千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
教授挨拶 婦人科腫瘍グループ
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

婦人科腫瘍グループ
 ガイドラインに基づく標準治療は大切ですが、大学は標準医療を越えた新たな治療法の開発にも取り組まなければなりません。婦人科腫瘍グループでは、卵巣癌のmaximum debulking surgery や子宮頚癌のdaily concurrent chemo-radiotherapy(daily CCRT)など新しい治療を試みています。絨毛性疾患も当教室の特徴の一つです。全国でも有数の患者数を有し、DNA診断や免疫染色診断の臨床応用を目指しています。

前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ