医局旅行(2009年)

秋晴れに恵まれて,青空の下でバーベキューを満喫

今年は開催が危ぶまれた医局旅行でしたが,日帰り・現地集合・雨天中止という日程で急遽,
佐倉きのこ園 にて,きのこ狩り+バーベーキューという形で行われました。

 バーベキューに先立ち,菌床栽培で育てられたシイタケをはさみで切り取るのですが,子供ならずとも収穫の喜びに心が躍ります。さらに,「茎の部分を切り,傘を裏返しにして焼き,煮汁が出てきたら食べられます。うちのキノコは生でもいけますよ」ときのこ園の方に説明され,「明日は皆そろって,みのもんた皮膚炎か‥‥」と思いながら恐る恐る生焼けのシイタケを口に運びますが,このシイタケ,癖が無くなかなかどうして侮れません。

火力が落ち着く前に必死になって肉を焼いてしまうのは,こうしたバーベキューの宿命のようで,始まってから30分は,無言で肉や野菜,それにキノコを焼いていました。ようやく火が落ち着いて来た頃には,もはや焼く肉が残っておらず,芯まで凍ったチーズはんぺんの世話をするのみ。キノコは何度もお代わりをしました。

 「バーベキューは生まれてはじめて」と言っていた木村先生のお肉を焼いている時の笑顔が印象的でした。同じく「外でバーベキューはしたことがない」と言っていた秋田先生が,当直で参加できなかったのは残念でした。

お腹も一杯になったところで,大満足の1枚です。

 これで曇り空だったら,寒くて楽しむどころではなかったのかも‥‥と思うと,まさに秋晴れに恵まれ晩秋を満喫した1日でした。最初はあせって会話もなく野菜を黒焦げにしてしまい,せっかく火が落ちつた頃には焼くものがなかった今年の教訓を生かすために,来年も是非,リベンジを企画したいところです(できれば,もう少し早めの時期に)。

というわけで,アウトドアでの食事はちょっと‥‥と言って今年は参加されなかった松江先生,来年は是非,一緒にキノコ狩りに行きましょう!

(2009年11月28日)