千葉大学医学部附属病院 婦人科・周産期母性科(産婦人科)千葉大学医学部附属病院 婦人科・周産期母性科(産婦人科)
ごあいさつ婦人科周産期母性科(産科)スタッフ紹介医学部・大学院サイト(生殖機能病体学) ホームサイトマップ
過去のお知らせ

2015.8.13 以下の内容を更新しました
臨床研究を公開しました。
2015.6.18 以下の内容を更新しました
スタッフ紹介
婦人科 「外来診療のご案内」
産科 「外来診療のご案内」
終了しました 「地域さんかプロジェクトゼロ」のお知らせ
第5回千葉県周産期救急医療研究会を開催します。
母体死亡ゼロを目指して地域連携を行う「地域さんかプロジェクトゼロ」です。
周産期診療に携わっている医療者、消防、行政の皆様のご参加をお待ちしています。
日時 平成27年7月5日(日) 15:00〜17:30
会場 千葉大学医学部附属病院 にし棟1階 講堂
案内 第5回千葉県周産期救急医療研究会
「第10回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」のご案内
千葉県の主要な周産期センターをバスで巡回し、宿泊は県内有数のリゾート施設を利用します。各センターで周産期医療の現状を把握してもらうともに、宿泊地では問題解決に向けての最新情報を提供します。どうぞ奮ってご参加ください!
第130回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会サイトを更新しました。
2015.2.17 以下の内容を更新しました
教室業績(2013年)を掲載しました。
2014.11.6 以下の内容を更新しました
病院経営広報【10月号】の巻頭言は、生水教授執筆の
周産期母性科のこれまでの歩みと近未来」です。
ぜひ御一読下さい。
終了しました 「地域さんかプロジェクトゼロ」のお知らせ
千葉県周産期救急医療研究会を開催します。
母体死亡ゼロを目指して地域連携を行う「地域さんかプロジェクトゼロ」です。
周産期診療に携わっている医療者、消防、行政の皆様のご参加をお待ちしています。
日時 平成26年12月21日(日) 午後3時から
会場 千葉大学医学部附属病院 クリニカル・スキルズ・センター
案内 第4回千葉県周産期救急医療研究会
スタッフ紹介
2014.11.5 第130回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会を公開しました
同窓会会員専用サイトを更新しました
2014.10.21 同窓会会員専用サイトを更新しました
2014.8.7 以下の内容を更新しました
教授コラム(2014.8.5)折れた桜のその後(2)です
折れた桜のその後(2)です。
終了しました 第8回千葉産婦人科臨床問題研究会のお知らせ
横浜市立大学教授平原史樹先生、千葉大学医学部附属病院の田中宏一先生の講演があります。
日時 平成26年9月18日(木) 18:50〜
会場 オークラ千葉ホテル 3階 「ウィンザー」
案内 第8回千葉産婦人科臨床問題研究会ポスター
終了しました 第55回日本母性衛生学会 生水教授特別講演のお知らせ
「プロジェクトZero-母体死亡0を目指す地域さんか連携-」をテーマに生水教授が講演します。
日時 平成26年9月13日(土)〜14日(日)
(生水教授 特別講演:9月14日(日)13:30〜14:30)
会場 幕張メッセ国際会議場
案内 第55回日本母性衛生学会ホームページ
第55回日本母性衛生学会ポスター
終了しました 第5回千葉北部・埼玉東部 臨床談話会のお知らせ
生水教授の講演があります。テーマは「チョコレート嚢胞手術」についてです。
日時 平成26年9月12日(金) 18:45〜21:00
会場 ザ・クレストホテル柏 3階 オークルーム
案内 第5回千葉北部・埼玉東部 臨床談話会ポスター
医局員向けアナウンスを更新しました。
2014.6.12 以下の内容を更新しました
医局員向けアナウンスを更新しました。
2014.5.28 以下の内容を更新しました
終了しました第58回神奈川胎児エコー研究会ベーシック講座」の遠隔会場としてリアルタイム配信をすることになりました。
場所は医学部附属病院 第1講堂 です。
受講料は8,000円です
2014.5.19 以下の内容を更新しました
婦人科 「外来診療のご案内」
産科 「外来診療のご案内」
スタッフ紹介
2014.4.21 以下の内容を更新しました
研究内容
2014.4.17 以下の内容を更新しました
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
2014.4.3 以下の内容を更新しました
教授コラム(2014.2.25)追記
大雪で折れた桜が、3月26日開花しました。4月1日、満開です。
2014.3.31 以下の内容を更新しました
終了しました 新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース」 講習会のご案内
今年も医学部学生と初期研修医を対象に、新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース」 講習会を開催します。講習終了時の試験合格者には日本周産期・新生児医学会から「修了認定証」が発行されます。
2014.2.26 以下の内容を更新しました
教授コラム(2014.2.25)大雪で、早く桜が咲きました!
2014.2.25 以下の内容を更新しました
終了しました 「地域さんかプロジェクトゼロ」のお知らせ
平成26年4月13日(日)に周産期救急医療研究会を開催します。
母体死亡ゼロを目指して地域連携を行う「地域さんかプロジェクトゼロ」です。
周産期診療に携わっている医療者、消防、行政の皆様のご参加をお待ちしています。
(記録的な大雪のため延期となっていた研究会です。)

今回は、コードXとコードむらさきの最新事情と連携事例を紹介します。事例検討は、心配虚脱型羊水塞栓症です。
医局員向けアナウンスを更新しました。
2014.2.13 以下の内容を更新しました
教授コラムをUPしました。ロボット手術がテーマです。ぜひ、ご一読ください。
婦人科ロボット手術にメリットがあるのかわからないのが現状です。「だからこそ経験を積み上げて検証していく必要がある」…
終了しました 新生児蘇生法(NCPR) 「専門(A)コース」講習会を開催します。
受講し試験に合格するとNCPR「専門(A)コース」終了認定証がもらえます。
Aコースの資格者はインストラクター研修を行うことでBコースのインストラクターになることが可能です。希望者から選抜で、既に資格をお持ちの方のインストラクター研修も同時に開催します。
2014.2.12 以下の内容を更新しました
千葉大学病院産婦人科リクルートサイト「メディカルキャリアセンター」開設のお知らせ
学生・研修医向けのホームページを新たに開設しました。新鮮な情報をわかりやすくお届けします。こちらにも是非立ち寄ってください。
2013.12.11 以下の内容を更新しました
生水教授の雑誌掲載記事が閲覧できます。是非ご一読ください。
最新医療情報
妊産婦死亡ゼロをめざす「3.5次救急」母体搬送システム

(へるすあっぷ21 2013.9月号より転載)
医学の窓 「3.5次母体救急」妊婦死亡ゼロを目指して
(CMAM 2013.11月号 第65号No.11より転載)
2013.11.18 以下の内容を更新しました
教室業績(2012年)を掲載しました。
尾本先生がJCEMに投稿した論文の写真が表紙になりました。
2013.11.5 以下の内容を更新しました
「NIPT外来(母体血を用いた出生前遺伝学的検査)」のご案内
「母体血を用いた出生前遺伝学的検査」とは、母体血中の胎児DNAを分析することにより特定の染色体疾患かどうかを調べる検査で、我が国では臨床研究として行われています。高い感度・特異度を持っていますが、結果が陽性であった場合、羊水検査などの確定検査が必要となります。千葉大学医学部附属病院では、日本医学会から実施施設の認可を受け、11月5日より遺伝子診療部内にNIPT外来を開設することとなりました。詳しくはこちらをご覧ください。
2013.10.10 以下の内容を更新しました
研究員(非常勤)および技術補佐員(非常勤)を募集しています。
マウスを用いた排卵機構の解明などのプロジェクトです。
詳しくはこちらをご覧のうえご応募ください。
2013.8.29 以下の内容を更新しました
医学部4年生向け、ランチョンセミナーを開催します。
(20名限定、申し込みは長田久夫教授または佐瀬秘書(265-2121)まで)
初回は9月13日です。

テーマは、

考える愉しさ
  -胎盤とステロイドホルモン 2013-


です。

胎盤は、妊娠中に大量のエストロゲンとプロゲステロンとを作ります。なぜでしょうか?

かつて、エストロゲンは妊娠分娩に必須と考えられていました。これが誤りであることを、20年まえに、偶然、私が証明することになりました。
では、エストロゲンは何をしているのでしょうか?

プロゲステロンも大量に作られ妊娠を維持すると考えられていますが、これにも違う意味があることがわかってきました。

これまでに考えてきた進化のストーリーを一緒に考えてみましょう。「常識」に挑戦します。
2013.8.26 以下の内容を更新しました
医療者向け 第7回千葉県産婦人科臨床問題研究会のお知らせ
9月20日(金)オークラ千葉ホテルにて研究会が開催されます。ご参加ください。
2013.7.31 以下の内容を更新しました
終了しました 千葉市産婦人科医会 学術講演会のお知らせ
京成ホテルミラマーレにて研修会が開催されます。ご参加ください。
2013.7.26 以下の内容を更新しました
生水教授の講演内容を閲覧できます。是非ご一読ください。
日本女性医学学会雑誌「女性のライフステージとエストロゲン」
(日本女性医学学会雑誌 20巻 3号 別刷より転載)
埼玉産科婦人科学会雑誌「骨とエストロゲン」
(埼玉産科婦人科学会雑誌 第43巻 2号 別刷より転載)
2013.7.23 以下の内容を更新しました
終了しました 性暴力は身体的トラウマだけでなく、長期に及ぶ心理的トラウマを引きおこします。
性暴力被害者の診療や支援にあたり、このような心理的トラウマを引き起こさないような配慮が大切です。性暴力被害者に最初に接する機会がある私たち産婦人科医には、適切な配慮をした初期対応が求められています。
心理的トラウマの軽減や予防に繋がる初期対応を学ぶための講演会が8月21日に当科の共催で開催されます。皆様のご参加をお待ちします。
2013.6.28 以下の内容を更新しました
終了しました 「第8回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」のご案内
千葉県の主要な周産期センターをバスで巡回し、宿泊は県内有数のリゾート施設を利用します。各センターで周産期医療の現状を把握してもらうともに、宿泊地では問題解決に向けての最新情報を提供します。どうぞ奮ってご参加ください!
2013.6.17 以下の内容を更新しました
スタッフ紹介
2013.6.12 以下の内容を更新しました
医局員向けアナウンス
終了しました “産婦” ホームパーティのご案内
2013.4.18 地域さんか プロジェクト Zeroを立ち上げました。
さる4月14日に、地域さんかプロジェクトProject Zeroを立ち上げました。これは、母体死亡をゼロにすることを目的に、産科クリニックと3次救急受け入れ施設との連携を強化しようというプロジェクトです。詳細はこちらをご覧ください。
2013.1.31 以下の内容を更新しました
教室業績(2011年)を掲載しました。
2013.1.23 以下の内容を更新しました
「加藤レディスクリニック」見学の報告
医学部5年生3名が「加藤レディスクリニック」を見学して来ました。
2013.1.8 以下の内容を更新しました
終了しました 新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース」 講習会のご案内
今年も医学部学生と初期研修医を対象に、新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース」 講習会を開催します。講習終了時の試験合格者には日本周産期・新生児医学会から「修了認定証」が発行されます。
2012.10.25 以下の内容を更新しました
婦人科 「外来診療のご案内」
産科 「外来診療のご案内」
スタッフ紹介
2012.10.4 以下の内容を更新しました
婦人科・周産期母性科の紹介ビデオがさらにパワーアップ!
3名の研修医のコメントが加わりました。ぜひクリックしてみてください!
2012.7.25 以下の内容を更新しました
婦人科「外来診療のご案内」
産科「外来診療のご案内」
スタッフ紹介
2012.7.18 以下の内容を更新しました
婦人科・周産期母性科の紹介ビデオができあがりました。当科研修医のさまざまな声も聞くことができます。ぜひクリックしてみてください!
2012.7.13 以下の内容を更新しました
医学研究院の改編にともない 生殖医学講座 に改称いたしました。
終了しました 平成24年9月6日に第6回千葉産婦人科臨床問題研究会が開催されます。千葉大学附属病院の尾本暁子先生と浜松医科大学金山尚裕先生の講演があります。
2012.6.19 以下の内容を更新しました
終了しました 「第7回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」のご案内
千葉県の主要な周産期センターをバスで巡回し、宿泊は県内有数のリゾート施設を利用します。各センターで周産期医療の現状を把握してもらうともに、宿泊地では問題解決に向けての最新情報を提供します。どうぞ奮ってご参加ください!
2012.5.31 以下の内容を更新しました
「ALSOプロバイダーコース in Chiba 2012 Spring」のご報告
医局員向けアナウンス
2012.5.21 スタッフ紹介を更新しました
2012.5.17 以下の内容を更新しました
終了しました 平成24年6月21日に千葉産婦人科学会・医会の合同研修会が開催されます。慶應義塾大講師宮越敬先生といえさか産婦人科医院副院長家坂清子先生の講演があります。
終了しました 婦人科・周産期母性科 医局説明会のご案内
2012.4.24 以下の内容を更新しました
「新生児蘇生法(NCPR)「一次(B)コース」講習会」のご報告
2012.4.23 以下の内容を更新しました
終了しました 平成24年5月17日に、千葉市地区産婦人科医会研修会が開催されます。愛知医科大若槻明彦教授が子宮内膜症の治療について講演されます。
2012.3.8 以下の内容を更新しました
「第3回周産期急変対応セミナー」のご報告
解説講演「産科危機的出血への対応」
生水教授の講演全体が’動画+スライド’で視聴できます。
2012.2.29 以下の内容を更新しました
終了しました 新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース」 講習会のご案内
今年も医学部学生と初期研修医を対象に、新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース」講習会を開催します。講習終了時の試験合格者には日本周産期・新生児医学会から「修了認定証」が発行されます。
2012.2.9 以下の内容を更新しました
集合写真を更新しました。
2012.2.1 以下の内容を更新しました
忘年会(2011年)の様子を掲載しました。
2012.1.27 以下の内容を更新しました
終了しました 「千葉大学周産期母性科主 催解説講演」のご案内
2月26日(日)に「千葉大学病院での産科危機的出血への対応」─“コードむらさき” プロジェクト─と題して、生水教授と田中先生が解説講演をします。
2010年4月「産科危機的出血への対応ガイドライン」が関連5学会によって提言されました。各周産期施設には、ガイドラインに基づき院内マニュアルを整備しシミュレーションを繰り返すことが望まれます。千葉大学周産期母性科では、この作業に早くから着手、独自の対応ガイドラインを確立し、これを“コードむらさき”と名付けました。今回、院内および院外の関連各位に、“コードむらさき”について知っていただこうとこの講演を企画いたしました。
2012.1.12 以下の内容を更新しました
教室業績(2010年)を掲載しました。
2012.1.6 以下の内容を更新しました
「ALSOプロバイダーコース in Chiba 2011 Winter」のご報告
2011.11.7 以下の内容を更新しました
「第2回周産期急変対応セミナー」のご報告
2011.10.12 以下の内容を更新しました
終了しました「ALSOプロバイダーコースin Chiba 2011 Winter」のご案内(第1報)
2011.9.29 以下の内容を更新しました
終了しました 「第2回周産期急変対応セミナー」のご案内
終了しました 10月25日に、千葉婦人科腫瘍 診断・治療セミナーが開催されます。順天堂大学の杉村基准教授が静脈血栓症について、鳥取大学の紀川純三教授が卵巣癌化学療法の新たな試みについてご講演いただきます。奮ってご参加下さい。
2011.9.14 以下の内容を更新しました
「産科危機的大出血への対応フローチャート」千葉大方式第2回講習会のご報告
2011.9.6 以下の内容を更新しました
「産科危機的大出血への対応フローチャート」千葉大方式第2回講習会のご案内 終了しました
2011.8.30 以下の内容を更新しました
第6回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナーのご報告
2011.8.18 以下の内容を更新しました
終了しました 第7回千葉県RSウィルス研究会
周産期医療の再生にむけての千葉大学の取り組みを紹介しました。
終了しました 9月15日 6時45分から三井ガーデンホテル(千葉市中央区)で、千葉産婦人科臨床問題研究会を開催します。特別講演は、大阪大学の木村正教授です。「産婦人科疾患モデルマウスの作成と臨床への還元」というタイトルで妊娠高血圧症などに関する最新の研究成果についてもご紹介いただく予定です。奮ってご参加下さい。
2011.7.28 以下の内容を更新しました
婦人科「外来診療のご案内」
産科「外来診療のご案内」
スタッフ紹介
2011.7.20 以下の内容を更新しました
教授インタビュー「危機管理から創成発展している産婦人科学」
2011.6.2 以下の内容を更新しました
第29回日本絨毛性疾患研究会のご案内
会期 平成23年9月30日(金)〜10月1日(土)
会場 東京ステーションコンファレンス
会長 第29回日本絨毛性疾患研究会 生水 真紀夫(千葉大学)
URL http://www.macc.jp/19jpa29tdsg/
2011.7.6 以下の内容を更新しました
「新生児蘇生法(NCPR)「一次(B)コース」講習会」のご報告
2011.7.4 以下の内容を更新しました
教授コラム 「第7回 震災と周産期医療」
2011.6.30 以下の内容を更新しました
第12回 ホルモンと癌研究会を更新いたしました。
2011.6.8 以下の内容を更新しました
「第7回産婦人科診療レベルアップセミナー」のご報告
2011.6.3 以下の内容を更新しました
終了しました 新生児蘇生法(NCPR)「一次(B)コース」講習会のご案内
4月2日に開催予定であった講習会です。
「第6回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」のご案内(第1報)
千葉県の主要な周産期センターをバスで巡回し、宿泊は県内有数のリゾート施設を利用します。各センターで周産期医療の現状を把握してもらうともに、宿泊地では問題解決に向けての最新情報を提供します。どうぞ奮ってご参加ください!
2011.4.25 以下の内容を更新しました
「第7回産婦人科診療レベルアップセミナー」のご案内
初期研修医ならびに産婦人科後期研修医を対象にした少しレベルの高い内容のセミナーです。
2011.4.22 以下の内容を更新しました
平成23年5月26日に、千葉市地区産婦人科医会研修会が開催されます。東京女子医大松井英雄教授が胞状奇胎について講演されます。
平成23年6月23日に千葉産婦人科学会・医会の合同研修会が開催されます。日本医大中井章人教授(婦人科超音波)と京都府立医大北脇城教授(内膜症)の講演があります。
2011.4.18 以下の内容を更新しました
婦人科産科(周産期母性科)の外来診療のご案内
2011.4.5 以下の内容を更新しました
第12回 ホルモンと癌研究会を更新いたしました。
2011.4.15 以下の内容を更新しました
骨粗鬆症に関するセミナー(平成23年5月12日)が開催されます。奮ってご参加下さい。エストロゲンは骨粗鬆症の治療薬の1つですが、この数年あまり様々な観点から評価が見直されてきています。このセミナーでは、東京歯科大学市川総合病院教授の高松潔先生に女性のヘルスという観点からエストロゲンと関連薬についてお話しいただきます。
2011.3.24 以下の内容を更新しました
新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース」 講習会延期のお知らせ
去る3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、千葉県内でも計画停電や交通機関の乱れが依然続いております。このような混乱した状況を考慮し、4月2日開催予定でした講習会を延期することといたしました。今後の日程につきましては、経過の推移を見守った上でまた改めてお知らせいたします。
「第1回周産期急変対応セミナー」のご報告
周産期救急の実際を理解し体感してもらおうと、2月19日に「第1回周産期急変対応セミナー」が22名の参加者のもと開催されました。
2011.3.1 以下の内容を更新しました
採用者が決定しました超音波検査師(千葉大学附属病院、フルタイム)1名を募集します。看護師・臨床検査技師・診療放射線技師のいずれかの免許を有する方で産婦人科超音波検査に興味の有る方を募集します。すでに超音波検査士(認定)資格を取得済みの方を歓迎しますが、資格をお持ちでない場合には資格取得に向けてサポートします。詳細は、医局長(楯)もしくは秘書(苔縄)までお問い合わせ下さい。(043-226-2121 医局)
採用者が決定しました胚培養士(千葉大学附属病院、週20時間程度勤務)を募集します。すでに資格を取得している方を歓迎しますが、未取得の場合には資格取得に向けてサポートします。詳細は、医局長(楯)もしくは秘書(苔縄)までお問い合わせ下さい。(043-226-2121 医局)
終了しました 3月21日に新生児蘇生法(NCPR)「専門(A)コース」講習会が開催されます。医師を対象に講義と実技を行います。受講し試験に合格するとNCPR「専門(A)コース」終了認定証がもらえます。すでに「専門(A)コース」取得者は、講義のみ受講してください。コンセンサス2010年版へのアップデートを終了したことになります。
6月18日に第14回千葉県周産期新生児研究会が開催されます。会場は、富津国定公園内の「富津岬荘」です。泊まりがけで研究会を行い、翌日は潮干狩り予定です。参加者予定者を募集中です。なるべく多くの方のご参加をお待ちしています。おはやめにFAXで申し込みを。
2011.2.15 以下の内容を更新しました
新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース」 講習会のご案内
今年も医学部学生と初期研修医を対象に、新生児蘇生法(NCPR) 「一次(B)コース」講習会を開催します。講習終了時の試験合格者には日本周産期・新生児医学会から「修了認定証」が発行されます。
「2010年度 産婦人科ランチョンセミナー」のご報告
医学部4年生を対象に昼休み時間を利用して、「ステロイドホルモンが解るー考える愉しさー」というテーマで、生水教授による短期集中セミナーが開催されました。
2011.2.2 以下の内容を更新しました
2月10日に「千葉内分泌・代謝談話会」が開催されます。奮ってご参加下さい。 当科からは、ステロイド代謝酵素の異常から性分化異常をきたした珍しい症例を発表します。特別講演のテーマも「性分化」です。学部学生・研修医の参加も歓迎します。各発表では、あらかじめ疾患の解説が行われます
2011.2.1 以下の内容を更新しました
2月16日(水)に「産婦人科手術セミナー」が開催されます。今回のテーマは、「膨大動脈リンパ節郭清」です。手術手技を中心に、千葉大学の加藤一喜先生、東海大学の三上幹男先生にご講演いただきます。医療関係者であれば、だれでも参加できます。
2011.1.20 以下の内容を更新しました
印旛市郡医師会雑誌掲載 第122回北総医学会「千葉の周産期医療」 生水真紀夫
2011.1.18 以下の内容を更新しました
「加藤レディスクリニック見学」のご報告
医学部6年生「林伸彦君」の海外留学ならびに新聞掲載
2011.1.12 以下の内容を更新しました
平成23年1月17日に千葉大学NCPR2010アップデート講習会を開催します。NCPR講習会A コース、Bコース認定者およびインストラクターの方は、是非参加してください。
2月16日に産婦人科手術セミナーが開催されます。今回は、傍大動脈リンパ節郭清がテーマです。奮って参加してください。
平成23年度末に千葉県こども病院に新たに産科が開設されます。千葉大学周産期母性 科と連携しながら診療を行います。千葉県で働いてみたいと考えておられる方の参加を歓迎します。医局長まで連絡してください。
地域医療寄付講座開設(平成23年4月、予定)につき准教授(1名)、助教(3名)を募集します。大学教員として、研究のほか診療や教育を自由に行うことができます。平成24年度から、週に2日程度、地域医療に貢献することが条件となっています。千葉県で働いてみたい地域医療に興味がある診療もしたいが研究も続けたいと考えている方の応募を歓迎します。助教については、これまでの研究業績を問いません。詳細は、医局長まで。
2011.1.11 以下の内容を更新しました
「第1回 周産期急変対応セミナー」のご案内
第156号 いのはな同窓会誌を掲載しました。
2010.12.28 以下の内容を更新しました
生水教授が11月28日に「機能性嚢胞」について教育講演を行いました。卵胞嚢胞や黄 体嚢胞とホルモン分泌の関係、臨床的な取り扱いなどについてわかりやすく解説して います。関東連合地方部会のサイトで視聴できます。
第11回 関東ホルモンと癌研究会の一般演題プログラムをアップ致しました。
2010.12.24 以下の内容を更新しました
生水教授 ミレニアム31号 掲載記事
2010.12.15 以下の内容を更新しました
教室業績(2009年)を掲載しました。
2010.12.8 以下の内容を更新しました
第11回 関東ホルモンと癌研究会の演題登録は締め切りました。多数のご応募をありがとうございました。
2010.12.3 以下の内容を更新しました
教室の5年の歩みを教授コラムに掲載しました。千葉大学産婦人科で行っているシステム整備について、医療崩壊から再生への項で紹介しています。
2010.12.2 産婦人科教室のロゴマークが商標登録出願されました。
2010.11.9 婦人科「外来診療のご案内」を更新しました
2010.10.22 以下の内容を更新しました
第12回婦人科臨床腫瘍研究会および世話人会の案内を掲載しました。平成22年11月19日(金)世話人会(18:00より)研究会(18:30より)幕張のホテル・ ザ・マンハッタンで開催します。ふるってご参加下さい。
2010.10.18 以下の内容を更新しました
周産期母性科主催セミナー「胎児医療の最前線から」のご報告
2010.10.15 以下の内容を更新しました
第12回 ホルモンと癌研究会の開催案内を掲載しました。2011年7月15日(金)と16日(土)の2日間です。皆様のご参加をお待ちしています。
2010.10.5 以下の内容を更新しました
第11回 関東ホルモンと癌研究会のお知らせを更新しました。
遺伝性女性化乳房症の略号をAREXSからAEXSに変更しました。
詳しくはこちら
2010.9.27 以下の内容を更新しました
第13回千葉県周産期新生児研究会のお知らせ
第112回千葉県周産期新生児イメージカンファレンスのお知らせ
2010.9.16 以下の内容を更新しました
10月19日に学外講師による特別講演(千葉大学医学部第三講義室)を行います。 1時限目が金沢大学大学院医学研究院 井上正樹教授(子宮癌の発生とその予防・治療)、2時限目が池ノ上克教授(脳性小児麻痺の原因と予防、妊娠分娩管理、周産期救急システム)です。医学部学生のほか、大学院生、医局員の聴講も歓迎します。
2010.9.14 以下の内容を更新しました
第11回 関東ホルモンと癌研究会のお知らせ
2010.9.7 以下の内容を更新しました
「ALSOプロバイダーコース in Chiba 2010 Summer」のご報告
「第5回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」のご報告
2010.9.3 以下の内容を更新しました
AREXS(遺伝性女性化乳房)のページができました。
第7回千葉内分泌・代謝談話会のお知らせ
第4回千葉産婦人科臨床問題研究会のお知らせ
2010.9.1 以下の内容を更新しました
教室のロゴマークを掲載しました。
教室業績(2008年)を掲載しました。
2010.8.27 以下の内容を更新しました
周産期母性科主催セミナー「胎児医療の最前線から」のご案内
千葉大学周産期母性科では、新生児蘇生法(NCPR)「専門(A)コース」講習会開催をサポートしています。詳しくはこちらをご覧下さい。
千葉大入局者数の図を最新のものに更新しました。
生殖機能病態学トップページに医局員向けアナウンスができました。
教授挨拶の関連リンクを追加しました。
2010.7.12 以下の内容を更新しました
スタッフ紹介
婦人科産科(周産期母性科)の外来診療のご案内を更新しました。
2010.5.18 以下の内容を更新しました
「第5回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」のご案内
「ALSOプロバイダーコース in Chiba 2010 Summer」のご案内
2010.4.5 以下の内容を更新しました
新生児蘇生法(NCPR)「一次(B)コース」講習会のご報告
2010.3.2 以下の内容を更新しました
「第5回 産婦人科診療レベルアップセミナー」のご報告
2010.1.29 以下の内容を更新しました
新生児蘇生法(NCPR)「一次(B)コース」講習会のご案内
2009.11.25 以下の内容を更新しました
婦人科腫瘍外科 アドバンストコース
2009.10.13 以下の内容を更新しました
「第4回 産婦人科診療レベルアップセミナー」のご報告
スタッフ紹介
2009.9.28 「ALSOプロバイダーコース in Chiba 2009 Summer」のご報告
2009.9.8 第4回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナーのご報告
2009.7.3 「ALSOプロバイダーコースin Chiba 2009 Summer」のご案内(第1報)
定員に達しましたので申込み受付を終了いたしました。
多数のご応募誠にありがとうございました。
2009.6.19 以下の内容を更新しました
「ALSOプロバイダーコースin Chiba 2009 Summer」のご案内(第1報)
2009.5.28 以下の内容を更新しました
「第3回 産婦人科診療レベルアップセミナー」のご報告
2009.5.14 以下の内容を更新しました
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
教室業績(2007年)
“婦人科腫瘍外科 アドバンストコース”のご案内(改訂版)
「第4回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」のご案内(第1報)
2009.3.30 以下の内容を更新しました
新生児蘇生法(NCPR)「一次(B)コース」講習会のご報告
チョコレート嚢胞の手術適応基準(悪性化からみた)
 当科ではチョコレート嚢胞をこのように管理しています
2009.2.4 以下の内容を更新しました
新生児蘇生法(NCPR)「一次(B)コース」講習会のお知らせ(第1報)
2008.12.26 教授挨拶を更新しました
・当科の“再発性卵巣がんに対するゲムシタビン単剤治療”が「がんナビ」に掲載されました。
2008.8.27 以下の内容を更新しました
・教授コラム 「第5回 私が症例報告を書く理由」
「第3回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」のご報告
「産婦人科体験セミナー in Chiba 2008 Summer」のご報告
2008.7.4 以下の内容を更新しました
・「第3回千葉県周産期診療施設見学ツアーセミナー」のご案内(第2報)
・「産婦人科体験セミナー in Chiba 2008 Summer」のご案内(第2報)
2008.6.6 以下の内容を更新しました
“婦人科腫瘍外科 アドバンストコース”のご案内
2008.5.14 以下の内容を更新しました
・教授コラム
 第4回 産婦人科医師不足と医療崩壊
スタッフ紹介を更新しました
入局案内(研修医募集)
婦人科産科(周産期母性科)の外来診療のご案内を更新しました。
2008.2.19 以下の内容を更新しました
・「周産期・新生児医療セミナー in Chiba 2008 Spring」のご案内
・「千葉大学附属病院産婦人科の産科ガイドラインづくりのためのWebsite Chiba ObGy」を同窓会会員専用サイト内の関連リンクとしました。
2007.10.18 入局案内(研修医募集)を更新しました
2007.8.31 入局案内(研修医募集)を更新しました
2007.8.8 入局案内(研修医募集)を更新しました
2007.7.3 以下の内容を更新しました
・教授コラム
 第3回 環境と周産期を考える
入局案内(研修医募集)
スタッフ紹介
2007.5.22 入局案内(研修医募集)を更新しました
2007.5.15 以下の内容を更新しました
・教授コラム
 第2回 産科医療再生への道 - 平成19年
スタッフ紹介を更新いたしました
2007.4.23 以下の内容を更新しました
入局案内(研修医募集)
スタッフ紹介
・婦人科「外来診療のご案内
・周産期母性科「外来診療のご案内
2006.11.6 以下の内容を更新しました
スタッフ紹介
・婦人科「外来診療のご案内
・周産期母性科「外来診療のご案内
2006.8.25 婦人科「主な診療内容」・スタッフ紹介を更新しました
2006.4.11 スタッフ紹介を更新しました
2006.3.28 ホームページをリニューアルしました


ひとつ前のページに戻る ホームに戻る

(C)Copyright 千葉大学医学部附属病院 婦人科・周産期母性科 All rights reserved.