千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
教室業績 2000年業績
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

2000年業績

英文論文、英文単行書

1.

Ito K, Karasawa M, Kawano T, Akasaka T, Koseki H, Akutsu Y, Kondo E, Sekiya S, Sekikawa K, Harada M, Yamashita M, Nakayama T, Taniguchi M. Involvement of decidual Valpha14 NKT cells in abortion. Proc Natl Acad Sci USA 2000 ; 97 : 740-744.

2.

Usui H, Nishiyama M, Moroi K, Shibasaki T, Zhou J, Ishida J, Fukamizu A, Haga T, Sekiya S, Kimura S. RGS domain in the amino-terminus of G protein-coupled receptor kinase 2 inhibits Gq-mediated signaling. Int J Mol Med. 2000 ; 5 : 335-340.

3.

Sugita M, Tanaka N, Davidson S, Sekiya S, Varella-Garcia M, West J, Drabkin HA, Gemmill RM. Molecular definition of a small amplification domain within 3q26 in tumors of cervix, ovary, and lung. Cancer Genet Cytogenet. 2000 ; 117 : 9-18.

4.

Matsui H, Sekiya S, Hando T, Wake N, Tomoda Y. Hydatidiform mole coexistent with a twin live fetus: a national collaborative study in Japan. Hum Reprod. 2000 ; 15 : 608-611.

5.

Yamazawa K, Matsui H, Seki K, Mitsuhashi A, Kawamata Y, Shirasawa H, Sekiya S. Human papillomavirus-positive well-differentiated villoglandularaenocarcinoma of the uterine cervix: a case report and review of literature. Gynecol Oncol 2000; 77: 473 - 477.

6.

Sekimoto H, Osada H, Kimura H, Kamiyama M, Arai K, Sekiya S. Prenatal findings in Brachmann-de Lange syndrome. Arch Gynecol Obstet. 2000 ; 263 : 182-184.

7.

Matsui H, Suzuka K, Iitsuka Y, Seki K, Sekiya S. Combination chemotherapy with methotrexate, etoposide, and actinomycin D for high-risk gestational trophoblastic tumors. Gynecol Oncol. 2000 ; 78 : 28-31.

8.

Matsumoto K, Yoshikawa H, Nakagawa S, Tang X, Yasugi T, Kawana K, Sekiya S, Hirai Y, Kukimoto I, Kanda T, Taketani Y. Enhanced oncogenicity of human papillomavirus type 16 (HPV16) variants in Japanese population. Cancer Lett. 2000 ; 156 : 159-165.

9.

Yamazawa K, Seki K, Matsui H, Kihara M, Sekiya S. Prognostic factors in young women with endometrial carcinoma: a report of 20 cases and review of literature. Int J Gynecol Cancer 2000 ; 10 : 212-222.

10.

Mitsuhashi A, Sekiya S. Loop electrosurgical excision procedure (LEEP) during first trimester of pregnancy. Int J Gynaecol Obstet. 2000 ; 71: 237-239.

11.

Kane JK, Tanaka H, Parker SL, Yanagisawa M, Li MD. Sensitivity of orexin-A binding to phospholipase C inhibitors, neuropeptide Y, and secretin. Biochem Biophys Res Commun. 2000 ; 272 : 959-965.

12.

Shimizu H, Kang M, Iitsuka Y, Ichinose M, Tokuhisa T, Hatano M. Identification of an optimal Ncx binding sequence required for transcriptional activation. FEBS Lett. 2000 ; 475 : 170-174.

13.

Matui H. Comment on "complete hydatidiform mole and a coexistent viable fetus" Gynecol Oncol 2000 ; 79 : 524


和文論文

1.

平敷好一郎, 松井英雄, 鈴鹿清美, 関谷宗英
当科における子宮肉腫の治療法と予後について
産婦人科の実際 2000;49:129-133

2.

松井英雄, 関谷宗英
絨毛性疾患(胞状奇胎、侵入奇胎、絨毛癌)のフォローアップ
産婦人科の実際 2000;49:1623-1629

3.

楯真一, 岩崎秀昭, 松井英雄, 平井康夫, 関谷宗英
Paclitaxel-Carboplatin併用療法の神経毒性の検討
癌と化学療法 2000;27:2087-2095

4.

田中尚武, 平井康夫, 竹島信宏, 楯真一, 岡野滋郎, 南敦子, 都竹正文,
山内一弘, 関谷宗英, 荷見勝彦

子宮外原発悪性腫瘍に対する子宮内膜吸引細胞診の検討
日本臨床細胞学会雑誌 2000;39:131-136

5.

関克義, 伊藤桂, 関谷宗英
黄体期のhCG投与の注意点は
臨床婦人科産科 2000; 54:153-155

6.

関克義, 長田久夫, 関谷宗英
妊娠初期のhCG大量投与は
臨床婦人科産科 2000; 54:156-157

7.

小幡新太郎, 長田久夫, 飯塚美徳, 関克義, 関谷宗英
周産期心筋症 -自験2症例を含めた報告例の検討.
日産婦関東連合会報 2000;37:13-18

8.

関克義, 関谷宗英
妊娠とトキソプラズマ感染症
日産婦関東連合会報 2000;37:447-456

9.

長田久夫
先天性胸部疾患の出生前MRI
小児外科 2000;32:90-95

10.

長田久夫, 関克義, 関谷宗英
母児血中微量ミネラル元素 -妊娠末期胎盤のその移行における役割-.
産婦人科の世界 2000;52:835-39

11.

海野洋一, 江口修, 上杉健哲, 石井譲
抗リン脂質抗体陽性であった妊娠中毒症5例についての検討
日本妊娠中毒症学会誌 2000;8 :145-146


和文単行書

1.

清水久美子, 矢野明彦, 関谷宗英.トキソプラズマ.図説産婦人科VIEW38 母子感染-適切な診断と治療法(荻田幸雄、今中基晴編).メジカルビュー社(東京):2000:122-129

2.

関谷宗英, 岩崎秀昭.女性生殖器腫瘍の診断と治療.パピローマウィルスによる腫瘍-基礎から臨床へのアプローチー(清水文七編).文光堂(東京):2000:154-178

3.

関谷宗英.婦人科感染症.標準感染症学(斎藤 厚、那須 勝、江崎孝行編).医学書院(東京):2000:312-317

4.

関谷宗英, 松井英雄.胞状奇胎の化学療法.新女性医学大系37 絨毛性疾患(半藤 保編).中山書店(東京):2000:235-241

5.

関谷宗英.微小管重合剤.新女性医学大系7 産婦人科薬物療法(玉舎輝彦編).中山書店(東京):2000:311-315

6.

関谷宗英, 松井英雄.絨毛性疾患に対する化学療法 絨毛癌.新女性医学大系44 婦人科悪性腫瘍の薬物 放射線療法(篠塚孝男編).中山書店(東京):2000:258-266

7.

松井英雄.胎児共存奇胎の取り扱い法 新女性医学大系37 絨毛性疾患(半藤保編).中山書店(東京):2000:226-234

8.

山澤功二, 関谷宗英. 子宮内膜組織診. 産婦人科研修医ノート D検査(三橋直樹). 診断と治療社(東京):2000:81-83


前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ