千葉大学大学院医学研究院 眼科学
HOME 診療案内(患者さま向け) 教室・研究について 入局・研修について 入局・研修について

HOME > 診療案内(患者さま向け)> 眼疾患の治療 > 加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症
 加齢黄斑変性は高齢化社会の進行に伴い、患者さんが急増している病気です。加齢(老化)により黄斑部に出血や水がたまり、視力が低下する進行性の病気です。

黄斑とは?
加齢黄斑変性とは?
黄斑変性の原因は?
黄斑変性の診断は?
黄斑変性の治療は?
黄斑変性の予防は?

黄斑とは?

 眼底の光を感じる網膜の中心の、もっとも鋭敏な場所が黄斑です。視野の中心であり、物をよく見るときに使います。黄斑に異常が生じるとそれがわずかなものでも、視力を低下させ、しばしば回復が困難となります。
ページ先頭へ戻る

加齢黄斑変性とは?

 加齢現象により黄斑部の細胞の働きが悪くなると、酸素や栄養分の供給が低下し、老廃物が蓄積されてきます。この状態がさらに進行すると、黄斑部に異常な血管(新生血管)が生じ、出血や網膜剥離を起こします。自覚症状としては、視力低下、物が歪んで見える、見たい所が見えない(中心暗点)などがあります。
 加齢黄斑変性は欧米の失明原因の第一位を占める疾患で、現在わが国の失明原因の4位に挙げられます。わが国の50才以上の1.1%が加齢黄斑変性を有しており、約70万人の方が加齢黄斑変性であると推測されます。(ちなみに千葉県内では約1万数千人と予想)来る超高齢化社会では今以上に患者数が増加することが予想されます。
正常の黄斑断面 加齢黄斑変性の黄斑断面
ページ先頭へ戻る

黄斑変性の原因は?

 もっとも確実な原因は、加齢(老化)、喫煙、遺伝の3つですが、そのほかにも肥満や、紫外線なども考えられています。現在、黄斑変性の遺伝子研究を米国のコロンビア大学と共同で進めており、採血にご協力をお願いすることがあります。
ページ先頭へ戻る

黄斑変性の診断は?

 新生血管が生じると、出血や網膜剥離により視力が著しく低下しますので、新生血管の特定が重要となります。このため、腕の静脈から造影剤を注射して眼底の写真をとる蛍光眼底撮影検査を行い、新生血管の状態を調べます。また最新鋭の光干渉断層計(OCT)を用いて、黄斑部の断面像を簡単かつ正確に捉え診断の補助としています。
ページ先頭へ戻る

黄斑変性の治療は?

 現在飲み薬や目薬だけで変性を治し視力を回復させる方法はありません。新生血管が生じた場合、当院では、次に挙げるような最新の治療法を治療を受けることが可能です。加齢黄斑変性と一言で言っても病気のタイプによって同じ治療法でも効果はさまざまです。したがって当院では、精密検査によって加齢黄斑変性のタイプを見極め、各治療単独、もしくはいくつかの治療を併用するなど、病状に応じた戦略を立てています。

1.抗VEGF阻害剤硝子体注入
 加齢黄斑変性において新生血管の発生には眼内で産生されるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)というたんぱく質が関与していると考えられています。そのVEGFを阻害する薬剤を眼球内に注射することで加齢黄斑変性を治療する最新の治療です。当院で使用可能な抗VEGF阻害剤剤はルセンティス®とマクジェン®での2種類があり、病状により使い分けを行っています。
 治療時間は5-10分程度です。原則日帰りでの治療を行っています。ルセンティス®では、導入期治療として、毎月1回3ヶ月間の連続投与を行います。4ヶ月目からは維持期に入り、病状の悪化が見られたらその都度追加治療を行うという治療になります。当院におけるルセンティス®治療成績は30%の方が視力改善、50-60%の方が視力維持、10-20%の方が視力低下という結果を得ています。最新の治療をもってしても病気の進行を止めることが出来ない方もおられます。病気のタイプにより治療成績は異なりますので担当医に良く御相談ください。

2.光線力学療法(PDT)
 日本では2004年の認可以来、加齢黄斑変性治療の中心的役割を果たしてきました。腕の静脈から特殊な薬剤(光感受性物質)を注射するとこれが新生血管に集まり、そこに専用の弱いレーザー光線を当てることにより、主に新生血管を閉塞させる治療法です。1回の治療では効果が弱く、治療を複数回反復する必要があります。光感受性物質による光線過敏症という合併症を予防するために、5日程度日光やハロゲンランプの光を避ける必要があります。2010年7月までは、初回治療は入院が義務付けられておりましたが、8月以降、初回治療の方でも日帰り治療を受けることが可能となりました。

3.光線力学的療法と抗VEGF阻害剤の併用治療
 加齢黄斑変性のタイプによっては、ルセンティスやマクジェンといった抗VEGF阻害剤の単独治療では十分な治療効果を得られないことが、当院の研究結果で明らかとなりました。したがって、そのような加齢黄斑変性のタイプの方に対しては、光線力学的療法と抗VEGF阻害剤の併用療法をお勧めしております。通常1回目の抗VEGF阻害剤の注射後数日以内に光線力学的療法を行っています。2回目・3回目の治療は単独治療と同じです。全て日帰りで治療を受けることが出来ます。

なお、上記の最新治療法をもってしても、病気以前の状態に見え方を完全に改善することはできません。
ページ先頭へ戻る

黄斑変性の予防は?

 ビタミンC・Eやルテインなどのサプリメントの長期的な摂取により、新生血管の発生が少なくなることが報告されています。「オキュバイト」には必要量が含まれており、処方箋は不要で、薬局で購入できます。日本人では両眼に発症することは少ないのですが、片目に黄斑変性が生じた場合や初期の変化が生じた場合、少しでも進行を遅らせるためにサプリメントの摂取をお勧めします。また、喫煙中の方は禁煙することをおすすめいたします。

 加齢黄斑変性は、現在のところ完全に治すことは困難ですが、治療法の発展により視力を改善・維持することができるようになってきております。患者さんそれぞれの病状に合わせて各専門医が適切な治療法を選択しています。また更なる新しい治療法も次々と開発されており、当科ではそれらの治療法を積極的に導入しています。

ページ先頭へ戻る
診療案内(患者さま向け) 教室・研究について 入局・研修について 交通のご案内 お問い合わせ リンク English HOME
Copyright © 千葉大学大学院医学研究院 眼科学. All Rights Reserved.