千葉大学大学院医学研究院 眼科学
HOME 診療案内(患者さま向け) 教室・研究について 入局・研修について 入局・研修について

HOME > 診療案内(患者さま向け)> 眼疾患の治療

眼疾患の治療
主な対象疾患 診療内容
網膜硝子体手術 網膜硝子体手術は、当科が最も力を入れている分野であり低侵襲な小切開硝子体手術を行っています。重症の糖尿病網膜症、網膜剥離、増殖硝子体網膜症に対する手術のほか、黄斑前膜や黄斑円孔に対する手術も多数例手がけています。
加齢黄斑変性 抗VEGF治療、光線力学療法、ステロイド局所注射など、患者さんごとに最適な治療法を選択し、長期にわたる視力の維持に努めています。血管新生を抑える新しい薬剤の臨床試験も行っています。
糖尿病網膜症 “糖尿病による失明ゼロ!”を目標に、内科主治医との綿密な連携の下、最適な時期に網膜光凝固を行っています。重症の網膜症に対する手術の他、黄斑浮腫に対する光凝固、硝子体手術も積極的に行っています。
緑内障 なるべく少ない目薬で視野の進行を抑制できるように努めています。また点眼では眼圧コントロールが不十分な場合には、積極的に手術も行っています。
白内障手術 最新の手術機械を使用し、基本的に2泊3日の入院で行っていますが、日帰り手術も可能です。
網膜色素変性症 いまだに治療困難な病気ですが、多くの臨床試験に取り組んでいます。また、患者さんの病態を正確に把握し、予後や生活について適切なアドバイスに努めています。またロービジョン外来で残された視機能が有効に使えるようお手伝いをしています。
ぶどう膜炎 サルコイドーシス、ベーチェット病、原田病の他、原因不明のぶどう膜炎に対しても、入念な検査により原因究明に努めるとともに、薬物や手術による治療を時期を逃さず行っています。
角膜疾患 千葉県アイバンクと密接な協力関係にあり、角膜移植に積極的に取り組んでいます。
ページ先頭へ戻る
診療案内(患者さま向け) 教室・研究について 入局・研修について 交通のご案内 お問い合わせ リンク English HOME
Copyright © 千葉大学大学院医学研究院 眼科学. All Rights Reserved.