千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
周産期・不妊生殖・腫瘍の各専門医 詳細
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

周産期・不妊生殖・腫瘍の各専門医
 あたらしい教室では、スタッフの専門を周産期・不妊生殖・婦人科腫瘍の3つに分けて診療と研究を進めています。(将来は、更年期をもう一つの柱として加えることも考えています。)
 千葉大学産婦人科では、これまで婦人科腫瘍の分野を中心に多くの人材を輩出してきました。高見澤名誉教授・関谷名誉教授の指導のもと、子宮癌や卵巣癌の診断・手術・化学療法の面で、日本をリードする診療レベルを誇ってきました。また、絨毛癌診療では、松井助教授を中心に多くの患者の治療に当たり、日本の絨毛がん診療の拠点となっています。
 周産期診療では、卓越した技術を有する小児外科と内分泌専門の小児科を有する大学病院としてのメリットを生かすために、出生前胎児診断・治療に積極的に取り組んでいます。国内外の各専門施設との連携を通じて、多くの疾患に対応できる体制を整えつつあります。
 不妊・生殖医療では、先進の生殖補助医療技術(体外受精)を導入して診療と研究を進めています。“命の誕生と発生”に直結した、興味ぶかい研究診療分野です。本学泌尿器科の市川教授は男性不妊の専門家、解剖学第二(形態形成学)の年森教授は精子研究の第一人者です。これらの教室と共同で、研究と臨床を進めています。

前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ