千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
教室業績 2005年業績
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

2005年業績
平成17年度 業績

序文

 平成17年は、3月の関谷宗英教授退官、12月の生水真紀夫着任と世代交代の年でありました。この業績が示していますように、教授不在の期間にも、教室は遅滞することなく継続して研究・診療をすすめ成果を遂げてきました。これは、教室員ひとりひとりの努力と松井英雄講師の指導力とによるものであります。深謝致します。
「少産少子」「後継者不足」「労働条件の悪化」など産婦人科にとっては、厳しい冬の時代となっています。加えて「卒後研修制度」の導入は、状況を一気に悪化させる契機とりました。それまで医療資源(新人医師)を育成しその投入先を調整する中で、かろうじて地域医療とのバランスを保ってきた大学医局の体力を一気に奪い取ってしまいました。研修医に対し良質の研修プログラムを提供することが義務となり、研修の質と量すなわち、適切な指導医と豊富な症例を研修期間内に確保する必要が生じました。地域医療を優先しようとすると、研修内容にしわ寄せがくるわけで、研修と地域医療とが相反することが明瞭になってしまったのだと思います。
国も産科医師不足を喫緊の問題と捕らえるようになりました。いくつもの少子化対策が始まっています。最近では、診療報酬の増額、医療資源(医師)の集約化と重点化(一般産科を扱う連携病院とここからの紹介患者うけとる連携強化病院とに機能分化させ、連携強化病院に医師を厚く配置するという考えかた)、地域医療への貢献協力を公立病院などに義務づけるなど様々な方策が矢継ぎ早に打ち出されてきています。しかし、これらの方策の多くは姑息的なもので、後継者の増加や労働環境の改善に向けての根本的な対策はこれからです。
千葉大学産婦人科としては、関連病院と連携した形での後期研修システムを構築し本年度から運用を始めました。1年ごとに研修効果の評価を行い、これに基づいてその後の研修先とその内容を調整しながら研修を進めることにしました。これにより、どの研修医にも一定の研修内容を担保することができます。今後、実際に研修を受ける後期研修医の意見も取り入れながらよりよいシステムに仕上げていくつもりです。研修医に評価されるシステムにすることが重要です。
半数以上の研修医が大学病院以外での前期研修を選択する時代になりました。一般病院の中には、従来から立派な臨床研修システムを実施してきた病院も多く、一般的な疾患や正常分娩が多く経験できるなどのメリットもあります。このような状況のなかで大学としては、生き残りをかけて「研究」と「高度先進医療」の2点に特化していくことになります。臨床の教室ですから、基礎研究の成果をなるべく早く臨床応用に結びつけるための研究(トランスレーショナルリサーチ)が中心となります。胎児治療のほかトラケレクトミーなど先進的な手術にも挑戦したいと考えています。
平成18年は、変革の年になります。教室の皆さんには2つの点をお願いしておきます。第一に、教室の臨床と研究はすべてグループ(チーム)単位で担当します。各グループ(周産期、腫瘍、不妊生殖内分泌)ごとに共同して研究・臨床をすすめます。研究グループで目標・ノウハウ・成果を共有しながら、次の世代を育成し息の長い研究を継続できるようにしてください。第二は、グループ全体で大きな研究目標を設定してください。この目標は、できる限り高い目標にしてください。世界的なレベルの雑誌に投稿しようとすると、実験デザインもアイデアも洗練されかつオリジナリティのあるものになるはずです。「鉄銅実験」や「塩かけ実験」になることはありません。
改革の成果が目に見えるようなるには数年はかかると思います。同門の皆様には少し気を長くして教室の発展をお見守り下さいますようお願い申し上げます。
平成18年2月1日
生水真紀夫
原著

1.

Segawa T, Shozu M, Murakami K, Kasai T, Shinohara K, Nomura K, Ohno S, Inoue M.
Aromatase expression in stromal cells of endometrioid endometrial cancer correlates with poor survival.
Clin Cancer Res. 2005; 11:2188-94.

2.

Matsuki S, Ozaki E, Shozu M, Inoue M, Shimizu S, Yamaguchi N, Karasawa T, Yamagishi T, Nakamura S.
Colonization by Clostridium difficile of neonates in a hospital, and infants and children in three day-care facilities of Kanazawa, Japan.
Int Microbiol. 2005;8:43-8.

3.

Shozu M,  Minami N, Yokoyama H,  Inoue M,  Kurihara H, Matsushima K, Kuno K.
ADAMTS-1 is involved in follicular development, ovulatory process and organization of the medullary vascular network in the ovary.
J Mol Endocrinol 2005; 35:343-355.

4.

Kubota H, Suzuki T, Lu J, Takahashi S, Sugita K, Sekiya S, Suzuki N.
Increased expression of GRP94 protein is associated with decreased sensitivity to X-rays in cervical cancer cell lines.
Int J Radiat Biol. 2005;81(9):701-9.

5.

Matsui H, Suzuka K, Yamazawa K, Tanaka N, Mitsuhashi A, Seki K, Sekiya S.
Relapse rate of patients with low-risk gestational trophoblastic tumor initially treated with single-agent chemotherapy.
Gynecol Oncol. 2005;96(3):616-20.

6.

Matsui H, Suzuka K, Yamazawa K, Tanaka N, Mitsuhashi A, Seki K, Sekiya S.
Relapse rate of patients with low-risk gestational trophoblastic tumor initially treated with single-agent chemotherapy.
Obstet Gynecol Surv
2005; 60, 440-441.

7.

Unno Y, Shino Y, Kondo F, Igarashi N, Wang G, Shimura R, Yamaguchi T, Asano T, Saisho H, Sekiya S, Shirasawa H.
Oncolytic viral therapy for cervical and ovarian cancer cells by Sindbis virus AR339 strain.
Clin Cancer Res. 2005; 11(12):4553-60.

8.

Uno T, Ito H, Isobe K, Kaneyasu Y, Tanaka N, Mitsuhashi A, Suzuka K, Yamazawa K, Shigematsu N, Itami J.
Postoperative pelvic radiotherapy for cervical cancer patients with positive parametrial invasion.
Gynecol Oncol. 2005;96(2):335-40.

9.

Mitsuhashi A, Suzuka K, Yamazawa K, Matsui H, Seki K, Sekiya S.
Serum vascular endothelial growth factor (VEGF) and VEGF-C levels as tumor markers in patients with cervical carcinoma.
Cancer. 2005; 103(4):724-30.

10.

Mitsuhashi A, Uno T, Tanaka N, Suzuka K, Tate S, Yamazawa K, Matsui H, Yamamoto S, Ito H, Sekiya S.
Phase I study of daily cisplatin and concurrent radiotherapy in patients with cervical carcinoma.
Gynecol Oncol. 2005;96(1):194-7.

11.

Tate S, Hirai Y, Takeshima N, Hasumi K.
CA125 regression during neoadjuvant chemotherapy as an independent prognostic factor for survival in patients with advanced ovarian serous adenocarcinoma.
Gynecol Oncol 96,143-149,2005.

12.

Hirashiki K, Kishimoto T, Ishiguro H, Nagai Y, Furuya M, Sekiya S, Ishikura H.
Regulatory role of CCAAT/enhancer binding protein-beta in the production of plasma proteins in yolk sac tumor.
Exp Mol Pathol. 2005;78(3):247-56.

13.

Tanaka M, Kihara M, Hennebold JD, Eppig JJ, Viveiros MM, Emery BR, Carrell DT, Kirkman NJ, Meczekalski B, Zhou J, Bondy CA, Becker M, Schultz RM, Misteli T, De La Fuente R, King GJ, Adashi EY.
H1FOO is coupled to the initiation of oocytic growth.
Biol Reprod. 2005 ;72(1):135-42.

14.

Gao S, Han Z, Kihara M, Adashi E, Latham KE.
Related Articles, Links Protease inhibitor MG132 in cloning: no end to the nightmare.
Trends Biotechnol. 2005 ;23(2):66-8.

15.

Fukata H, Omori M, Osada H, Todaka E, Mori C.
Necessity to measure PCBs and organochlorine pesticide concentrations in human umbilical cords for fetal exposure assessment.
Environ Health Perspect 2005; 113: 297-303.

16.

Todaka E, Sakurai K, Fukata H, Miyagawa H, Uzuki M, Omori M, Osada H, Ikezuki Y, Tsutsumi O, Iguchi T, Mori C.
Fetal exposure to phytoestrogens - the difference of phytoestrogen status in mother and fetus.
Environmental Research 99:195-203, 2005

17.

Becker M, Becker A, Miyara F, Han Z, Kihara M, Brown DT, Hager GL, Latham K, Adashi EY, Misteli T.
Differential in vivo binding dynamics of somatic and oocyte-specific linker histones in oocytes and during ES cell nuclear transfer.
Mol Biol Cell. 2005; 16(8):3887-95.

18.

Zheng P, Patel B, McMenamin M, Moran E, Paprocki AM, Kihara M, Schramm RD, Latham KE.
Effects of follicle size and oocyte maturation conditions on maternal messenger RNA regulation and gene expression in rhesus monkey oocytes and embryos.
Biol Reprod. 2005;72(4):890-7.

19.

Yamazawa K, Hirashiki K, Usui H, Mitsuhashi A, Matsui H, Sekiya S. Discordance between serum level and tissue immunohistochemical staining of CA125 in endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus.
Int J Gynecol Pathol 2005; 24, 254-259.

20.

Kihara M, Matsui H, Seki K, Nagai Y, Wake N, Sekiya S.
Genetic origin and imprinting in hydatidiform moles: comparison between DNA polymorphism analysis and immunoreactivity of p57KIP2.
J Reprod Med
2005; 50, 307-312.

21.

Sugita T, Seki K, Nagai Y, Saeki N, Yamaura A, Ohigashi S, Iwata A, Tatsuno I, Sekiya S.
Successful pregnancy and delivery after removal of gonadotrope adenoma secreting follicle-stimulating hormone in a 29-year-old amenorrheic woman.
Gynecol Obstet Invest. 2005;59(3):138-43.

22.

Osada H, Sakamoto R, Seki K, Sekiya S.
Accelerated bone turnover in pregnant women with McCune-Albright syndrome.
Gynecol Obstet Invest. 2005;60(2):102-7.


症例・総説・その他

1.

生水真紀夫
遺伝性アロマターゼ発現異常症
埼玉医科大学雑誌 2005; 32(2):59-63.

2.

生水真紀夫
【安全な婦人科手術をめざして】 付属器の手術 付属器摘出・卵巣嚢腫摘出術
臨床婦人科産科 2005; 59(5):729-735.

3.

生水真紀夫
産婦人科手術 温存手術 卵巣嚢胞摘出術
日本産科婦人科学会雑誌 2005; 57(9) N428-N431.

4.

生水真紀夫
子宮筋腫におけるアロマターゼ発現とその意義
十全医学会雑誌 2005;113, 88-92.


単行本

1.

増田健太郎 長田久夫 宮内 修

JRa不適合妊娠
EBM施行輸血検査 ・治療 医歯薬出版 2005


平成17年度研究助成

1.

平成17年度科学研究費 基盤研究A
エストロゲン合成酵素を分子標的とする内分泌療法の女性疾患への応用研究
生水真紀夫

2.

平成17年度科学研究費 基盤研究B
女性ホルモン依存性がんに対するナノテクノロジー技術を用いた新しいDDSの開発
生水真紀夫

3.

重粒子線治療婦人科腫瘍臨床研究班 臨床試験研究費
三橋 暁


前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ