千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
研修医の皆さんへ 「第2回周産期急変対応セミナー」のご報告
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
婦人科腫瘍外科アドバンストコース
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

「第2回周産期急変対応セミナー」のご報告
 10月17日(日)に「第2回周産期急変対応セミナー」が、千葉大学医学部附属病院において千葉大学周産期母性科とNPO法人千葉医師研修支援ネットワークの共催で行われました。参加者は計18名で、内訳は臨床研修医6名、看護系学生3名、助産師7名、看護師2名でした。
 ALSOやNCPRの講習内容に準じたレクチャーの後、最新のワイアレス分娩シミュレーター”Noelle”や”新生児シミュレーター”HAL”を使ったワークショップで実技学習を行いました。今回は第1回の症例シナリオに「妊婦の心肺蘇生」が加わり、実技学習の内容はますます充実し臨場感もさらに増してきました。前回と同様に、参加者からは肯定的な評価をいただくことができました。
 今回のインストラクター陣は、産婦人科医師1名、シミュレーションセンター管理者1名、救急部医師1名、看護学部教員2名、手術部看護師1名、産婦人科研修医1名、麻酔科研修医1名の計8名で構成されていました。それぞれバックグラウンドは異なるものの、産科救急医療の向上にシミュレーション学習は不可欠であるという共通認識を持つ仲間です。今後このメンバーがコアとなり、本セミナー活動が千葉大学から千葉県内へ、やがて全国へと広まっていくことを思い描いております。

開催者代表 千葉大学周産期母性科 長田久夫

プログラム

13:00-13:05 開会挨拶 オリエンテーション

13:05-14:05 レクチャー(第1講堂)<各20分>
ALSO (産科救急公認コース)の講習内容に準じたレクチャー
  1. 内科的合併症  講師:臼井いづみ
  2. 補助経膣分娩  講師:計良和範
NCPR (新生児蘇生公認コース)の講習内容に準じたレクチャー
  1. 人工呼吸と胸骨圧迫まで  講師:長田久夫

14:05-14:10 休憩

14:10-14:55 シミュレーション学習<各15分>
(シミュレーションセンター、2グループに分かれて)
1. ノエルを使ったシナリオ演習その1 1回目
  インストラクター:臼井、坂上、計良、淀川、小澤

2. ハルを使ったシナリオ演習
  インストラクター:長田、加古

3. ノエルを使ったシナリオ演習その1 2回目
  インストラクター:臼井、坂上、計良、淀川、小澤

14:55-15:00 休憩

15:00-15:40 レクチャー(第1講堂)<各20分>
ALSO (産科救急公認コース)の講習内容に準じたレクチャー
  3. 産後大出血  講師:淀川祐紀
  4. 妊婦蘇生  講師:加古訓之

15:40-16:15 シミュレーション学習
(シミュレーションセンター、2グループに分かれて)
1. ノエルを使ったシナリオ演習その2 1回目<20分>
  インストラクター:臼井、坂上、計良、淀川、小澤

2. レサシアンを使ったシナリオ演習<15分>
  インストラクター:加古、計良、淀川、高鹿

16:15-16:20 休憩

16:20-16:40 シミュレーション学習
(シミュレーションセンター、2グループに分かれて)
3. ノエルを使ったシナリオ演習その2 2回目<20分>
  インストラクター:臼井、坂上、計良、淀川、小澤

16:40-17:00 総括

17:00-17:05 閉会挨拶


前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ