千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
教授挨拶 生水真紀夫
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

生水真紀夫
 石川県出身。昭和56年に金沢大学を卒業し、母校の産婦人科に入局しました。発生学に興味があり学部在学中から解剖学教室で胎児肝血管系の三次元観察など研究の手ほどきを受けていたこともあって、産婦人科を選びました。入局後、妊娠子癇や骨盤位分娩などダイナミックな変化を示す母子の病態、そして産科医の適切な手技や処置によってすみやかに回復していく姿を目の当たりにし、周産期医学の厳しさを実感するとともに臨床医としてのやりがいを学びました。当初は、2・3年の臨床経験を積んだ後に基礎の教室に入り直すつもりでいたのですが、患者さんに向き合って必死に勉強しながら診断や治療に取り組んでいるうちに、臨床医学のおもしろさに魅了され、いつしか生殖医学の虜になっていました。大学院生のときに世界ではじめてのエストロゲン合成酵素欠損症の症例を発見したのが契機となり、1995年からテキサス大学医学部生殖医学研究所に留学しました。1999年からは金沢大学附属病院に新設された周産母子センター助教授となり、周産期および不妊症治療などに取り組んで来ました。

前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ