千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
ホーム 沿革
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

沿革

1874(明治 7)年3月

共立病院(千葉町本町)

1880(明治13)年9月

長尾精一医学士が千葉病院長兼医学教頭、修行年限4年8期(婦人病論は7期)

1887(明治20)年9月

第一高等中学校医学部を設置、長尾精一医学部長兼婦人科、産科小児病教諭

1890(明治23)年9月

亥鼻台に校舎、病院完成移転

1901(明治34)年4月

第一高等学校医学部が千葉医学専門学校と改称

1923(大正12)年4月

千葉医学専門学校が千葉医科大学に昇格

1937(昭和12)年8月

千葉医科大学付属病院が完成、東洋一と称せられた。

1949(昭和24)年5月

千葉大学設置、6部局となる。

1990(平成 2)年5月

創立百周年記念式

2001(平成13)年4月

千葉大学大学院医学薬学府生殖機能病態学となる

2012(平成24)年7月

医学研究院の改編にともない生殖医学講座に改称


前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ