千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
教室業績 2004年業績
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

2004年業績
英文論文、英文単行書

1.

Seki K, Matsui H, Sekiya S.
Advances in the clinical laboratory detection of gestational trophoblastic disease. Clinica Chimica Acta 349: 1-13, 2004

2.

Matsui H, Iitsuka Y, Suzuka K, Yamazawa K, Tanaka N, Mitsuhashi A, Sekiya S.
Early pregnancy outcomes after chemotherapy for gestational trophoblastic tumor.
J Reprod Med 49: 531-534, 2004

3.

Matsui H, Iitsuka Y, Suzuka K, Yamazawa K, Mitsuhashi A, Sekiya S. Salvage chemotherapy for high-risk gestational trophoblastic tumor.
J Reprod Med 49: 438-442, 2004

4.

Osada H, Kaku K, Masuda K, Iitsuka Y, Seki K, Sekiya S.
Quantitative and qualitative evaluations of fetal lung with MR imaging. Radiology 231: 887-92, 2004

5.

Osada H, Masuda K, Seki K, Sekiya S.
Multi-minicore disease with susceptibility to malignant hyperthermia in pregnancy. Gynecol Obstet Invest 58: 32-35, 2004

6.

Yamazawa K, Matsui H, Sekiya S.
Antipsychotic drugs and endometrial cancer.
Menopause Digest 16: 116-123, 2004

7.

Mitsuhashi A, Yamazawa K, Nagai Y, Tanaka N, Matsui H, Sekiya S.
Correlation between MUC5AC expression and the prognosis of patients with adenocarcinoma of the uterine cervix.
Ann Surg Oncol 11: 40-4, 2004

8.

Tate S, Yamazawa K, Sekiya S.
Endometrial cancer within tamoxifen-related polyps in patients with breast cancer. Acta Obstet Gynecol Scand 83: 769-70, 2004

9.

Hachisuga T, Saito T, Kigawa J, Ohwada M, Yamazawa K, Yasue A, Iwasaka T, Sugiyama T, Kita T, Nagai N.
Clinicopathologic study of 56 patients with endometrial cancer during or after adjuvant tamoxifen use for their breast cancers.
Gynecol Oncol 95: 139-44, 2004

10.

Horiuchi F, Nagai Y, Kawamura A, Nikaido T, Mitsuhashi A, Tanaka N, Suzuka K, Ishikura H.
Cytologic features of functioning stromal cells in a yolk sac tumor of the ovary. A case report.
Acta Cytol 48: 83-6, 2004


和文論文

1.

長田久夫
胎児画像診断の進歩:緊急事態をどこまで把握可能か?
小児外科 36:291-297, 2004

2.

長田久夫
帝王切開瘢痕部妊娠 最近注目されている妊娠異常その1.
千葉県医師会雑誌 56:230, 2004

3.

長田久夫
静脈血栓塞栓症 最近注目されている妊娠異常その2.
千葉県医師会雑誌 56:537-538, 2004

4.

山澤功二, 若林真紀, 加来博史, 宮沢幸正, 鈴木正人, 関谷宗英
タモキシフェンは日本人乳癌患者においても子宮体癌のリスク因子となるか
産婦人科の実際 53:919-924, 2004

5.

楯真一, 平井康夫, 岩崎秀昭, 松井英雄, 関谷宗英, 荷見勝彦
アンケート調査によるWeekly TP(Weekly Paclitaxel+Consecutive Low-Dose CDDP)療法における神経毒性の検討
癌と化学療法31:67-73, 2004

6.

楯真一
下平式円錐切除器を用いた処女膜閉鎖に対する外科的治療
産科と婦人科 71:1914-1916, 2004

7.

尾本暁子, 喜田善和, 長谷川久弥, 坂井美穂, 吉田和司, 佐藤裕美子, 根来彩子
気管支軟化症を合併した胸壁過誤腫(Mesenchymal Hamartoma of chest wall)の新生児例
日本周産期 ・新生児学会雑誌 40:563-567, 2004

8.

尾本暁子, 長谷川久弥
当科における32週以前の出生児の前期破水と予後
産婦人科の実際 53:1945-1950, 2004

9.

鶴岡信栄, 徳久剛史
抗体遺伝子Sμ領域の体細胞突然変異導入におけるBcl6の 制御機能
Molecular Medicine 41臨増:278-285, 2004


前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ