年

● 第1回千葉皮膚科カンファレンス
日時: 平成21年1月 22日(木) 18:50-
場所: 京成ホテル ミラマーレ
【基調講演】鎌田憲明(千葉大学・皮膚科 講師)
「皮膚科診療における地域医療連携について」
【特別講演】阿部理一朗(北海道大学・皮膚科 講師)
「BenchとBedsideの距離:重症薬疹,皮膚疾患再生医療など」
● 第2回千葉皮膚科集談会
日時: 平成21年 2月 28日(金) 18:00-
場所: 千葉大学 医学部本館3階 会議室
【一般演題】中村悠美(千葉大学・皮膚科 大学院4年生)
「肥満細胞とNLRP3」
【特別講演】須田貴司(金沢大学・がん研究所免疫炎症制御研究分野 教授)
「NLRファミリー:新しい細胞死と炎症の接点」
● ゐのはな皮膚科セミナー
日時: 平成21年 3月 6日(金) 19:00-
場所: 三井ガーデンホテル千葉
【症例検討】佐藤貴史(千葉大学・皮膚科)
【特別講演】古川 福実(和歌山県立医科大学・皮膚科 教授)
「アトピー性皮膚炎 Mono-therapyからNeo-therapyへ」
● 第3回千葉小児・皮膚免疫アレルギー研究会
日時: 平成22年 5月 14日(金) 19:00-
場所: 京成ホテル ミラマーレ
【一般演題】有馬 孝恭(千葉大学・小児科)
「IL-2産生能の低下を認めた高IgE症候群の1例」
【一般演題】外川 八英(千葉大学・皮膚科)
「ダーモスコピーによるほくろとメラノーマの見分け方」
【特別講演】烏山 一(東京医科歯科大学・免疫アレルギー学 教授)
「高IgE症候群の責任遺伝子の同定と病態解明」
● 第33回日本小児皮膚科学会学術大会 市民公開講座(参加無料)
日時: 平成21年 7月 5日(日) 13:40- 15:40
場所: 幕張メッセ国際会議場 第1会場(コンベンションホールA)
【講演1】神戸直智(千葉大学・皮膚科)
「アトピー性皮膚炎 スキンケア」
【講演2】内田智子(千葉大学・小児科)
「アトピー性皮膚炎 食物の関与」
【講演3】菱木はるか(千葉大学・小児科)
「感染症(発熱性発疹性疾患)」
【講演4】岩澤真理(千葉大学・皮膚科)
「感染症(皮膚の細菌・真菌感染など)」
● 千葉大学G-COE講演会
日時: 平成21年 9月 7日(月) 18:00-
場所: 千葉大学 医学部本館 第1講堂
【特別講演】Gabriel Nunez(米国ミシガン大学・病理学 教授)
● 第3回千葉皮膚科集談会
日時: 平成21年 9月 10日(木) 19:00-
場所: 京成ホテル ミラマーレ
【一般演題】清水彩子(千葉市立青葉病院)
「色素性乾皮症の1例」
【特別講演】錦織千佳子(神戸大学・皮膚科 教授)
「忘れ難い症例 ~色素性乾皮症との出会いを通じて」
● 第2回ゐのはな皮膚科セミナー
日時: 平成21年10月 1日(木) 17:00-
場所: 千葉大学 附属病院びがし病棟9階 第1カンファレンス室
【特別講演】Andris Rubins (Professor, Riga Stradins University, Latvia)
Dermatovenerology in Latvia
● 千葉Rash Managementセミナー
日時: 平成21年 10月 2日(金) 19:00-
場所: 千葉大学医学部附属病院3階第1講堂
【特別講演】清原祥夫(静岡がんセンター皮膚科 部長)

学会開催

小児皮膚科学会
 
日時: 平成21年7月4日(土)-5日(日) 
場所: 幕張国際会議場(千葉市美浜区)
会頭: 河野 陽一(千葉大学・小児病態学 教授)
副会頭: 松江 弘之(千葉大学・皮膚科学 教授)


アレルギー・クリニカルカンファレンス

● 日時: 平成22年1月21日(水)18:00-
神戸直智
Muckle-Wells症候群の1例
● 日時: 平成22年4月15日(水)18:00-
大野綾子
メルカゾールによる蕁麻疹型薬疹
● 日時: 平成22年7月15日(水)18:00-
佐藤貴史
若年発症サルコイドーシスの親子例
● 日時: 平成22年11月04日(水)18:00-
鎌田憲明
重症薬疹(Stevens-Johnson症候群,中毒性表皮壊死症)について

皮膚科専門医マップ

講演会・勉強会