過去5年(現在から2012年まで)

2018

(原著)

(総説)

(著書)

伊藤千鶴森清隆  (柴原浩章 編著) 実践 臨床生殖免疫学 各論2-2 精子機能 220-224 (総ページ数:708ページ)、2018年5月25日刊行 中外医学社 東京(ISBN: 978-4-498-06088-3)

(シンポジウム、特別講演、教育講演)

伊藤千鶴年森清隆 シンポジウム1 「精子研究の最前線」 遺伝子改変マウスを用いた先体膜タンパク質Equatorinの機能解析 The 59th Annual Meeting of Japan Society for Ova Research 第59回日本卵子学会学術集会 (招待講演) ソニックシティー(埼玉県さいたま市)2018年5月26日 (第59回日本卵子学会学術集会 プログラム pS5)

(一般演題)

年森清隆伊藤千鶴 卵子に進入した精子頭部の脱凝集と鞭毛の卵子内進入時期の再検討:体内受精の解析 第123回日本解剖学会総会・学術集会 (ポスター) 日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)2018年3月28-30日 (第123回日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 p135)

伊藤千鶴年森清隆、大和屋健二、吉田恵一、藤村理紗、幡野雅彦、宮戸健二 受精における先体膜タンパク質Equatorinの役割 第123回日本解剖学会総会・学術集会 (ポスター) 日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)2018年3月28-30日 (第123回日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 p164)

2017

(原著)

Oami T, Watanabe E, Hatano M, Teratake Y, Fujimura L, Sakamoto A, Ito C, Toshimori K, Swanson PE, Oda S. Blocking liver autophagy accelerates apoptosis and mitochondrial injury in hepatocytes and reduces time to mortality in a murine sepsis model. Shock. In press 2017. (doi: 10.1097/SHK.0000000000001040)

Kaneko T, Toshimori K, Iida H. Subcellular localization of MS4A13 isoform 2 in mouse spermatozoa.  Reproduction. 154(6):843-857. 2017. (doi: 10.1530/REP-17-0477)

Dong Y, Isono KI, Ohbo K, Endo TA, Ohara O, Maekawa M, Toyama Y, Ito CToshimori K, Helin K, Ogonuki N, Inoue K, Ogura A, Yamagata K, Kitabayashi I, Koseki H. EPC1/TIP60-mediated histone acetylation facilitates spermiogenesis in mice. Mol Cell Biol. 37(19)pii: e0082-17 .2017. (doi: 10.1128/MCB.00082-17)

Iizuka-Hishikawa Y, Hishikawa D, Sasaki J, Takubo K, Goto M, Nagata K, Nakanishi H, Shindou H, Okamura T, Ito C, Toshimori K, Sasaki T, Shimizu T. Lysophosphatidic acid acyltransferase 3 tunes the membrane status of germ cells by incorporating docosahexaenoic acid during spermatogenesis. J Biol Chem. 292(29): 12065-76 .2017. (doi: 10.1074/jbc.M117.791277)

Oami T, Watanabe E, Hatano M, Sunahara S, Fujimura L, Sakamoto A,  Ito C, Toshimori K, Oda S. Suppression of T cell autophagy result in decreased viability and function of T cells through accelerated apoptosis in a murine sepsis model. Crite Care Med. 45(1): e77-e85. 2017. (doi: 10.1097/CCM.0000000000002016)

(総説)

(著書)

年森清隆伊藤千鶴  坂井建雄 カラーイラストで学ぶ 集中講義 解剖学 (韓国語版) 216-251 (総ページ数:482ページ)、2017年10月15日刊行 メジカルビュー社 東京(ISBN: 979-11-85615-91-2)

年森清隆伊藤千鶴、内山安男(監訳) 組織細胞生物学(原書第3版) (第2刷)(Histology and Cell Biology An Introduction to Pathology. Third edition.第VI部 生殖器系 587-683 (総ページ 708ページ)(翻訳)南江堂 2017年4月25日発刊 (ISBN: 978-4-524-26971-6)

年森清隆伊藤千鶴  (日本卵子学会 編集) 生殖補助医療(ART) 胚培養の理論と実際 W受精 1.受精のメカニズムとプロセス  95-105 (総ページ 339ページ) 近代出版 201731発行 (ISBN: 978-4-87402-232-0)

(シンポジウム、特別講演、教育講演)

伊藤千鶴  受精における精子膜の変化 The 35th Annual Meeting of Japan Society of Fertilization and Implantation in YONAGO  第35回日本受精着床学会総会・学術講演会 シンポジウム6”受精のしくみ” (招待講演) 米子コンベンションセンター BiG SHiP (鳥取県米子市) 2017年7月21日(第35回日本受精着床学会総会・学術講演会 プログラム・講演会抄録集 p108)

(一般演題)

年森清隆伊藤千鶴 精子頭部脱凝集と鞭毛の卵子内進入の時期の再検討:マウス体内受精に基づく解析 62nd Annual Meeting of Japan Society for Reproductive Medicine 第62回日本生殖医学会学術講演会・総会 (ポスター) 海峡メッセ下関(山口県国際総合センター) (山口県下関市) 2017年11月16-17日 (日本生殖医学会雑誌 62(4) p313 (475) 2017)

●菱川(飯塚)佳子、菱川大介、佐々木純子、田久保圭誉、後藤元人、長田克之、中西広樹、進藤英雄、岡村匡史、伊藤千鶴年森清隆、佐々木雄彦、清水孝雄  第59回日本脂質生化学会 精子形成におけるDHA含有リン脂質の役割の解明(一般講演) 京都大学百周年時計台記念館 (京都市左京区) 2017年6月16日

2016

(原著)

Maruyama SY, Ito M, Ikami Y, Okitsu Y, Ito C, Toshimori K, Fujii W, Yogo K. A critical role of solute carrier 22a14 in sperm motility and male fertility in mice. Sci Rep. 6:36468. 2016. (doi: 10.1038/strep36468)

Chen C, Maekawa M, Yamatoya K, Nozaki M, Ito C, Iwanaga T, Toshimori K. Interaction between basigin and monocarboxylate transporter 2 in the mouse testes and spermatozoa. Asian J Androl.  18(4): 600-606. 2016. (doi: 10.4103/1008-682X.157650)

(総説)

Ito C, Toshimori K. Acrosome markers of human sperm. Anat. Sci. Int. 91(2):128-142. 2016. (doi: 10.1007/s12565-015-0323-9) Review

(著書)

年森清隆伊藤千鶴  (柴原浩章 編集) 不妊・不育診療指針 U 男性不妊症 1.総論 B 精子形成の調節機構 601-605 (総ページ 767ページ) 中外医学社 20161110発行 (ISBN: 978-4-498-06080-7)

年森清隆伊藤千鶴  (佐藤達夫、坂井建雄 監訳) 臨床のための解剖学 第2版Clinically Oriented Anatomy, Seventh Edition) 3章 骨盤と会陰 生殖器系 315-425 (総ページ 1128ページ)(翻訳) メディカル・サイエンス・インターナショナル 2016218日発行 (ISBN: 978-4-89592-838-0)

(シンポジウム、特別講演、教育講演)

伊藤千鶴  精子選別のquality control (精子の機能評価) 61th Annual Meeting of Japan Society for Reproductive Medicine 第61回日本生殖医学会学術講演会・総会(教育講演) パシフィコ横浜会議センター (神奈川県横浜市) 2016年11月4日(日本生殖医学会雑誌 61(4) p104 (272) 2016)

伊藤千鶴年森清隆  精子形態と精子の質 The 34th Annual Meeting of Japan Society of Fertilization and Implantation  第34回日本受精着床学会総会・学術講演会 ワークショップ1”今、ICSIを考える” (招待講演) 軽井沢プリンスホテルウエスト (長野県北佐久郡) 2016年9月15日(第34回日本受精着床学会総会・学術講演会 プログラム・講演会抄録集 p107)

(一般演題)

伊藤千鶴年森清隆  配偶子膜融合関連タンパク質 EquatorinIzumo に対する抗体を用いた先体反応評価の試み 61th Annual Meeting of Japan Society for Reproductive Medicine 第61回日本生殖医学会学術講演会・総会 (ポスター) パシフィコ横浜会議センター (神奈川県横浜市) 2016年11月3-4日(日本生殖医学会雑誌 61(4) p283 (451) 2016)

年森清隆伊藤千鶴  受精卵からの精子鞭毛放出:マウス受精卵発達過程 time laps 解析 61th Annual Meeting of Japan Society for Reproductive Medicine 第61回日本生殖医学会学術講演会・総会 (口演) パシフィコ横浜会議センター (神奈川県横浜市) 2016年11月4日(日本生殖医学会雑誌 61(4) p255 (423) 2016)

●与語圭一郎、丸山神也、沖津優、伊藤百映、年森清隆伊藤千鶴 藤井渉 Oligotriche 遺伝子座に存在する不妊原因遺伝子の同定  61th Annual Meeting of Japan Society for Reproductive Medicine 第61回日本生殖医学会学術講演会・総会 (ポスター) パシフィコ横浜会議センター (神奈川県横浜市) 2016年11月3-4日(日本生殖医学会雑誌 61(4) p283 (451) 2016)

●沖津優、丸山神也、江場稜将、伊藤千鶴年森清隆、藤井渉、与語圭一郎 Oligotricheマウスにおける不妊原因遺伝子の同定 第109回日本繁殖学会大会(口演) 麻布大学(神奈川県相模原市) 2016年9月13日

●伊藤百映、丸山神也、伊藤千鶴年森清隆、藤井渉、与語圭一郎 Slc22a14遺伝子欠損マウス精子における受精能獲得と鞭毛屈曲異常の解析 第109回日本繁殖学会大会(ポスター) 麻布大学(神奈川県相模原市) 2016年9月12日

●丸山神也、伊藤百映、伊神悠祐、沖津優、伊藤千鶴年森清隆、藤井渉、与語圭一郎 遺伝子欠損マウスを用いたSlc22a14の生理機能の解析 第11回トランスポーター研究会年会/JTRA2016(ポスター) 京都大学宇治キャンパスきはだホール(京都府宇治市) 2016年7月2日

伊藤千鶴年森清隆  精子形成と先体反応における配偶子膜融合関連タンパク質Equatorin Izumoの動態 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 (ポスター)ビッグパレットふくしま(福島県) 2016年3月29日

2015

(原著)

Ito C, Yamatoya K, Toshimori K. Analysis of the complexity of the sperm acrosomal membrane by super-resolution stimulated emission depletion microscopy compared with transmission electron microscopy. Microscopy(Oxford). 64(4): 279-287. 2015. (doi: 10.1093/jmicro/dfu101)

Kishimoto A, Ishiguro-Oonuma T, Takahashi R, Maekawa M, Toshimori K, Watanabe M, Iwanaga T. Immunohistochemical localization of GLUT3, MCT1, and MCT2 in the testes of mice and rats: the use of different energy sources in spermatogenesis.  Biomed Res.(Tokyo) 36(4): 225-234.2015. (doi: 10.2220/biomedres.36.225.)

Toshimori K. Sperm-egg meeting: challenges for infertility diagnosis and treatment based on basic research. Chibaigaku. 91:(4) 161-166. 2015.

(著書)

年森清隆伊藤千鶴、内山安男(監訳) 組織細胞生物学(原書第3版)(Histology and Cell Biology An Introduction to Pathology. Third edition.第VI部 生殖器系 587-683 (総ページ 718ページ)(翻訳)南江堂 2015年11月15日発刊 (ISBN: 978-4-524-26971-6)

年森清隆  伊藤千鶴 神崎秀陽 編集 精子の質評価-精子の構造と精能の評価 Evaluation of sperm quality 別冊「医学のあゆみ」 生殖医学・医療の最前線 31-37 (総ページ数:152ページ) 2015年3月28日出版、医歯薬出版株式会社、東京都 (ISSN: 0039-2359 CODEN:IGAYAY)

(シンポジウム、特別講演、教育講演)

伊藤千鶴年森清隆  精子形態と精子の質 第33回日本受精着床学会総会・学術講演会 The 33rd Annual Meeting of Japan Society of Fertilization and Implantation (ワークショップ)TFTホール(東京都) 2015年11月26日

Toshimori K, Ito C. Sperm function and male infertility. Organization Secretariat of the 30th Annual Meeting of the Japan Society for Immunology of Reproduction-Workshop. (基調講演) くまもと県民交流館バレア(熊本県) 2015.11.22. (Journal of Reproductive Immunology 122: 143. 2015) (doi: 10.1016/j.jri.2015.09.068)

Toshimori K, Ito C, Yamatoya K. S3-4 Sperm membrane modification leading to fertilization. International Federation of Fertility Societies (IFFS) / Japan Society of Reproductive Medicine (JSRM) International Meeting 2015. (Symposium). Pacifico Yokohama (Japan). 2015.4.26-29. (日本生殖医学会雑誌 60(1-2): 94. 2015)

Toshimori K, Ito C, Yamatoya K. S44 Equatorin-mediated sperm-egg interaction. Proceedings of the 120th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists and the 92nd Annual Meeting of The Physiological Society of Japan (Symposium). Kobe Convention Center (Japan). 2015.3.21-23.

(一般演題)

Ito C, Yamatoya K, Toshimori K. Sperm acrosomal membrane complex analyzed by super-resolution stimulated emission depletion (STED) microscopy using Equatorin-EGFP transgenic mice. International Federation of Fertility Societies (IFFS) / Japan Society of Reproductive Medicine (JSRM) International Meeting 2015. (Poster). Pacifico Yokohama (Japan). 2015.4.26-29.

Yamatoya K, Ito C, Toshimori K. Searching the enzyme responsible for the cleavage of sperm acrosomal protein Equatorin during acrosome reaction.  International Federation of Fertility Societies (IFFS) / Japan Society of Reproductive Medicine (JSRM) International Meeting 2015. (Poster). Pacifico Yokohama (Japan). 2015.4.26-29.

Ito C, Yamatoya K, Maekawa M, Toshimori K. S221 Sperm acrosomal membrane complex analyzed by STED using Equatorin-EGFP transgenic mice. Proceedings of the 120th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists and the 92nd Annual Meeting of The Physiological Society of Japan (Poster). Kobe Convention Center (Japan). 2015.3.21-23.

Yamatoya K, Ito C, Maekawa M, Hatano M, Toshimori K. S219 Searching the enzyme responsible for molecular weight reduction of sperm acrosomal protein Equatorin during acrosome reaction. Proceedings of the 120th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists and the 92nd Annual Meeting of The Physiological Society of Japan (Poster). Kobe Convention Center (Japan). 2015.3.21-23.

Maekawa M, Cheng C, Yamatoya K, Ito C, Toshimori K. S219 Basigin interacts with monocarboxylate transporter 2 in the mouse testes and sperm. Proceedings of the 120th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists and the 92nd Annual Meeting of The Physiological Society of Japan (Poster). Kobe Convention Center (Japan). 2015.3.21-23.

 

2014

(原著)

Tamiya G, Makino S, Hayashi M, Abe A, Numakura C, Ueki M, Tanaka A, Ito C, Toshimori K, Ogawa N, Terashima T, Maegawa H, Yanagisawa D, Tooyama I, Tada M, Onodera O, Hayasaka K. A mutation of COX6A1 causes a recessive axonal or mixed form of Charcot-Marie-Tooth disease. Am J Hum Genet. 95(3): 294-300. 2014. (doi: 10.1016/j.ajhg.2014.07.013)

Takasaki N, Tachibana K, Ogasawara S, Matsuzaki H, Hagiuda J, Ishikawa H, Mochida K, Inoue K, Ogonuki N, Ogura A, Noce T,  Ito C, Toshimori K, Narimatsu H. A heterozygous mutation of GALNTL5 affects male infertility with impairment of sperm motility. Proc Natl Acad Sci USA. 111(3):1120-1125. 2014. (doi: 10.1073/pnas.1310777111)

Udagawa O,  Ito C, Ogonuki N, Sato H, Lee S, Tripvanuntakul P, Ichi I, Uchida Y, Nishimura T, Murakami M, Ogura A, Inoue T, Toshimori K, Araki H. Oligo-astheno-teratozoospermia in mice lacking ORP4, a sterol-binding protein in the OSBP-related protein family. Genes Cells. 19(1):13-27. 2014. (doi: 10.1111/gtc.12105)

(総説)

Toshimori K, and Eddy EM. The Spermatozoon. In Knobil and Neill's Physiology of Reproduction (TM. Plant and A. Zeleznik, Eds), 4th ed. Academic Press, New York. pp99-148. 2014. ISBN: 978-0-12-397175-3. 

(著書)

●宮戸健二、井上直和、伊藤昌彦、伊藤千鶴年森清隆  動植物の受精学 共通機構と多様性、澤田均編、総ページ数:340ページ、2014年4月20日出版、化学同人 DOJIN BIOSCIENCE SERIES、京都府

年森清隆  伊藤千鶴 精子の質評価-精子の構造と精能の評価 Evaluation of sperm quality 医学のあゆみ 生殖医学・医療の最前線 249(1): 31-37. 2014. (2014年4月5日発行)

Ito C, Yamatoya K, Toshimori K.  Equatorin-Related Subcellular and Molecular Events During Sperm Priming for Fertilization in Mice. (Chapter 7) Sexual Reproduction in Animals and Plants. 85-95. 2014. (Sawada H, Inoue N, Iwano M  Eds) (doi: 10.1007/978-4-431-54589-7_7)

(シンポジウム、特別講演、教育講演)

年森清隆 伊藤千鶴 大和屋健二  精子頭部のキャパシテーションと先体反応 日本アンドロロジー学会第33回学術大会 第20回精子形成・精巣毒性研究会 (シンポジウム) 軽井沢プリンスホテルウエスト(長野県) 2014年6月12日

年森清隆 雄生殖細胞の機能形態的解析;精子卵子膜融合関連タンパク質 Equatorinを中心として 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会(学術教育講演) 自治医科大学キャンバス(栃木県) 2014年3月28日

年森清隆 受精障害の原因と検出 第19回日本臨床エンブリオロジスト学会 ワークショップ・学術講演会(特別講演) 千里ライフサイエンスセンター(大阪府) 2014年1月12日 (Journal of Clinical Embryologist 15(2): 48. 2014)

年森清隆  大和屋健二伊藤千鶴 Equatorinノックアウト雄マウスの受精現象 新学術領域研究 動植物に共通するアロ認証機構の解明 第8回領域会議(講演) 名古屋大学東山キャンパス 野依記念学術交流会館(愛知県)2014年1月10日

(一般演題)

年森清隆伊藤千鶴大和屋健二 ヒト精子ミトコンドリアの形態異常と不妊症 第59回日本生殖医学会学術講演会(口演) 京王プラザホテル(東京都)  2014年12月4日 (日本生殖医学会雑誌 59(4): 334. 2014)

伊藤千鶴大和屋健二年森清隆 ODF2 isoform c の発現と運命 第59回日本生殖医学会学術講演会(ポスター) 京王プラザホテル(東京都)  2014年12月4-5日 (日本生殖医学会雑誌 59(4): 441. 2014)

大和屋健二伊藤千鶴年森清隆 SPESP1 ノックアウトマウスの先体反応に伴う先体タンパク質の局在と分子量変化 第59回日本生殖医学会学術講演会(ポスター) 京王プラザホテル(東京都)  2014年12月4-5日 (日本生殖医学会雑誌 59(4): 443. 2014)

Yamatoya K, Ito C, Hatano M, Toshimori K. Analyses of sialylation status of sperm acrosomal protein Equatorin and enzyme responsible for molecular weight shift during acrosome reaction. The 37th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan. (Poster) Pacifico Yokohama (Japan). 2014.11.27.

Toshimori K, Ito C, Yamatoya K. Sperm ODF2: analysis using ODF2-EGFP transgenic mice. 18th International Microscopy Congress (IMC 2014). (Poster) Prague Congress Center. Prague (Czech Repblic) 2014.9.7-12.  

伊藤千鶴大和屋健二、吉田恵一、宮戸健二、陳城前川眞見子年森清隆 トランスジェニックマウスを用いた精子ODF2 の解析 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会(ポスター) 自治医科大学キャンバス(栃木県)  2014年3月27日

大和屋健二伊藤千鶴陳城前川眞見子、幡野雅彦、年森清隆 精子先体赤道部糖タンパク質 equatorin の糖鎖修飾変化に関わる酵素の探索 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会(ポスター) 自治医科大学キャンバス(栃木県)  2014年3月27日

前川眞見子陳城大和屋健二、野崎正美、伊藤千鶴年森清隆 マウス精子における膜タンパク質ベイシジン分子の特性 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会(ポスター) 自治医科大学キャンバス(栃木県)  2014年3月27日

陳城大和屋健二前川眞見子柳田光昭、荒木慶彦、伊藤千鶴年森清隆 モノクローナル抗体MC101が認識する精子タンパク質の解析 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会(ポスター) 自治医科大学キャンバス(栃木県)  2014年3月27日

大和屋健二伊藤千鶴陳城前川眞見子、幡野雅彦、年森清隆 精子先体赤道部糖タンパク質 equatorin の分子量低下に関わる酵素の探索 新学術領域研究 動植物に共通するアロ認証機構の解明 第8回領域会議(ポスター) 名古屋大学東山キャンパス 野依記念学術交流会館(愛知県)2014年1月9日

 

2013

(原著)

Toyama Y, Chen C, Yamatoya K, Maekawa M, Ito C, Toshimori K. Unique structures of organelles observed in primary spermatocytes  after micro-injection of protein solutions such as immunoglobulin into the lumen of the seminiferous tubules in mice and rats. Andrologia. 45(6):402-408. 2013. (doi: 10.1111/and.12030)

Funaki T, Kon S, Tanabe K, Natsume W, Sato S, Shimizu T, Yoshida N, Wong WF, Ogura A, Ogawa T, Inoue K, Ogonuki N, Miki H, Mochida K, Endoh K, Yomogida K, Fukumoto M, Horai R, Iwakura Y,  Ito C, Toshimori K, Watanabe T, Satake M. The Arf GAP SMAP2 is necessary for organized vesicle budding from the trans-Golgi network and subsequent acrosome formation in spermiogenesis. Mol Biol Cell. 24(17):2633-2644. 2013. (doi: 10.1091/mbc.E13-05-0234)

Ito C, Yamatoya K, Yoshida K, Fujimura L, Hatano M, Miyado K, Toshimori K. Integration of the mouse sperm fertilization-related protein equatorin into the acrosome during spermatogenesis as revealed by super-resolution and immunoelectoron microscopy.  Cell Tissue Res. 352(3):739-750. 2013.(doi: 10.1007/s00441-013-1650-y)

Mizuno Y, Ninomiya y, Nakachi Y, Iseki M, Iwasa H, Akita M, Tsukui T, Shimozawa N,  Ito C, Toshimori K, Nishimukai M, Hara H, Maeba R, Okazaki T, Alodaib AN, Al Amoudi MA, Jacob M, Alkuraya FS, Horai Y, Watanabe M, Motegi H, Wakana S, Noda T, Kurochkin IV, Mizuno Y, Schönbach C, Okazaki Y.  Tysnd1 deficiency in mice interferes with the peroxisomal location of PTS2 enzymes, causing lipid metabolic abnormalities and male infertility. PLoS genet. 9(2): e1003286. 2013. (doi: 10.1371/journal.pgen.1003286)

Miyazaki T, Mori M, Yoshida CA, Ito C, Yamatoya K, Moriishi T, Kawai Y, Komori H, Kawane T, Izumi S, Toshimori K, Komori T. Galnt3 deficiency disrupts acrosome formation and leads to oligoasthenoteratozoospermia. Histochem Cell Biol. 139(2): 339-354. 2013. (doi: 10.1007/s00418-012-1031-3)

(著書)

Ito C, Maekawa M, Toshimori K. Introduction of the department of reproductive biology and medicine. Chiba Medical Journal. 89(4): 137-142. 2013.

(受賞歴)

伊藤千鶴大和屋健二、吉田恵一、藤村理紗、幡野雅彦、宮戸健二、 年森清隆 高解像顕微鏡およびSTEDを用いた受精関連タンパク質Equatorinの解析  日本顕微鏡学会第69回学術講演会 優秀ポスター賞(医学・生物科学)受賞  ホテル阪急エキスポパーク(大阪府) 2013年5月21日

(シンポジウム、特別講演、教育講演)

Toshimori K. Visualization of spermatogenesis and sperm function. XXIII International Symposium on Morphological Sciences (ISMS) (Symposium) Toki Messe Niigata Convention Center. Niigata (Japan) 2013.9.11.

年森清隆  新しい検査法に基づく精子の機能診断法および選別保存法の開発と生殖医療応用 公益財団法人双葉電子記念財団 自然科学研究助成成果発表会および研究助成・奨学金贈呈式 (ポスター) ホテルスプリングス幕張(千葉県) 2013年7月5日

伊藤千鶴大和屋健二年森清隆  シンポジウム6 本当は怖い配偶子の老化-精子と卵子のアンチエイジング- 精子の老化について  第13回日本抗加齢医学会総会(依頼講演) パシフィコ横浜 会議センター503 第4会場(神奈川県) 2013年6月28日 (日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 : 334. 2013)

年森清隆  精子膜に起こる配偶子認識と融合に関する超微形態および分子レベルの解明 新学術領域研究 動植物に共通するアロ認証機構の解明 第7回領域会議  くにびきメッセ(島根県)2013年6月2日

年森清隆 新しい検査法に基づく精子の機能診断法および選別保存法の開発と生殖医療応用 なのはなコンペ2013表彰式 および なのはなコンペ昨年度受賞者成果発表会(講演)千葉大学けやき会館3Fレセプションホール(千葉県)2013年4月23日

(一般演題)

年森清隆伊藤千鶴 精子の核DNA断片化と頭部空胞を指標にした精子の質の評価 第58回日本生殖医学会 学術講演会・総会(口演)神戸国際会議場 神戸ポートピアホテル(兵庫県)2013年11月15日-16日 (日本生殖医学会雑誌 58(4): 295. 2013)

伊藤千鶴大和屋健二年森清隆 抗equatorin抗体を用いた精子の質の評価法の検討 第58回日本生殖医学会 学術講演会・総会(ポスター)神戸国際会議場 神戸ポートピアホテル(兵庫県)2013年11月15日-16日 (日本生殖医学会雑誌 58(4): 369. 2013)

大和屋健二伊藤千鶴年森清隆 精子先体赤道部タンパク質Equatorinの先体反応に伴う翻訳後修飾変化 第58回日本生殖医学会 学術講演会・総会(ポスター)神戸国際会議場 神戸ポートピアホテル(兵庫県)2013年11月15日-16日 (日本生殖医学会雑誌 58(4): 368. 2013)

水野由美、二宮裕一、仲地豊、伊関美緒子、岩佐泰靖、穐田真澄、津久井通、伊藤千鶴年森清隆、下澤伸行、西向めぐみ、原博、前場良太、岡崎具樹、洞井康、渡辺光博、茂木浩未、若菜茂晴、野田哲生、Kurochkin Igor V、水野洋介、Schenbach Christian、岡崎康司  Tysnd1欠損によるペルオキシソーム脂質代謝異常の病態と分子メカニズムの解析 第86回生化学会大会(ポスター)パシフィコ横浜(神奈川県)2013年9月12日 (日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2LBA-021. 2013)

前川眞見子大和屋健二陳城、野崎正美、伊藤千鶴年森清隆 マウス精巣および精子における basigin およびその結合分子の解析  日本アンドロロジー学会第32回学術大会ならびに総会 および第19回精子形成・精巣毒性研究会共同開催学会(口演) グランキューブ大阪(大阪国際会議場)(大阪府) 2013年7月26日

伊藤千鶴大和屋健二、吉田恵一、藤村理紗、幡野雅彦、宮戸健二、 年森清隆  21-LP01  高解像顕微鏡およびSTEDを用いた受精関連タンパク質Equatorinの解析  日本顕微鏡学会第69回学術講演会(ポスター) ホテル阪急エキスポパーク(大阪府) 2013年5月20日-22日

年森清隆伊藤千鶴大和屋健二陳城前川眞見子  EQT-EGFP transgenic mouse を用いた time laps imaging と微細構造の対比による先体膜タンパク質 equatorin の挙動解析  第118回日本解剖学会総会・全国学術集会(ポスター) サンポート高松・かがわ国際会議場(香川県) 2013年3月30日

伊藤千鶴大和屋健二陳城前川眞見子神村今日子武藤透年森清隆 抗equatorin 抗体はヒト先体マーカーとして有効である  第118回日本解剖学会総会・全国学術集会(ポスター) サンポート高松・かがわ国際会議場(香川県) 2013年3月30日

前川眞見子大和屋健二陳城、野崎正美、伊藤千鶴年森清隆 マウス精巣および精子における膜タンパク質ベイシジン分子の解析  第118回日本解剖学会総会・全国学術集会(ポスター) サンポート高松・かがわ国際会議場(香川県) 2013年3月30日

大和屋健二伊藤千鶴、大澤光次郎、陳城前川眞見子岩間厚志、幡野雅彦、年森清隆 精子先体赤道部は、先体反応の過程でIZUMO1 flip-flop によるN末端の露出の後、脆くなる  第118回日本解剖学会総会・全国学術集会(ポスター) サンポート高松・かがわ国際会議場(香川県) 2013年3月30日

 

2012年

(総説)

Sato Y, Gosho M, Toshimori K. Usefulness of statistics for establishing evidence-based reproductive medicine. Reprod Med Biol. 11(1): 49-58. 2012. (doi: 10.1007/s12522-011-0106-5) Review

(受賞歴)

年森清隆 なのはなコンペ2012 ベンチャー志向先端研究部門 なのはな賞(教員版)受賞 201249

年森清隆 なのはなコンペ2012 ベンチャー志向先端研究部門 双葉電子記念財団助成金 ちばぎんひまわり賞受賞 201249

(著書)

年森清隆伊藤千鶴  坂井建雄 カラーイラストで学ぶ 集中講義 解剖学 総ページ数:496ページ、2012年3月29日刊行 メジカルビュー社 東京

年森清隆、川内博人  第2版 人体の正常構造と機能. VI.生殖器. 坂井建雄、河原克雄編、総ページ数:88ページ、2012111日出版. 日本医事新報社. 東京.

年森清隆、川内博人  第2版 人体の正常構造と機能(縮刷版).VI.生殖器. 坂井建雄、河原克雄編、総ページ数:904ページ、2012111日出版. 日本医事新報社. 東京.

(シンポジウム、特別講演、教育講演)

Toshimori K, Ito C. Correlation between sperm head morphology and oocyte activation ability. The 63rd Congress of Korean Society for Reproductive Medicine (KSRM) 2012.  (Symposium)  Seoul Women's University. Seoul (Korea) 2012.12.1. 

Toshimori K, Yamatoya K, Ito C. Subcellular and molecular events during mouse acrosome reaction mediated by fertilization-related protein equatorin. International Symposium on the Mechanisms of Sexual Reproduction in Animal and Plants. Joint Meeting of the 2nd Allo-authentication Meeting and the 5th Egg-Coat Meeting(MCBEEC). (Symposium)  Hotel Nagoya Garden Palace. Nagoya (Japan)  2012.11.12-16.

年森清隆  精子膜に起こる配偶子認識と融合に関する超微形態および分子レベルの解明 新学術領域研究 動植物に共通するアロ認証機構の解明 第5回領域会議  下田東急ホテル(静岡県)2012年6月13日

年森清隆  生殖細胞の分化と受精/初期発生:制御機構と不妊症治療への応用研究 第88回千葉医学会学術大会(招待講演)千葉大学医学部附属病院 第一講堂(千葉県)2012年6月12日

年森清隆 S-4 バイオイメージングにより明らかにされた動・植物の有性生殖メカニズム Fertilization in vivo revealed by live imaging and electron microscopy. 日本顕微鏡学会 第68回学術講演会(シンポジウム)つくば国際会議場(茨城県)2012年5月14日

Ito C, Yamatoya K, Toshimori K. Unique integration of fertilization-related protein Equatorin (EQT) into the acrosomal membrane during spermatogenesis.  117回日本解剖学会総会・全国学術集会 (Symposium) 山梨大学甲府キャンパス、ベルクラシック甲府(山梨県) 2012年3月28日

年森清隆 、大和屋健二伊藤千鶴 精子膜タンパク質 Equatorin/EQT からみた配偶子認識機構 新学術領域研究 動植物に共通するアロ認証機構の解明 第4回領域会議  筑波大学(茨城県) 2012年1月11日

(一般演題)

Mizuno Y, Ninomiya Y, Iseki M, Iwasa H, Nakachi Y, Akita M, Tsukui T, Shimozawa N, Ito C, Toshimori K, Nishimukai M, Hara H, Maeba R, Okazaki T, Ali Alodaib AN, Al Amoudi M, Jacob M, Alkuraya FS, Horai Y, Watanabe M, Motegi H, Wakana S, Noda T, Kurochkin IV, Mizuno Y, Shconbach, Okazaki Y.  The pathogenic mechanism of abnormal peroxisome lipid metabolism in Tysnd1 deficient mice. The 35th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan.  福岡国際会議場・マリンメッセ福岡(福岡県)2012年12月11−14日

Ito C, Yamatoya K, Toshimori K. Equatorin (EQT) as a human sperm acrosome biomarker for the fertilization process. International Symposium on the Mechanisms of Sexual Reproduction in Animal and Plants. Joint Meeting of the 2nd Allo-authentication Meeting and the 5th Egg-Coat Meeting(MCBEEC). (Poster)  Hotel Nagoya Garden Palace. Nagoya (Japan)  2012.11.12-16.

Yamatoya K, Ito C, Osawa M, Chen C, Maekawa M, Iwama A, Hatano M, Toshimori K. Categorization of acrosome reaction and isolation of those sperm for biochemical analyses. International Symposium on the Mechanisms of Sexual Reproduction in Animal and Plants. Joint Meeting of the 2nd Allo-authentication Meeting and the 5th Egg-Coat Meeting(MCBEEC). (Poster)  Hotel Nagoya Garden Palace. Nagoya (Japan)  2012.11.12-16.

伊藤千鶴大和屋健二、兼子 智、年森清隆  抗perinuclear theca MN13抗体を使った新しい精子評価法 第57回日本生殖医学会総会・学術講演会(口演)長崎ブリックホール、長崎新聞文化ホール(長崎県)2012年11月9日 (日本生殖医学会雑誌 57(4): 327. 2012)

大和屋健二伊藤千鶴年森清隆  先体反応過程における精子膜と先体膜タンパク質の変化 第57回日本生殖医学会総会・学術講演会(ポスター)長崎ブリックホール、長崎新聞文化ホール(長崎県)2012年11月8日 (日本生殖医学会雑誌 57(4): 428. 2012)

伊藤千鶴大和屋健二陳城前川眞見子年森清隆 B-1 Live cell/ molecular imaging   先体膜タンパク質Equatorin を指標したマウス先体形成の解析 Acrosomal biogenesis by tracking acrosomal membrane protein Equatorin in mice. 日本顕微鏡学会 第68回学術講演会(口演)つくば国際会議場(茨城県)2012年5月14日

大和屋健二伊藤千鶴陳城前川眞見子年森清隆  初期の先体反応における精子の形態とタンパク質の解析 Analyses of morphology and proteins of sperm in early stage acrosome reaction.  日本顕微鏡学会 第68回学術講演会(ポスター)つくば国際会議場(茨城県)2012年5月14日

前川眞見子陳城大和屋健二伊藤千鶴年森清隆  マウス精巣および精子におけるベイシジン分子の解析 Analysis of basigin in the testis and sperm in the mouse.  日本顕微鏡学会 第68回学術講演会(ポスター)つくば国際会議場(茨城県)2012年5月14日

Toshimori K, Ito C, Yamatoya K, Maekawa M, Toyama Y. Fertilization analyzed by live imaging in the mouse. 117回日本解剖学会総会・全国学術集会 (講演) 山梨大学甲府キャンパス、ベルクラシック甲府(山梨県) 2012年3月26日

Yamatoya K, Ito C, Cheng C, Maekawa M, Toyama Y, Toshimori K. Separatration of early stage acrosome reacted sperm and analysis of the proteins. 117回日本解剖学会総会・全国学術集会 (ポスター) 山梨大学甲府キャンパス、ベルクラシック甲府(山梨県) 2012年3月28日

前川眞見子大和屋健二陳城伊藤千鶴外山芳郎年森清隆. マウス精巣および精子におけるモノカルボン酸トランスポーターの局在  117回日本解剖学会総会・全国学術集会 (ポスター) 山梨大学甲府キャンパス、ベルクラシック甲府(山梨県) 2012年3月28日

片桐洋子、佐藤伴、大和屋健二、井上菜穂子、伊藤千鶴年森清隆 GalNAcbeta 1,3-linked paragloboside carries the epitope of a sperm maturation-related glycoprotein that is recognized by the monoclonal antibody MC121. 新学術領域研究 動植物に共通するアロ認証機構の解明 第4回領域会議(ポスター) 筑波大学総合研究棟A(茨城県)2012年1月11日

 

2011年以前の業績