千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
教室業績 2014年業績
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

2014年 業績

巻頭言

 2015年は、日本人2名がノーベル賞を受賞しました。物理学賞の梶田隆章氏と生理学・医学賞の大村智氏です。2014年の巻頭言の際に、日本人3名の受賞の話を書きました。日本がノーベル賞の常連になったという報道すらみられるようになりました。ノーベル賞にまで数値目標を掲げた政府に批判の向きもありましたが、いまはその数値目標のペースで増えているようです。

 今年受賞のお二人の業績をみていていくつか気付くことがあります。ひとつ目は、研究に使われた費用です。梶田氏の研究には、国からの莫大な予算が使われました。「スーパーカミオカンデによるニュートリノ研究」は、かつて「事業仕分け」で予算縮減の候補となりました。物理学研究には、費用のかさむものがあるのは確実です。梶田氏の師匠にあたる小柴昌俊氏の研究にも多額な研究費が使われています。自然科学研究の価値、とりわけ基礎科学の成果を専門家でない人間が判断するのは、難しい。まして、投資額の大きさに引っ張られると、否定的になってしまうのだと思います。一方、大村氏の研究に使われた費用は、ニュートリノ研究に比べると、かなり少ないと思います。発見した化合物(エバーメクチン)から治療薬(イベルメクチン)へのtranslationalな仕事は、海外の薬剤メーカーにより行われたようですから、少なくとも日本で使われた費用は多くはなかったと思います。少ない研究費でノーベル賞を受賞した例はいくつもあります。

 二つ目の対比は、発見の経緯です。梶田氏の研究は、「大気ニュートリノのミュー型を数えて、予想値より少ない」ことに気づいたことから始まります。それまでの理論では説明できない、「常識」は誤っていると指摘したことから始まったのです。「常識」ではなく、自分の目で観察した「事実」が真であると信じることから始まります。自分の実験結果の誤り、と単純にかたづけてしまっては、新しい発見はできません。自分の目を信じること、自分が確信できる実験を行うことが大切です。「STAP細胞」はどちらであったのか気になるところです。一方、大村氏の研究は、土壌中の微生物が産生する化学物質の中から薬効をもつものをスクリーニングするという地道な研究です。薬効を示すものが何かあるだろうことは確実でしょうが、必ず発見できるという保証はありませんし、いつ見つかるかも解らない研究です。しかし、研究をしなければ成果が生まれないのは確実です。成果が出るまでは、「本当にうまくいくのだろうか」という不安が常につきまとうことになります。このプレッシャーに打ち勝つ胆力は、この研究過程を通じて身につけることができるのだと思います。挫折など経験することなくエリートとして過ごしてきた医学部卒業生は、大学院での研究ではじめてこのような貴重な経験を積み成長することができるのではないかと思います。

 さて、大学医学部、大学院をとりまく環境が大きく変貌し、研究においては臨床へ成果を還元できることが重視されるようになっています。研究を進めるに当たり研究費を競争原理に基づいて獲得する必要がありますが、その際研究成果の臨床応用の観点からの評価が大きくウェイトを占めます。教室での研究も、軸足を臨床において進めています。治療効果をアウトカムにして研究を行うわけですから、治療効果などその成果は一般の人にも容易に理解され、人類への貢献に繋がりやすいという利点があります。将来のノーベル賞を夢見て、「成果の目にみえない」時期を乗り越えてもらいたいと思っています。

 基礎的な研究室の紹介をホームページに載せていますのでご覧下さい。周産期グループはいまのところ臨床成績の解析が中心です。チームovaryは、臨床成績に加えて分子遺伝学的な基礎研究をはじめています。来年にはどのような成果を報告できるか期待したいと思います。
平成27年10月
生水真紀夫

平成26年の総括

1.教育活動(卒前)
 
医学部4年生に生殖・周産期・乳房ユニットの講義、臨床チュートリアル、ならびに臨床入門を、医学部5年生にクリニカルクラークシップを行いました。
ユニット講義は、生水教授と三橋准教授に限定して担当し内容の統一性を図っています。臨床チュートリアルは長田准教授を中心に生殖・周産期領域からの出題分を受け持ち、臨床入門は三橋准教授を中心に婦人科診察法を演習しました。クリニカルクラークシップでは、学生数がさらに増えて、1グループ12名の学生が計4週間の産婦人科実習を行いました。千葉市内の6つの協力病院にグループ当たり2名の実習を2週間ずつお願いして、量的にも質的にもより充実した内容となっています。また、知識の習得よりもパフォーマンスを重視した評価を取り入れ、診療参加型の実習を目指していますので、産婦人科臨床の楽しさをアピールできているのではないかと考えています。その他、西千葉の普遍教育や看護学部での講義等を各教官が分担し行いました。
平成23年度から始まった各種試験のweb based test(WBT)化は順調に進んでおり、プール問題の評価と改良、増数が進行しています。

 カリキュラム以外の教育活動として、「新生児蘇生法(NCPR)一次コース」や「産科救命救急(ALSO)プロバイダーコース」などの認定講習会、県内の主要な周産期施設を巡回視察する「ツアーセミナー」などを開催しました。従来研修医向けに行われてきましたが、最近の参加者の大半は医学部学生となっています。学生時代から産婦人科臨床を実体験することにより、産婦人科診療に対して理解が深まり、やがては次世代を担う人材が輩出することを期待しています。

2.教育・研修活動(卒後)
 
千葉大学病院臨床研修プログラムB・Cの2年目ならびにプログラムAの1年目の必修選択科目として、初期研修医が産婦人科で研修を行いました。選択科目になってから履修者数は減少しましたが、1ヵ月間という限られた時間の中、選択者が産婦人科診療をできる限り経験できるよう努めました。

 平成26年度は、千葉大学病院臨床研修プログラムB履修者1名と、関連病院の管理型プログラム履修者2名の計3名が、大学病院で産婦人科の後期研修を開始しました。スタッフ全員からミニレクチャーを受けるスタートアップセミナーに始まり、周産期・腫瘍・生殖内分泌の3診療分野に分かれ、2ヵ月ずつ順次ローテーションしました。さらには、学会発表や論文作成についてもきめ細かな指導が行われました。

3.研究活動
 学術論文は欧文が15編でした。研究助成内訳は別頁をご参照ください。国際学会としては103rd United States & Canadian Academy of Pshology (USCAP) Annual Meeting、American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting 2014、50th ASCO Annual Meeting、The Endocrine Society's 96th Annual Meeting & EXPO (ENDO 2014)、American Society for Reproductive Medicine (ASRM) 2014 Annual Meeting、15th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (IGCS)で発表いたしました。国内学会としては第66回日本産科婦人科学会学術講演会(18題)、第50回日本周産期・新生児医学会学術集会(6題)、第56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会(10題)、第127/128回関東連合産科婦人科学会(7題)などでありました。また第148回関東生殖医学会、千葉県周産期救急医療研究会、千葉産婦人科腫瘍診断・治療・看護セミナー等を開催いたしました。


 教室研究の進捗状況および2014年のまとめを以下ご報告いたします。

①子宮癌関連研究
三橋暁、碓井宏和、植原貴史、山本憲子、塙真輔
1)子宮体癌
 糖尿病治療薬であるメトホルミンは、服用している糖尿病患者で癌の発生が少ないことが報告されて以来、癌治療への応用が期待されています。当科でも子宮体癌に対するメトホルミンの効果をin vitro, in vivoで検証してきたので、昨年に引き続き現況をご報告いたします。
 2009年より若年性子宮体癌に対するメドロキシプロゲステロン(MPA)を用いた妊孕性温存療法にメトホルミンを併用する臨床第?相試験を開始。2012年12月に36症例登録が終了し、現時点での再発率が9.6%で、従来のMPA単独療法の再発率(子宮内膜異型増殖症26% 子宮体癌41%)に比べ良好な成績が得られました。本試験内容はAnnals Oncol誌に採択されました。昨年より千葉大学の先進医療開発推進経費を獲得し、子宮内膜異型増殖症・子宮体癌に対するメドロキシプロゲステロン+メトホルミン併用妊孕性温存療法に関するランダム化比較第?相多施設共同試験を開始予定です。現在、企業の協力を要請し医師主導型治験の実施にむけ調整しています。
 子宮体癌患者術前にメトホルミンを短期間投与し、治療前後の組織で増殖活性が減弱していることを確認し、Cancer誌に報告しました。大学院の植原がシスプラチンとメトホルミンの併用効果を検証しOncology Report誌に報告しました。メトホルミンは、代謝内分泌因子を改善することで、間接的に癌組織で増殖抑制に働くと考えています。現在、塙がprotein phosphataseを介した間接効果について検討しています。メトホルミンのin vivoでの効果は海外からも注目され、現在メトホルミンによるH19を介した子宮体癌の増殖抑制効果を、Yale大学と共同研究を開始し新たな臨床研究を企画しています。in vitroでもメトホルミンの癌増殖シグナルへの作用機序・癌局所代謝への影響や、肥満の子宮体癌発癌への関与を明らかにしていく予定です。
 現在、インスリン抵抗性・肥満を有する患者に対しメトホルミンを投与し、増殖活性の抑制が得られるか確認する臨床試験を行っています(UMIN000015470)。子宮体癌のリスクを有する女性に対する予防戦略を構築していく予定です。肥満・インスリン抵抗性・月経不順を有するなど、体癌ハイリスク症例をぜひ当院へ紹介お願いいたします。

2)子宮頸癌
 1999年に子宮頸癌の放射線治療時にシスプラチンを併用するConcurrent chemoradiotherapy(CCRT)が標準治療となりました。以来、当科では他施設にさきがけCCRTを導入、シスプラチンを少量分割投与するdaily CCRTの臨床試験を実施してきました。2003年にはphase I試験(Gynecol Oncol誌)、2012年にphase II試験(Int J Gynecol Cancer誌)を報告し安全性、効果を確認。70歳以上の子宮頸癌に対するdaily CCRTの成績をInt J Gynecol Cancer誌に報告(塙)しました。daily CCRTのメリットは、外来での通院治療が可能なこと・高齢者でも比較的安全に行えることと考え有用性を追求しています。また、CCRT施行時における悪心・嘔吐の予防にデキサメサゾン・パロノセトロン併用療法を行うPhase IIを行い、Am J Clin Oncol誌に報告(三橋)しました。現在漢方薬の五苓散を用いてCCRT施行時の下痢の予防を検討する臨床試験を行っています(UMIN000016681)。また、予後不良と考えられている子宮頸部小細胞癌に対し、初回治療としてシスプラチンとエトポシドを用いたCCRTを行い、手術、化学療法を継続する臨床試験を行っています(碓井)(UMIN000003864)。
 現在千葉大で臨床試験の質を担保するため、プロトコールの段階で審査が行われ、治験審査委員会で承認、データ管理はデータセンターが行うようになりました。UMIN登録をへて、はじめて患者登録が行われます。日々の臨床を新たなエビデンスの構築につながるよう心がけています。

現在進行中の臨床試験
UMIN000016681婦人科腫瘍における放射線治療に起因する放射線性腸炎、下痢に対するツムラ五苓散の有用性の検証(三橋)
UMIN000003864子宮頸部神経内分泌腫瘍に対するシスプラチン+エトポシド併用化学放射線療法(碓井)
UMIN000015470子宮体癌リスク因子を有する女性の子宮内膜に対するメトホルミンの効果の検討:探索的試験(三橋)
UMIN000013804子宮体癌患者の耐糖能異常・インスリン抵抗性の評価 (三橋)
UMIN000011616子宮頸癌化学放射線療法施行時の悪心・嘔吐に対するパロノセトロン+アプレピタント併用療法の臨床第Ⅱ相試験(三橋)

②卵巣がん研究
楯真一、錦見恭子、松岡歩
 2012年4月に加藤一喜先生が癌研有明病院婦人科に栄転となり、2008年以降続いてきた進行卵巣癌に対する治療方針の崩れが危ぶまれました。消化器外科出身の加藤一喜先生の指導を受けられなくなることで進行卵巣癌に対する外科的手術手技が困難になると思われたからです。しかし、生水教授の指導の下、2012年以降も継続して外科的手術手技が可能な状態となっています。今、われわれは婦人科腫瘍医が進行卵巣癌に対する外科的手術手技を、婦人科腫瘍医を目指す医師にその技術を後継することができるか検証を行うところです。
 2012年以降、加藤一喜先生不在のなかでその手技を継続して安全に行えるように、様々な改良が行われました。
 1.消化管吻合の際に機械吻合を用いる手技の確立
 2.脾臓膵尾部合併切除における切除に際しての膵液瘻予防手技
 3.消化管縫合不全に対する保存的治療の確立
 4.術中尿管損傷に対する尿管カテーテル挿入とその後の管理
 5.後腹膜リンパ節郭清における乳び瘻の予防と管理
 6.局所卵巣癌、再発卵巣癌に対する超広汎性子宮全摘手技の応用
 これらの手技は拡大手術には当然必要な手技でありわれわれはその解決に努めてきました。特に超広汎性子宮全摘手技の応用は、2012年に2例、2013年に9例、2014年に4例とその手技は確立しました。卵巣癌に対する超広汎性子宮全摘手技の応用の学会発表は以下の通りです。
<第56回日本婦人科腫瘍学会>
錦見恭子ら、卵巣・卵管・腹膜癌FIGOIIIc/IV期のdebulking surgeryにおける骨盤腔側方処理について
<第36回産婦人科手術学会>
錦見恭子ら、再発卵巣癌の骨盤内再発に対する腫瘍摘出術 先人に学ぶ骨盤壁の限界
<第66回日本産科婦人科学会>
錦見恭子ら、骨盤壁に固着した卵巣癌に対する腫瘍摘出術の方法
 このような努力により、進行卵巣がんの治療成績は向上し、Ⅲc、Ⅳ期卵巣がんの無増悪生存期間は27ヶ月、5年生存率は54%と向上しています。今後、基礎的研究も検討していきます。

③絨毛性疾患研究
碓井宏和、瞿佳、加来博志
 当研究グループは、絨毛性疾患の基礎的・臨床的研究を行っています。本年度も碓井、大学院生の瞿佳、医員の加来博志の計3名で研究を行いました。日本で最も症例数の多い胞状奇胎症例の遺伝学的診断を中心にして、主に分子生物学的手法で、研究を進めています。これまでに、328例のDNA診断を行ってきました(2014年12月現在)。その内訳は、雄核発生奇胎185例(ホモ奇胎163例、ヘテロ奇胎22例)、3倍体(すべて父2母1)54例、両親由来2倍体71例でした。続発症は、雄核発生奇胎36例(19%)(うちヘテロ奇胎6例(27%)、ホモ奇胎30例(18%))、3倍体1例(2%)、両親由来2倍体0例で発生しています。遺伝学的全胞状奇胎からの続発症発生頻度が約20%という数字は、ほぼ確立したと考えられます。一方、部分奇胎からの続発症発生頻度の推定には、まだまだ、症例の蓄積が必要です。
 本年の特筆すべき成果として、パラフィンブロック検体から抽出したDNAを用いた遺伝学的診断プロトコールが確立したことがあげられます。概ね、70%程度で遺伝学的診断に成功しています。胞状奇胎にとどまらず、稀少疾患である絨毛がんや、胚細胞性腫瘍の遺伝子診断が可能になりました。絨毛がんの遺伝学的診断は、全国の施設から依頼があり、共同研究として対応しています。
現在進行している研究課題は、
 1)胞状奇胎の遺伝学的診断
 2)部分胞状奇胎の免疫組織・倍数性診断法の確立
 3)絨毛性腫瘍の遺伝学的診断
 4)侵入奇胎に対するMTX治療と葉酸代謝酵素多型の関連
 5)胞状奇胎の発生と葉酸代謝酵素多型の関連
 6)胞状奇胎の全ゲノム関連解析による原因遺伝子解明
 7)分子標的治療を目指した絨毛性腫瘍・胞状奇胎の発現解析
 8)絨毛外トロホブラストにおけるp57KIP2発現機序解明
 9)胎盤内絨毛がんの責任妊娠の遺伝学的同定
10)侵入奇胎発生機序解明:腫瘍・宿主の免疫学的観点から
11)卵巣奇形腫の発生機序解明
12)胚細胞性腫瘍の遺伝学的診断
などであります。研究成果の論文化を順次進めております。

 これまで、留学生の瞿佳(研究生1年、博士課程4年間2015年修了)、加来博志(昨年大学院修了)が、研究グループの中核となり、絨毛性疾患研究グループの研究を進めてまいりましたが、卒業の時期を迎えるため、メンバーの大幅な交代が予定されております。研究志望のある大学院生、留学生を迎えて、新たな発想のもとに、絨毛性疾患研究の最先端を走り続けて行きたいと考えています。

④生殖内分泌研究
石川博士、小林達也、河原井麗正、曽根原弘樹
金谷裕美、藤田真紀、大久保毅、徐琳琳
 生殖内分泌グループは、卵胞発育におけるアンドロゲンの果たす役割の解明、体外受精による妊娠率の向上に向けた、非侵襲的な遺伝子解析方法の開発、さらに子宮筋腫のエストロゲンを介さない発育機序の解明を目指して研究を行っています。
 胞状卵胞からグラーフ卵胞を経て排卵に至る、一連の卵胞発育の過程で、アンドロゲンが果たす役割はよくわかっていません。体外受精-胚移植時の卵巣刺激に、アンドロゲンをエストロゲンに変換するアロマターゼの阻害剤を用いると、発育卵胞数が増え、採卵時の成熟卵子獲得率が上昇します。また、アロマターゼ阻害剤を投与すると、発育卵胞液中のアンドロゲン濃度が著明に上昇することがわかってきました。そこで私たちはアンドロゲンが増加することで、卵の成熟関連遺伝子の発現が上昇する、という仮説を立て、マウス排卵体外培養系を使って卵胞液中のアンドロゲン濃度を調節しながら、卵の発育に及ぼす影響を検討しています。
 また、不妊症患者の高齢化に伴い、体外受精−胚移植により妊娠しても流産してしまう症例が増えています。高齢妊娠における流産の原因の多くは胚の染色体異常によるものであり、胚に流産の原因になりそうな染色体異常があるかどうか、をあらかじめ見極めることができれば、流産率の低下につながると考えられます。現行の核球生検とは全く異なる、非侵襲的な方法で胚の遺伝子解析ができるかどうかを検討しています。
 さらに子宮筋腫臨床検体を用いて低酸素培養を行い、低酸素で発現が誘導される低酸素誘導因子(HIF-1)の子宮筋腫と正常子宮筋における発現とその意義を研究しています。HIF-1は細胞が低酸素にさらされると発現が上がる転写因子で、多くの成長因子、ストレス応答因子、解糖やエネルギー代謝に関係する遺伝子の転写を調節することで、細胞を低酸素環境から守ります。子宮筋腫は白く固い腫瘍で組織内は著しい低酸素環境であるにもかかわらず、これまで筋腫でHIF-1は発現していない、とされていました。子宮筋腫細胞を用いた検討では、これまでの報告と異なり、子宮筋腫でも低酸素によりHIF-1が発現すること、ただし正常子宮筋と比較するとHIF-1の誘導は、筋腫で弱いことを突き止めました。また、HIF-1の標的遺伝子の発現も子宮筋腫で誘導されることを発見しました。現在論文の投稿準備中です。
 臨床検体を用いたトランスレーショナルリサーチでは、当初の仮説と異なる実験結果が出ることがしばしばあります。しかしそこで、その仮説が正しいのか、あるいは得られた実験結果から導かれる新しい仮説が真実なのか、をじっくり考え、物の本質を見抜く力を身につけることは、臨床に必ず役に立つと考えています。大学病院の使命である高度な先進医療の実践、特に難治性不妊症例の治療に少しでも私たちの研究が還元できるよう、一歩一歩前進していきたいと考えております。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

⑤周産期関連研究
田中宏一、尾本暁子、井上万里子、岡山潤、真田道夫
中田恵美里、鶴岡信栄、森本沙知、佐久間有加
<胎盤形成機構と胎盤機能の解明>
 最近、妊娠初期の胎盤形成が、妊娠高血圧症候群発症と関連することが示唆されています。妊娠初期の胎盤形成において、そのメカニズムを明らかにすることにより、病気のメカニズム解明、バイオマーカーとしての危険因子の同定、治療ターゲット分子の同定を目標として研究を進めています。特に胎盤形成の中でも栄養膜細胞の遊走、脱落膜への浸潤、らせん動脈の内皮再構築が重要とされており、それに関わる因子はいくつか同定されています。しかし最初の段階である、栄養膜細胞の絨毛外栄養膜細胞への分化に関してはまだ報告がありません。本研究では特に、その絨毛外栄養膜細胞への分化の仕組みをGFPマウスを用いて解明したいと考えています。
 また、胎盤は多くの因子を産生しており、それが妊娠維持に寄与している報告が多くなされています。プロゲステロンがその代表で、プロゲステロンの早期低下が早産につながることが報告されています。現在当教室では、胎盤におけるアロマターゼ活性に関し、それがテストステロン濃度と比例することを明らかにしており、それが分娩活性化に関与している可能性を検索しています。具体的にはステロイド合成酵素を支配する、転写因子の検索を行うことで、プロゲステロンを含めた、ステロイド産生機構と分娩発来機構の探索を行っています。

<感染性前期破水における起炎菌のrapid detection systemの構築>
 前期破水の多くは、絨毛膜羊膜炎による感染が原因とされています。その一部は、pretermPROMと定義される、37週以前の破水であり、未熟な新生児に重篤な感染症を惹起する場合があります。多くの場合、その起炎菌の探索は培養検査によることが多く、同定まで3日以上かかる場合もあります。そのため、新生児感染症により、新生児の予後が著しく障害されます。また、明らかな絨毛膜羊膜炎が認められなくても、新生児感染症を惹起することがあります。このような感染症に対し、迅速に起炎菌を同定するシステムの構築を行っています。細菌の16S rRNAに対する共通なprimerを用いたPCRを行い、得られた増幅産物の塩基配列を同定することにより、菌種を解析するという手法を用いています。現在その効率を上げるべく、primer設計やPCR条件の設定を行っています。

<胎児頻脈性不整脈に対する経胎盤的治療>
 胎児頻脈性不整脈は全妊娠の約0.1%に認める。頻脈性不整脈のうち、多くは上室性頻拍(supraventricular tachycardia,SVT)、心房粗動(atrial flutter, AFL)であり、予後は自然軽快から心不全、胎児水腫、胎児死亡に至るまで様々です。これらのうち、頻脈性不整脈の持続時間や程度の強いものでは、胎児心不全、胎児水腫に進行する事が知られています。胎児水腫の発症はSVTで30-40%、AFで7−43%といわれ、特に頻脈が12時間以上持続するものでは胎児水腫の発症率が高い。胎児水腫に進行した症例に対しては、早期娩出等の処置がとられますが、それでも35%の死亡率であると報告されています。早期娩出等の処置を講じず、自然経過を観察した症例の報告はほとんど見られないため、厳密な意味での自然予後の予測は困難ですが、胎児水腫を発症し頻脈性不整脈の改善が見られない症例を放置した場合、子宮内胎児死亡に至る可能性が高い。
 こうした胎児頻脈性不整脈に対し、母体に対する抗不整脈薬治療が胎児の頻脈性不整脈をも治療する事が知られ、妊娠母体の一部として胎児の治療を試みる抗不整脈薬治療が古くより行われてきました。治療の成績については様々な報告がありますが、おおむね、胎児水腫非合併例には80%以上で洞調律への変更を認めています。また、胎児水腫合併例であっても有効であるとの報告が多い。このように、胎児頻脈性不整脈に対する胎児治療は、その有効性の報告が多く認められ、比較的簡単な治療手技で可能である事より、国内外を問わず、比較的多くの各施設で行われてきました。
 当院では、胎児心拍180bpm以上が持続するもの(sinus tachycardiaやPAC PVCは除く)で、①上室性頻脈、②心房粗動に対し、不整脈の状況、胸腹水の有無等より、ジゴキシン、ソタロール、フレカイニドを単独、組み合わせて、経母体的に投与し、至適量、至適投与方法を探索し、プロトコール作成の一助を担っています。

<胎児胸水に対する胎児治療>
 感染、心不全、乳糜等、種々の原因で、胎児胸水が発生します。胸水貯留は肺の発育を抑制し、出生後の予後を著しく障害します。そのため、胸水貯留を認める胎児に対し、それを除去することは、予後を大きく改善するものと考えられます。当教室では、バスケットカテーテルを用いた治療を行っています。母体経腹的に胎児胸腔にカテーテルを留置することにより、胎児胸腔と羊水腔にシャントを置くことによって、貯留した胸水を排液しようと試みています。今まで4例に施行し、良好な結果を得ています。現在、高度先進医療に指定されており、その申請を行っている状況です。

<その他>
 地域産科医療の充実のため、Project Zeroを立ち上げ、年に2−3回の講演会を開催し、症例の振りかえり、新しいテクニックの紹介を行っています。

4.教員・指導医の教育(ファカルティ・ディベロップメント:FD)
 千葉大学で実施された以下プログラムに当科教官が参加し、新しい教育論や指導方法について実践的講習を受けました。
 ・「臨床テュートリアル症例説明会」:尾本助教、井上助教、佐久間助教(8月26日)
 ・「総合統一試験問題作成説明会」:三橋准教授(9月)


論文、総説等

原著

1.
Wakatsuki M, Kato S, Ohno T, Karasawa K, Ando K, Kiyohara H, Tsujii H, Nakano T, Kamada T, Shozu M;
The Working Group of the Gynecological TumorDose-escalation study of carbon ion radiotherapy for locally advanced squamous cell carcinoma of the uterine cervix (9902).
Gynecol Oncol. 2014 Jan;132(1):87-92
2.
Kato K, Tate S, Nishikimi K, Shozu M.
Surgical anatomy of the common iliac veins during para-aortic and pelvic lymphadenectomy for gynecologic cancer
J Gynecol Oncol. 2014 Jan; 25(1): 64-9
3.
Namiki T, Sato H, Matsumoto Y, Kakikura H, Ueno K, Chino A, Okamoto H, Hisanaga A, Kaneko A, Kita T, Kihara M, Shozu M,
Terasawa K.Identification of a predictive biomarker for the beneficial effect of keishibukuryogan, a kampo (Japanese traditional) medicine, on patients with climacteric syndrome
Evid Based Complement Alternat Med. 2014 Jan: Vol 2014. Article ID 962109, 8 pages [Epub 2014 Jan 20]
4.
Wang G, Ishikawa H, Sone K, Kobayashi T, Kim JJ, Kurita T, Shozu M
Nonobese diabetic/severe combined immunodeficient murine xenograft model for human uterine leiomyoma
Fertil Steril. 2014 May;101(5): 1485-1492.e3
5. Fukami M, Suzuki J, Nakabayashi K, Tsunashima R, Ogata T, Shozu M, Noguchi S.Lack of genomic rearrangements involving the aromatase gene CYP19A1 in breast cancer
Breast Cancer 2014 May; 21(3):382-385
6. Wakatsuki M, Kato S, Ohno T, Karasawa K, Kiyohara H, Tamaki T, Ando K, Tsujii H, Nakano T, Kamada T, Shozu M;
The Working Groupt of the Gynecological TumorClinical outcomes of carbon ion radiotherapy for locally advanced adenocarcinoma of the uterine cervix in phase 1/2 clinical trial (protocol 9704)
Cancer 2014 June 1; 120(11):1663-9
7. Ishikawa H, Kiyokawa T, Utsuno E, Matsushita K, Nomura F, Shozu M.
Serous Tubal Intraepithelial Carcinoma in a Japanese Woman with a Deleterious BRCA1 Mutation.
Jpn J Clin Oncol. 2014 Jun; 44(6):597-601
8. Ryu N, Ogawa M, Matsui H, Usui H, Shozu M.
The Clinical Characteristics and Early Detection of Postpartum Choriocarcinoma.
Int J Gynecol Cancer. 2014 Jul 1. [Epub ahead of print]
9. Uehara T, Kiyokawa T, Tate S, Usui H, Shozu M.
Numerous psammoma bodies in cervical cytology of high-grade endocervical adenocarcinoma.Cytopathology 2014 Aug; 25(4):274-275
10. Shihara D, Miyado M, Nakabayashi K, Shozu M, Ogata T, Nagasaki K, Fukami M.
Aromatase excess syndrome in a family with upstream deletion of CYP19A1
Clin Endocrinol 2014 Aug; 81(2):314-316
11. Mitsuhashi A, Usui H, Nishikimi K, Yamamoto N, Hanawa S, Tate S, Watanabe-Nemoto M, Uno T, Shozu M.
The Efficacy of Palonosetron Plus Dexamethasone in Preventing Chemoradiotherapy-induced Nausea and Emesis in Patients Receiving Daily Low-dose Cisplatin-based Concurrent Chemoradiotherapy for Uterine Cervical Cancer: A Phase II Study.
Am J Clin Oncol. 2014 doi: 10.1097/COC.0000000000000117
12. Mitsuhashi A, Kiyokawa T, Sato Y, Shozu M.
Effects of metformin on endometrial cancer cell growth in vivo: A preoperative prospective trial.
Cancer. 2014 Oct;120 (19):2986-95
13. Hiroshi Ishikawa and Makio Shozu
Chapter 11 Aromatase Expression in Endometriosis and Its Significance
Endometriosis Pathogenesis and Treatment (Harada Ed.), Springer, 2014: 155-178
14. 三好剛一、前野泰樹、左合治彦、稲村昇、安河内聰、川滝元良、堀米仁志、与田仁志、竹田津未生、生水真紀夫、新居正基、賀藤均、萩原聡子、尾本暁子、白石公、坂口平馬、西村邦宏、上田恵子、桂木真司、池田智明
治療困難症例から学ぶ 心構造異常を伴う胎児徐脈性不整脈についての検討 胎児徐脈の胎児治療に関する現状調査2002-2008より
日本周産期・新生児医学会雑誌2014.5;50 (1) 136-138


総説

1.
Fukami M, Miyado M, Nagasaki K, Shozu M, Ogata T.
Aromatase excess syndrome: a rare autosomal dominant disorder leading to pre-or peri-pubertal onset gynecomastia
Pediatr Endocrinol Rev. 2014 Mar; 11(3): 298-305
2.
Makio Shozu, Maki Fukami,and Tsutomu Ogata
Understanding the pathological manifestations of aromatase excess syndrome: lessons for clinical diagnosis
Exprt Rev.Endocrinol. Metab. 2014; 9(4): 397-409
3.
尾本暁子真田道夫田中宏一生水真紀夫
【産婦人科手術Up to Date】(第1章)産科 後産期出血 子宮内反症整復術
産科と婦人科2014.3;81 (増刊号) 90-96
4.
木原真紀、碓井宏和生水真紀夫、松井英雄
婦人科腫瘍のoncofertility Gestational trophoblastic neoplasia治療後の妊孕能と妊娠予後
日本婦人科腫瘍学会雑誌2014.04;32(2):131-134(解説)
5. 長田久夫
【周産期における出血対策と輸血】母体出血対策 出血をきたす疾患 治療のコツ 子宮内反症
周産期医学;44 (5):625-627


症例・その他

1.
齊藤佳子、楯真一山本憲子錦見恭子碓井宏和三橋暁、清川貴子、生水真紀夫
進行婦人科がんとの鑑別を要した乳癌腹腔内再発の2症例
千葉県産科婦人科医学会雑誌2014.7;8(1):46-51
2.
鶴岡信栄
【免疫グロブリンの体細胞高頻度突然変異とクラススイッチ】免疫グロブリンの体細胞高頻度突然変異とadenosine deaminase acting on RNA 1(ADAR1)
臨床免疫・アレルギー科2014.5;61 (5):480-488
3.
生水真紀夫
巻頭言〜周産期母性科のこれまでの歩みと近未来〜
病院経営広報2014年10月号(2ページ)
4.
松岡歩楯真一三橋暁、加藤一喜、平敷好一郎、碓井宏和、木原真紀、山地沙知、清川貴子、生水真紀夫
子宮腺筋症が発生母地と推測された子宮体部悪性腫瘍の3症例
日本婦人科腫瘍学会雑誌2014.6:32(3):640-647
5. 寺野隆、龍野一郎、中村貢、山口淳一、高田啓一、山田研一、鈴木公典、生水真紀夫、千葉市医師会骨粗鬆症検診制度管理委員会
医学の窓 千葉市骨粗鬆症検診7万人のデーターから見た骨折リスクに及ぼす女性の生活習慣の影響 10年にわたる検診データーの解析と今後の展望
千葉県医師会雑誌2014.6;66(6):299-302
6. 宇津野恵美、長田久夫、野村文夫
無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)の遺伝カウンセリングからみた出生前診断の現状
日本臨床検査自動化学会会誌2014;39 (4) 680
7. 橋本直子、三橋暁、中谷行雄、生水真紀夫、駒井絵里、志賀明菜、滝口朋子、樋口誠一郎、佐久間一基、永野秀和、鈴木佐和子、小出尚史、吉田知彦、田中知明、横手幸太郎
高血圧を契機に診断した再発性レニン産生卵管原発滑膜肉腫の1例
日本内分泌学会雑誌2014;90 (3) 913
8. 岩澤俊一郎、堺田惠美子、栗本遼太、小笠原定久、大岡美彦、多田裕司、植原貴史、関根郁夫、織田成人、滝口裕一
維持透析中の慢性腎不全患者に対するがん化学療法 現状と問題点
日本内科学会雑誌2014;103 (Suppl.) 253
9. 木村薫尾本暁子
羊水塞栓症の1例
千葉医学雑誌2014;90 (5) 175
10. 杉山泰子、中川美和子、藤田久子、高橋律子
「子育て・女性健康支援センター」の実績推移とそこからみえる問題点
奈良県母性衛生学会雑誌2014;(27) 18-21
11. 関駿介、太田聡、岩本雅美、若狭朋子、尾本暁子、清川貴子、生水真紀夫、中谷行雄
肺羊水塞栓症による心肺停止後に蘇生後脳症となり47日後に死亡した1剖検例
日本病理学会会誌2014;103 (2) 66


単行本

なし


研究助成(平成26年度)

1.
平成26年度科学研究費補助金(科学研究費補助金)(基盤研究(A))
アロマターゼのアンドロゲン降下作用に着目した新たな排卵誘発法の開発
生水真紀夫
2.
平成26年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(挑戦的萌芽研究)
PCOS治療におけるメトホルミンの弱点(内膜抑制作用)克服に向けた研究
生水真紀夫
3.
平成26年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(挑戦的萌芽研究)
多職種からなる周産期急変対応チームの育成システム構築に関する研究
長田久夫
4. 平成26年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
メトホルミンによる子宮内膜癌の発癌予防に関する研究
三橋暁
5. 平成26年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
子宮筋腫におけるミトコンドリア機能とエネルギー代謝経路に関する研究
石川博士
6. 平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(若手研究(B))
ADAR1による子宮内膜症細胞の癌化メカニズムの解析
鶴岡信栄
7. 平成26年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(若手研究(B))
CISH法による絨毛分子病型診断法の確立
加来博志
8. 平成26年度科学技術庁重粒子治療婦人科腫瘍臨床研究班 臨床研究費
生水真紀夫、三橋暁
9. 平成26年度千葉大学医学部附属病院先進医療開発推進経費
子宮内膜異型増殖症 ・子宮体癌に対するメドロキシプロゲステロン+メトホルミン併用妊孕性温存療法に関するランダム化比較第Ⅲ相試験
三橋暁
10. 平成26年度千葉大学研究支援プログラム支援
適切なoptimal surgeryの確立を目指した卵巣癌幹細胞の基礎的研究
楯真一
11. 平成26年度千葉大学研究支援プログラム支援
子宮体癌においてメトホルミン投与により誘導されるマイクロRNAネットワークの解析
山本憲子

特別講演・シンポジウム

1.
23回臨床代謝内分泌Update125、名古屋)
シンポジウム:Update 6 性腺:多嚢法性卵巣症候群(PCOS)のメタボローム解析
石川博士
2.
14回関東ホルモンと癌研究会21、東京)
特別講演:子宮内膜癌におけるホルモン療法の最新トピックス
生水真紀夫
3.
43回三八地区臨床検査懇話会215、八戸)
特別講演:不妊治療とエストロゲンの話題
生水真紀夫
4. 66回日本産科婦人科学会学術講演会417日〜20、東京)
ランチョンセミナー4:子宮筋腫の薬物療法Update
生水真紀夫

特別講演:専攻医教育プログラム3:絨毛性疾患
碓井宏和

ミニワークショップ13:胎児頻脈性不整脈に対する経胎盤的抗不整脈薬投与に関する臨床試験−有害事象報告−
胎児不整脈治療班:三好剛一、池田智明、田中博明、左合治彦、川滝元良、与田仁志、生水真紀夫、尾本暁子、桂木真司

ミニワークショップ14:絨毛性疾患の発生と管理:SNPアレイ解析による雄核発生へテロ奇胎発生機序の推定
碓井宏和、瞿佳、前原佳代子、塙真輔、山本憲子、錦見恭子、植原貴史、楯真一、三橋暁、秦健一郎、生水真紀夫

ミニワークショップ14:FIGO分類ローリスク絨毛性腫瘍(スコア5-6)をいかに治療するか?
堀部悠、菅野俊幸、木原真紀、橋本和法、松井英雄、碓井宏和、生水真紀夫

ミニワークショップ16:子宮頸部扁平上皮癌における癌抑制型microRNA-29aが制御するHASP47の機能解析
山本憲子、碓井宏和、塙真輔、錦見恭子、植原貴史、楯真一、三橋暁、生水真紀夫
5. 千葉市医師会学術講演会521、千葉)
特別講演:子宮内膜症Up to Date
生水真紀夫
6. 京都子宮内膜症セミナー614、京都)
特別講演:子宮内膜症と発生機序
生水真紀夫
7. 127回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会621日〜22、東京)
セミナー:産科急変対応シミュレーション講習【君は母体を救命できるか?】
周産期シミュレーション教育研究会:長田久夫、石川源
8. 15回ホルモンと癌研究会(74日〜5日、仙台)
ワークショップ?.子宮・卵巣:子宮体癌に合併した多嚢胞性卵巣症候群は、高頻度にインスリン抵抗性を有し、再発リスクに関連する可能性がある
植原貴史、三橋暁、塙真輔、山本憲子、錦見恭子、楯真一、碓井宏和、生水真紀夫
9. 56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会717、宇都宮)
招請講演3:メトホルミンと子宮内膜癌
生水真紀夫
10. 第6回文京子宮内膜症カンファレンス717、東京)
特別講演:子宮内膜症の発症機序を考える
生水真紀夫
11. 平成26年度一人ひとりに応じた健康支援事業 第2回保健医療従事者等研修会821、千葉)
講演:月経にまつわるトラブルと対処
柿沼敏行
12. 5回千葉北部 ・埼玉東部臨床懇話会912、柏)
チョコレート嚢胞手術
生水真紀夫
13. 55回日本母性衛生学会総会・学術集会914、幕張)
特別講演:プロジェクトZero−母体死亡0を目指す地域さんか連携−
生水真紀夫
14. 8回千葉産婦人科臨床問題研究会918日、千葉
一般講演:弛緩出血に対する対応−当院におけるバクリバルーンの使用経験−
田中宏一
15. 22回日本胎盤学会学術集会・第32回日本絨毛性疾患研究会(103日〜4日、京都)
ワークショップ「絨毛外トロホブラスト(EVT)の基礎と臨床」:絨毛外トロホブラストにおけるp57KIP2遺伝子の発現機構解析
碓井宏和、瞿佳、中田恵美里、加来博志、塙真輔、小林達也、生水真紀夫
16. 岡山産婦人科専門医会1123、岡山)
女性ホルモンの働きを理解する
生水真紀夫
17. NHK-FMラジオひるどき健康塾(121日放送、NHK千葉放送局)
千葉県の産科医不足について
生水真紀夫

学会発表一般

1.
103rd United States & Canadian Academy of Pshology (USCAP) Annual MeetingMarch 17San Diego, USA)
Significance of Implantable Port System Cytology for Advanced Stage Mullerian Cancer
Tate S, Nishikimi K, Yamamoto N, Uehara T, Usui H, Mitsuhashi A, Shozu M.
2.
American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting 2014April 59San Diego, USA)
Tumor-suppressive microRNA-29a inhibits cancer cell migration and invasion via targeting HSP47 in cervical squamous cell carcinoma
Noriko Yamamoto, Takashi Kinoshita, Nijiro Nohata, Akira Mitsuhashi, Hirokazu Usui, Hirofumi Yoshino, Toshihiko Itesako, Hideki Enokida, Masayuki Nakagawa, Makio Shozu, Naohiko Seki
3.
2014 50th ASCO Annual MeetingMay 30June 3Chicago, USA)
A pase II study of medroxyprogesterone acetate plus metformin as fertility-sparing treatment for atypical endometrial gyperplasia and endometrial cancerMitsuhashi A, Usui H, Satoh Y, Kiyokawa T, Shozu M.

Conversion of platinum-taxane resistant to sensitive ovarian cancer with a non-platinum-taxane regimen.
Shinichi Tate, Kyoko Nishikimi, Hirokazu Usui, Akira Mitsuhashi, Makio Shozu

Microscopic residual carcinoma at interval debulking surgery after neoadjuvant chemotherapy in patients with IIIc/IV Mullerian carcinoma
Nishikimi K, Tate S, Kato K, Kiyokawa T, Shozu M
4. The Endocrine Society's 96th Annual Meeting & EXPO (ENDO 2014)(June 2124Chicago, USA
Metabolomic profile of obese Japanses women with polycystic ovary syndrome
Ishikawa H, Kobayashi T, Kawarai Y, Segawa T, Teramoto S, Shozu M.

A Case of Nonclassic Congenital Adrenal Hyperplasia in Which Aberrant Serum Progesterone Provides a Diagnostic Clue
Kawarai Y, Ishikawa H, Segawa T, Nagano H, Tanaka T, and Shozu M.
5. European Society for Medical Oncology( ESMO) 2014 Congress (Sep 26-30, Madrid, Spein)
Prospective evaluation of glucose tolerance and insulin resistance among patients with endometrial cancer and atypical endometrial hyperplasia
A. Mitsuhashi, S. Hanawa, N. Yamamoto, T. Uehara, K. Nishikimi, S. Tate, H. Usui, M. Shozu
6. American Society for Reproductive Medicine (ASRM) 2014 Annual MeetingOctober 1822Honolulu, USA
Subrenal xenograft model for human uterine leiomyoma in non obese diabetic severe combined immunodeficient mice
Ishikawa H, Guiwen Wang, Kobayashi T, Kawarai Y and Shozu M.
(藤田真紀先生の発表あり)
7. 15th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (IGCS)November 811Melbourne, Australia
Daily Low-Dose Cisplatin-Based Concurrent Chemoradiotherapy for the Treatment of Cervical Cancer in Patients Aged 70 Years or Older
Hanawa S, Mitsuhashi A, Usui H, Yamamoto N, Tate S, Nishikimi K, Uehara T, Uno T, Shozu M.

Polycystic Ovary Syndrome Predicts Prognosis in Endometrial Cancer Patients
Uehara T, Mitsuhashi A, Hanawa S, Yamamoto N, Nishikimi K, Tate S, Usui H, Shozu M.
8. 35回日本エンドメトリオーシス学会(125日、鹿児島)
子宮内膜症におけるDNMTs、TETs発現からみたエピジェネティック機構の検討
柿沼敏行、Matthew Dyson、Mary Ellen Pavone、Diana Monsivais、Serdar E Bulun、生水真紀夫
9. 千葉県産科婦人科医学会平成25年度冬期学術講演会21日、千葉
自宅で心配停止をきたし、家族により心マッサージが行われた羊水塞栓症の一例
木村薫、尾本暁子、岡山潤、真田道夫、森本沙知、井上万里子、田中宏一、生水真紀夫

臨床病期第1期にTrousseau症候群を呈した卵巣類内膜腺癌症例
糸井瑞恵、楯真一、林伸彦、塙真輔、山本憲子、錦見恭子、碓井宏和、三橋暁、清川貴子、生水真紀夫
10. 14回千葉内分泌・代謝談話会26日、千葉
記憶障害を契機に発見され、卵巣奇形腫摘出後に軽快した抗NMDA受容体脳炎の一例
林伸彦
11. 6回千葉大学産婦人科関連病院会37日、千葉)
Modified アロンアルファ法:改良型小切開巨大卵巣嚢腫摘出術
石川博士、秦利衣、楯真一、生水真紀夫

小開腹アロンアルファ法にて摘出した思春期巨大卵巣腫瘍の2例
秦利衣、石川博士、河原井麗正、藤田真紀、金谷裕美、柿沼敏行、生水真紀夫
12. 3回千葉産婦人科内視鏡手術研究会315日、千葉
腹腔鏡下回盲部切除術時に骨盤内病変を焼灼した腸管子宮内膜症の一例
河原井麗正、石川博士、金谷裕美、柿沼敏行、花岡俊晴、当間雄之、清川貴子、生水真紀夫
13. 3回千葉県周産期救急医療研究会413日、千葉
“コードむらさき”short review
田中宏一
14. 66回日本産科婦人科学会学術講演会418日〜20日、東京
子宮内膜症におけるエピジェネティック機構の検討
柿沼敏行、生水真紀夫

再発卵巣癌に対するゲノシタビン−イリノテカン併用療法後の増悪に対するプラチナ・タキサン併用療法の再投与
楯真一、錦見恭子、山本憲子、植原貴史、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

妊娠中に化学療法を施行した直腸がん?期の一例
井上万里子、尾本暁子、岡山潤、真田道夫、森本沙知、中田恵美里、田中宏一、長田久夫、生水真紀夫

子宮体がん初回再発症例に対するTC療法の検討
松岡歩、楯真一、山本憲子、錦見恭子、植原貴史、碓井宏和、三橋暁、岡嶋祐子、生水真紀夫

重症免疫不全マウス子宮筋腫xenograftモデルの遺伝子発現解析
石川博士、王桂文、河原井麗正、曽根原弘樹、大身健二、生水真紀夫

高齢子宮頸癌患者に対するdaily-cisplatin併用concurrent-chemoradiotherapyの安全性と有効性についての検討
塙真輔、三橋暁、碓井宏和、山本憲子、錦見恭子、楯真一、生水真紀夫

子宮頸癌に対するDaily-cisplatin併用concurrent chemoradiotherapyの治療成績−腺癌と扁平上皮癌との比較−
秦利衣、三橋暁、山本憲子、錦見恭子、楯真一、碓井宏和、生水真紀夫

閉経前子宮体癌を合併した多嚢胞性卵巣症候群とインスリン抵抗性の関連および頻度の後方視的検討
植原貴史、三橋暁、山本憲子、錦見恭子、楯真一、碓井宏和、石川博士、生水真紀夫

子宮内膜癌患者の耐糖能異常・インスリン抵抗性の前方視的検討
三橋暁、塙真輔、山本憲子、植原貴史、錦見恭子、楯真一、碓井宏和、生水真紀夫

骨盤壁に固着した卵巣癌に対する腫瘍摘出術の方法
錦見恭子、楯真一、塙真輔、山本憲子、植原貴史、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

腹腔内播種を認めた漿液性境界悪性卵巣腫瘍の2症例
林伸彦、楯真一、糸井瑞恵、秦利衣、塙真輔、山本憲子、植原貴史、錦見恭子、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

高アンドロゲン血症をきたした内分泌腫瘍の3例
河原井麗正、石川博士、柿沼敏行、藤田真紀、金谷裕美、川野みどり、清川貴子、生水真紀夫
15. 148回関東生殖医学会510日、東京)
多発内膜ポリープを有する中隔子宮に子宮形成術を施行後、妊娠が成立した一例
金谷裕美、石川博士、柿沼敏行、河原井麗正、計良和範、川野みどり、生水真紀夫

PCO患者における小卵胞由来GV期卵子の形態評価による発生能の検討
田口智美、大久保毅、林輝明、瀬川智也、寺元章吉

Anti-Mullerian Hormone超低値症例における自然周期採卵での胚発生および妊娠率の検討
大久保毅、瀬川智也、宮内修、林輝明、寺元章吉

OPN,1PN由来の胎盤胞移植の検討
高橋敬一、藤田真紀、武藤聡子、大平千愛、岡部美紀、後藤詩織、村田みどり、山内久美子、勝又昌美
16. 55回日本臨床細胞学会総会春期大会)66日〜7日、横浜
集団検診におけるHPV併用検診の有効性−第3報−
立花美津子、河西十九三、黒川祐子、早田篤子、藤澤武彦、錦見恭子、三橋暁、生水真紀夫
17. 127回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会621日〜22日、東京)
記憶障害を契機に発見され、卵巣奇形腫摘出後に軽快した抗NMDA受容体脳炎の1例
林伸彦、石川博士、楯真一、糸井瑞恵、秦利衣、錦見恭子、碓井宏和、三橋暁、常山篤子、渋谷和幹、清川貴子、生水真紀夫
18. 38回日本遺伝カウンセリング学会総会および学術集会(626日〜29日、東大阪)
千葉大学病院において遺伝カウンセラーが関わった羊水染色体検査症例の経過について
宇津野恵美、長田久夫、生水真紀夫、野村文夫
19. 31回千葉大学医学部産婦人科関連病院臨床研究会(627日、千葉)
子宮体癌に合併した多嚢胞性卵巣症候群は、高頻度にインスリン抵抗性を有し、再発リスクに関連する可能性がある。
植原貴史、三橋暁、塙真輔、山本憲子、錦見恭子、楯真一、碓井宏和、生水真紀夫

肝不全・腎不全・DICを呈し臨床的に急性妊娠脂肪肝が考えられた1例
鈴木義也、藤村尚代、林伸彦、中村名律子、長澤亜希子、海野洋一、伊澤美彦
20. 50回日本小児循環器学会 ・学術集会(73日〜5日、岡山)
胎児頻脈性不整脈に対する経胎盤的抗不整脈薬投与に関する臨床試験−有害事象報告−
三好剛一、池田智明、田中博明、佐合治彦、川滝元良、与田仁志、生水真紀夫、尾本暁子、桂木真司
21. 50回日本周産期・新生児医学会学術集会(713日〜15日、舞浜)
炎症性腸疾患合併妊娠の検討−治療継続の重要性−
井上万里子、尾本暁子、森本沙知、岡山潤、真田道夫、長田久夫、生水真紀夫

当科におけるBakriバルーン使用症例の検討
岡山潤、尾本暁子、真田道夫、井上万里子、田中宏一、長田久夫、生水真紀夫

当科における羊水塞栓症例の検討
尾本暁子、岡山潤、真田道夫、井上万里子、碓井宏和、田中宏一、長田久夫、生水真紀夫

当院における精神疾患合併妊娠の検討
真田道夫、尾本暁子、井上万里子、田中宏一、岡山潤、長田久夫、生水真紀夫

3卵性品胎であった胎児共存全胞状奇胎の1症例 DNA多型解析、染色体分析、免疫染色による検討
阪西通夫、碓井宏和、鈴木聡子、大貫毅、下風朋章、赤羽和博、金杉浩

胎児頻脈性不整脈に対する経胎盤的抗不整脈薬投与に関する臨床試験 有害事象報告
三好剛一、前野泰樹、左合治彦、稲村昇、川滝元良、堀米仁志、与田仁志、生水真紀夫、萩原聡子、尾本暁子、白石公、上田恵子、桂木真司、池田智明
22. 56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会717日〜19日、宇都宮
高齢子宮頸癌患者に対するdaily-cisplatin併用化学放射線同時療法の安全性と有効性に関する検討
塙真輔、三橋暁、碓井宏和、山本憲子、錦見恭子、楯真一、生水真紀夫

婦人科悪性腫瘍手術後の乳糜漏管理
秦利衣、楯真一、塙真輔、山本憲子、錦見恭子、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

卵巣・卵管・腹膜癌FIGO?c/?期のdebulking surgeryにおける骨盤腔側方処理について
錦見恭子、楯真一、加藤一喜、塙真輔、山本憲子、植原貴史、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

子宮頸部神経内分泌腫瘍に対するシスプラチン・エトポシド併用同時化学放射線療法の前方視的検討
碓井宏和、清川貴子、三橋暁、渡辺未歩、植原貴史、山本憲子、塙真輔、錦見恭子、楯真一、宇野隆、生水真紀夫

卵黄嚢腫瘍14例の後方視的検討
糸井瑞恵、楯真一、秦利衣、林伸彦、塙真輔、山本憲子、錦見恭子、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

卵巣癌に対する術前化学療法における腹水細胞診の意義
楯真一、錦見恭子、山本憲子、植原貴史、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

癌抑制型マイクロRNA(miR-1/133a)は子宮体癌においてPDE7A制御して癌細胞の遊走・浸潤を抑制する
山本憲子、碓井宏和、塙真輔、錦見恭子、植原貴史、楯真一、三橋暁、生水真紀夫

血中エストラジオール高値となる卵巣腫瘍
松岡歩、楯真一、山本憲子、錦見恭子、碓井宏和、三橋暁、清川貴子、生水真紀夫

局所進行子宮頸部扁平上皮癌に対する拡大照射野を用いた重粒子線単独治療の有効性と安全性
若月優、加藤眞吾、大野達也、清原浩樹、唐澤久美子、安藤謙、入江大介、柴慎太郎、中野隆史、鎌田正、生水真紀夫
23. 32回日本受精着床学会総会・学術講演会(731日〜81日、東京)
AMHにおける胚盤胞発生率と妊娠率および流産率についての検討
荒平真代、佐藤仁美、井上貴子、大久保毅、林輝明、宮内修、渡邉芳明、瀬川智也、寺元章吉

栄養外胚葉(TE)数と適切な移植時期の検討
上野剛、林輝明、大久保毅、恩田知幸、松尾涼子、渡邉芳明、宮内修、瀬川智也、寺元章吉

卵管閉塞と卵管留血腫を合併した両側卵管妊娠の1例
石川博士、岡山潤、碓井宏和、田中宏一、清川貴子、高橋敬一、生水真紀夫

自然周期における主席卵胞および小卵胞由来の顆粒膜細胞内LH受容体発現量が卵子成熟度に与える影響
大久保毅、生水真紀夫、石川博士、瀬川智也、宮内修、林輝明、恩田知幸、松尾涼子、上野剛、寺元章吉
24. 15回千葉内分泌・代謝懇話会(85日、千葉)
閉経後の卵巣腫瘍組織型推定に血清プロゲステロン値が有用である
松岡歩
25. 52回日本癌治療学会学術集会(828日〜30日、横浜)
当院における子宮体癌症例に対する骨盤リンパ節郭清の検討
松岡歩

血中エストラジオール高値となる卵巣腫瘍
松岡歩、楯真一、山本憲子、錦見恭子、碓井宏和、三橋暁、清川貴子、生水真紀夫

卵巣・卵管・腹膜癌のmaximum debulking surgeryにおける腸管切除の安全性について
錦見恭子、楯真一、加藤一喜、塙真輔、山本憲子、植原貴史、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

卵巣癌に対する術前化学療法における腹水細胞診の意義
楯真一、錦見恭子、山本憲子、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

子宮頸部神経内分泌腫瘍に対するEP-CCRTを中心とした集学的治療の前方視的検討
碓井宏和、三橋暁、根本未歩、清川貴子、植原貴史、山本憲子、真塙輔、錦見恭子、楯真一、宇野隆、生水真紀夫
26. 32回日本思春期学会学術集会831日〜91日、和歌山
強い男性化兆候を契機に発見された副腎皮質癌の思春期女性症例
柿沼敏行、石川博士、河原井麗正、川野みどり、藤田真紀、滝口朋子、吉田知彦、田中知明、新井隆之、川村幸治、今本敬、生水真紀夫
27. 73回日本癌学会学術総会925日〜27日、横浜
Cytogenetic diagnocis of partial hydatidiform mole multiplex short tandem repeats polymorphism analysis(部分胞状奇胎のShort tandem repeat多型解析による診断)
瞿佳、碓井宏和、生水真紀夫
28. 15回千葉リプロダクション研究会学術講演会(104日、千葉)
当科における自然周期、卵巣低刺激周期採卵の検討
石川博士、小林達也、石井久美子、河原井麗正、金谷裕美、藤田真紀、柿沼敏行、生水真紀夫
29. 22回日本胎盤学会学術集会・第32回日本絨毛性疾患研究会(103日〜4日、京都)
妊娠中に診断することができた間葉性異形成胎盤の2症例
井上万里子、碓井宏和、尾本暁子、岡山潤、真田道夫、田中宏一、長田久夫、生水真紀夫

著明なうっ血性心不全を呈し周産期心筋症が疑われた胎児共存奇胎の一例
尾本暁子、碓井宏和、岡山潤、真田道夫、井上万里子、田中宏一、生水真紀夫

雄核発生奇胎のSNPアレイによる診断について
碓井宏和、瞿佳、中林一彦、前原佳代子、秦健一郎、生水真紀夫

胎盤部トロホブラスト腫瘍の2例
木村薫、碓井宏和、清川貴子、中谷行雄
30. 128回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会(1025日〜26日、松本)
中用量ピル内服中に両側肺動脈血栓と下大静脈血栓を認めた一例
林伸彦、中村名律子、鈴木義也、長澤亜希子、藤村尚代、海野洋一

脳転移を有する臨床的絨毛癌の一例
藤田久子、碓井宏和、生水真紀夫

神経症状を契機に診断された臨床的絨毛癌の一例
鈴木義也、碓井宏和、藤田久子、林伸彦、中村名律子、長澤亜希子、海野洋一、藤村尚代、生水真紀夫

子宮体癌妊孕性温存療法開始早期に脱分化が認められた2症例
木村薫、三橋暁、生水真紀夫、清川貴子

帝王切開後の輸血により輸血関連急性肺障害を来たしたと推定された一例
田渕彩里、尾本暁子、碓井宏和、岡山潤、真田道夫、井上万里子、田中宏一、長田久夫、生水真紀夫
31. 53回日本臨床細胞学会秋期大会(1189日、下関)
立花美津子、河西十九三、黒川祐子、早田篤子、藤澤武彦、錦見恭子、三橋暁、生水真紀夫
集団検診におけるHPV併用検診の有効性―第4報―
日本臨床細胞学会雑誌2014;53 (Suppl.2) 541
32. 千葉プロゲスチン研究会(1114日、幕張)
パネルディスカッション「子宮内膜症:適切な薬物治療を考える」
石川博士
33. 59回日本生殖医学会学術講演会(124日〜5日、新宿)
子宮後壁に責任病変を有した帝王切開瘢痕症候群例
谷村悟、中島正雄、舟本寛、石川博士、生水真紀夫

子宮卵管造影を契機に腹膜炎を発症したチョコレート嚢腫合併不妊症例
金谷裕美、石川博士、柿沼敏行、河原井麗正、藤田真紀、生水真紀夫
34. 1306回千葉医学会例会生殖医学(産科婦人科)分科会(126日、千葉)
子宮体癌妊孕性温存療法開始早期に脱分化が認められた2症例
木村薫、三橋暁、松岡歩、塙真輔、錦見恭子、山本憲子、植原貴史、楯真一、碓井宏和、生水真紀夫

帝王切開後の輸血により輸血関連急性肺障害を来たした一例
田渕彩里、尾本暁子、碓井宏和、岡山潤、真田道夫、井上万里子、田中宏一、長田久夫、生水真紀夫

術前は良性推定であった悪性ブレンナー腫瘍の一例
藤田久子、河原井麗正、松岡歩、塙真輔、山本憲子、植原貴史、錦見恭子、楯真一、碓井宏和、三橋暁、生水真紀夫

当科における良性疾患に対するTLH(腹腔鏡下子宮全摘術)導入について
鈴木義也、川又康貴、海野洋一、林伸彦、中村名律子、長澤亜希子、計良和範、藤村尚代

帝王切開後瘢痕部妊娠に対する,ピトレシン局注を併用した瘢痕部切除術の試み
林伸彦、海野洋一、鈴木義也、長澤亜希子、中村名律子、計良和範、藤村尚代

当科における卵巣低刺激・自然周期採卵の検討
石川博士、小林達也、石井久美子、河原井麗正、金谷裕美、藤田真紀、柿沼敏行、生水真紀夫

「産婦人科コア ・クリニカルクラークシップ」の現況について
長田久夫
35. 4回千葉県周産期救急医療研究会(1221日、千葉)
バクリバルーンの使用経験
岡山潤

症例検討:アナフィラクトイド型羊水塞栓
田中宏一

教育業績

3月21日 平成25年度第2回新生児蘇生法(NCPR) 「専門(A)コース 」講習会
尾本暁子
4月26日 新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース 」講習会
長田久夫
5月14日〜7月16日 ALSOプロバイダーコース コース前勉強会(毎水、全8回)
長田久夫
5月24日〜25日 ALSOプロバイダーコース in Chiba 2014 Spring
長田久夫
8月23日〜24日 第9回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー
長田久夫
8月30日〜31日 ALSOプロバイダーコース in Chiba 2014 August
長田久夫
9月13日 第55回日本母性衛生学会総会・学術集会
実践講座:ALSOデモンストレーションコース
長田久夫
9月19日〜11月25日 2014年度産婦人科ランチョンセミナー(毎金、全5回)
考える愉しさ−胎盤とステロイドホルモン 2014−
生水真紀夫
9月26日 金沢大学産婦人科学特別講義(金沢)
考える愉しさー胎盤とステロイドホルモンに魅せられてー
生水真紀夫


教室臨床統計(2014/1/1〜12/31)

外来数      

2010 2011 2012 2013 2014
婦人科    新患 1,078 1,070 1,070 1,172 1,097
  再来 16,274 17,010 18,527 20,589 22,544
周産期母性科 新患 740 988 1,190 1,190 1,104

再来 7,217 7,993 9,086 9,313 8,774

入院延べ数      

2010 2011 2012 2013 2014
婦人科     9,742 9,848 10,763 9,273 10,629
周産期母性科   7,543 6,964 6,790 7,297 6,352

17,285 16,812 17,553 16,570 16,981

手術療法の内容      

2010 2011 2012 2013 2014
子宮悪性腫瘍手術     58 63 71 80 80
単純子宮全摘 35 44 53 54 62
広汎子宮全摘 12 17 13 19 11
準広汎子宮全摘 11 2 5 7 7
円錐切除 74 63 69 61 51
外陰悪性腫瘍手術 1 1 1 1 0
卵巣癌手術 18 39 55 41
その他悪性腫瘍手術 5 8 8 8
単純子宮全摘術(良性) 11 19 24 14 20
付属器手術 開腹 23 23 23 14 10
腹腔鏡 30 45 48 55 43
(うち妊娠中) (4) (4) (3) (5)
子宮外妊娠手術 開腹 0 1 2 0 0
腹腔鏡 11 14 15 15 6
子宮筋腫核出 開腹 9 6 21 11 10
腹腔鏡(補助) 3 4 3 1 2
子宮鏡下 11 8 10 12 10
膣式(全身麻酔下) 0 0 0 1
子宮奇形等 3 1 2 4 4
膣式手術 9 0 0 12
子宮鏡下手術(筋腫以外) 10 11 12 20 15
帝王切開術 193 202 203 224 200
(Cesarean hysterectomy) (6) (5) (3) (6) (5)
頚管縫縮術 4 3 4 4 4
ダヴィンチ 6 0
その他 4 15 15 3 3

477 505 586 583

子宮頚部がん登録数      

2010 2011 2012 2013 2014
 臨床進行期 CIN3 38 68 46 34
  0期 (CIN III) 4 5 3 8 9
  Ia1期 0 0 2 0 0
  Ia2期 0 0 0 0 0
  Ia亜分類不明 11 15 12 14 12
  Ib1期 0 3 6 7 4
  Ib2期 4 1 6 8 3
  IIa期


3 2
  IIb期 5 9 8 13 7
  IIIa期 0 1 2 1 0
  IIIb期 8 5 5 10 4
  IVa期 1 2 3 1 0
  IVb期  3 6 6 7 3

進行癌 74 115 53 72 44

子宮頸部癌組織型(進行癌)

2010 2011 2012 2013 2014
扁平上皮癌 30 34 32 52 29
腺癌 3 8 15 13 13
腺・扁平上皮癌 2 2 6 2 0
小細胞癌・カルチノイド 1 3 2 3 0
その他 0 0 0 2 2

進行子宮頸部癌治療    

2010 2011 2012 2013 2014
円錐切除のみ 4 5 5 2 3
単摘 1 2 3 5 4
広汎*or準広汎* 11 15 15 17 10
(+術後照射** (4) (4) (6) (5) 2
放射線治療*** 19 25 24 40 26
neoadjuvant chemotherapy 2 4 2 5 1
* 骨盤内リンパ節郭清を含む
** cisplatin 併用concurrent chemoradiaion
*** ±cisplatin

子宮体部がん登録数      

2010 2011 2012 2013 2014
 手術進行期 Ia期 14 11 30 31 36
  Ib期 8 6 10 3 9
  II期 0 1 5 4 6
  IIIa期 7 7 5 4 2
  IIIb期 1 0 1 0 1
  IIIc期 4 2 4 9 11
  IVa期 0 0 0 0 0
  IVb期 7 4 4 11 8

  計 43 46 61 62 73

子宮体部がん組織型      

2010 2011 2012 2013 2014
類内膜腺癌 G1 20 27 35 34 45
類内膜腺癌 G2 5 3 6 10 12
類内膜腺癌 G3 4 1 3 2 2
漿液性腺癌 2 1 1 1 3
粘液性腺癌 0 0 0 0 0
明細胞腺癌 2 3 0 2 4
その他 6 7 6 6 5
癌肉腫 5 4 7 2 2
肉腫 4 2 4 5 0

子宮体部癌治療      

2010 2011 2012 2013 2014
ホルモン治療* 10 8 14 6 8
 子宮悪性腫瘍手術**  35 44 49 55 61
   (+リンパ節廓清) 26 20 25 33 36
  骨盤内リンパ節まで 23 14 15 19 21
  傍大動脈節まで 3 8 10 14 15
    N0
    N1
   (術後化学療法) 13 16 18 22 17
  (+術前化学療法) 2 2 3 2 10
 放射線治療 1 1 1 0 0
* 0期を含む
** 準広汎、広汎を含む

卵巣がん登録数      

2010 2011 2012 2013 2014
 進行期 Ia期


7 8
  Ib期 6 8 12 0 0
  Ic期 0 0 0 8 18
  IIa期 6 14 9 0 0
  IIb期 0 0 0 0 0
  IIc期 0 0 0 3 13
  IIIa期 4 1 3 1 1
  IIIb期 0 0 0 3 2
  IIIc期 0 0 2 17 23
  IV期 8 10 18 5 5
  x期  2 13 8 2 0
  26 46 52 46 70

卵巣がん組織型      

2010 2011 2012 2013 2014
境界悪性腫瘍 6 6 9 2 9
漿液性腺癌 1 12 14 7 22
粘液性腺癌 2 4 1 5 3
明細胞腺癌 3 6 5 11 9
類内膜腺癌 4 5 2 6 13
腹膜癌 0 1 1 1 3
胚細胞性腫瘍 0 1 2 3 0
転移性卵巣癌 2 2 3 2 0
顆粒膜細胞腫 0 1 1 1 2
卵管癌 5 5 11 8 9
その他 3 3 3 0 10
26 46 52 46 70

上皮性悪性卵巣癌初回手術内容(症例数)      

2010 2011 2012 2013 2014
FIGO stage I, II 9 16 9 15 27
FIGO stage III, IV 9 21 25 24 27
PDS 6 5 8 15 15
IDS 3 12 11 8 12
XDS 0 4 6 1 0
直腸結腸切除
9 16 17 24 35
右横隔膜分層全層切除
1 14 11 17 16
膵尾部合併脾臓摘出
0 8 4 3 12
内腸骨血管処理
1 1 3 4 4
XDS: NAC中の病勢増悪症例、IDS拒否症例を含む。
無増悪生存期間
3期:25ヶ月、4期:28ヶ月
全生存期間:
3期+4期:64ヶ月

絨毛性疾患外来

2010 2011 2012 2013 2014
新患 61 50 52 55 55
  胞状奇胎妊娠(当院でD&C) 22 23 22 18 22
  胞状奇胎後(前医でD&C) 29 27 29 34 33
  侵入奇胎 9 12 2 3 4
  絨毛癌 1 1 3 0 2
  PSTT 0 0 0 0 0
(胞状奇胎) 24 24 24 18 22
胞状奇胎除去術(D&C) 24 23 22 18 22
単純子宮全摘術 0 1 1 0 0
肉眼診断  全胞状奇胎 14 16 17 12 12
  部分胞状奇胎 5 3 4 3 10
  顕微鏡的奇胎
(水腫状流産)
5 4 1 3 0
DNA 診断  雄核発生一精子受精
(全胞状奇胎)
23 21 17 22 20
  雄核発生二精子受精
(全胞状奇胎)
3 3 2 2 3
  三倍体(部分胞状奇胎) 5 9 4 7 12
両親由来二倍体 10 14 18
(治療例) 10 13 9 8 6
  奇胎後hCG存続症 1 4 1 1 1
  侵入奇胎 8 8 5 5 3
  絨毛癌 1 1 3 2 2
胎児共存全奇胎 1 3 0 0 2
placental mesenchymal dysplasia(PMD) 0 0 1 0 2

不妊外来      

2010 2011 2012 2013 2014
新患数 28 45 62 23 37
体外受精  
  患者総数 9 21 27 50 73
  採卵総回数 15 36 60 158 188
  移植総回数 10 13 32 44 66
  妊娠数 1 1 5 8 32
  流産数 0 0 2 3 16
人工受精(AIH)
  患者総数 19 14 14 20 28
  治療周期 37 38 43 50 53
  妊娠数 1 1 0 3 0

生殖内分泌外来      

2010 2011 2012 2013 2014
新患数 268 327 333 265 323
うち、 原発性無月経 26 14 27 36 23
  ミューラー管異常 9 13 9 14 4
  子宮内膜症 50 62 55 43 54
  多嚢胞性卵巣症候群(PCOS) 11 11 20 8 12

産科統計      

2010 2011 2012 2013 2014
産科入院数 726 787 882 847 840
新生児入院* *38 **270 203 **211 **198
出産数 584 634 693 653 629
母体搬送受け入れ数 93 76 59 52 105
母体偶発合併症 225 242 312 298 337
産科合併症 185 156 125 204 200
胎児異常症例 131 135 141 107 135
帝王切開数 193 202 203 224 200
低出生体重児 104 122 110 105 104
極低出生体重児 18 14 21 15 12
* 高ビリルビン血症、小児科/小児外科入院、他院搬送を除く
** すべての新生児入院を含む



周産期死亡      

2010 2011 2012 2013 2014
早期新生児死亡 4 4 5 2 6
死産 (<22週) 18 16 16 24 19
(≧22週) 10 9 8 13 11
周産期死亡 14 20 13 15 17

妊産婦死亡      

2010 2011 2012 2013 2014
直接 0 0 0 1 1
間接 0 1 0 1 0

妊娠高血圧症候群      

2010 2011 2012 2013 2014
子癇 0 3 0 1 3
重症 12 43 16 23 20

分娩      

2010 2011 2012 2013 2014
分娩数   565 615 674 640 617
死産 28 25 24 37 30
早産 (<37週) 79 76 82 66 74
  (<28週) 23 4 2 31 5
多胎   19 19 19 13 12
初産   276 295 345 339 295
経産   289 320 329 301 322

分娩年齢      

2010 2011 2012 2013 2014
  - 20 5 14 5 5 5
20 - 24 36 47 27 26 32
25 - 29 107 111 131 114 119
30 - 34 200 192 231 215 188
35 - 39 168 199 208 201 185
40 - 50 52 72 79 88

分娩時期      

2010 2011 2012 2013 2014
早産 102 85 84 97 73
正期産 462 514 566 543 525
過期産 0 0 0 0 0

分娩様式      

2010 2011 2012 2013 2014
自然分娩 302 229 395 348 346
帝王切開 193 202 203 224 200
吸引分娩 44 62 58 68 71
誘発分娩 155 165 169 125 127
和痛分娩 6 14 21 7 16
TOLAC 6 12 12 21 21

帝王切開と適応      

2010 2011 2012 2013 2014
帝王切開数   193 202 203 223 200
帝王切開率   34.2 32.8 30.1 35.0 32.4
適応  
  帝王切開既往 60 71 54 85 83
  子宮筋腫術後 4 12 10 11 8
  前置胎盤 28 21 30 20 20
  常位胎盤早期剥離 7 8 4 3 6
  子宮筋腫 8 4 3 2 3
  骨盤位 13 22 22 34 24
  双胎 12 16 16 12 11
  妊娠高血圧症候群 12 12 13 10 6
  母体合併症 13 11 8 9 9
  早産 0 0 0 3 0
  胎児合併症 8 6 11 6 11
  胎児ジストレス 12 7 18 10 10
  分娩停止 16 12 16 18 9

子宮がん健診(ちば県民保健予防財団)

2010 2011 2012 2013 2014
総検診数    
 頸部 85,694 88,401 88,251 86,658 81,992
 体部  86 45 31 8 2
要精検数(率)
 頸部 888(1.04) 1,111(1.26) 1,177(1.33) 1,159(1.35) 1,283(1.56)
  体部 4(4.65) 0 1(3.23) 0 0
がん発見数(率)
 頸部上皮内癌 16(0.019) 36(0.041) 35(0.040) 25(0.029)
 子宮頸部癌 33(0.039) 60(0.068) 43(0.049) 34(0.040)
 子宮体部癌 2(2.33) 4 * 3 ** 5
 卵巣癌

* 子宮体部がん発見数3件のうち、2件は頸部検診の精密検査より発見された数
**子宮体部がん発見数5件は頸部検診の精密検査より発見された数


前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ