千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
研修医の皆さんへ 「第3回周産期急変対応セミナー」のご報告
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
婦人科腫瘍外科アドバンストコース
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

「第3回周産期急変対応セミナー」のご報告
 2月26日(日)に「第3回周産期急変対応セミナー」が、千葉大学医学部附属病院クリニカル・スキルズセンターにおいて、千葉大学周産期母性科とNPO法人千葉医師研修支援ネットワークの共催で行われました。参加者は計24名で、内訳は初期研修医8名、後期研修医5名、医師2名、助産師9名でした。
 ALSOの講習内容に準じた講義の後、最新のワイアレス分娩シミュレーター”Noelle”をはじめとする各種シミュレーターを使ったワークショップで実技学習を行いました。今回のテーマは、内科合併症、補助経腟分娩、肩甲難産、産後大出血、妊婦蘇生と盛りだくさんな内容でした。タイトなスケジュールでしたが、参加者からは高い評価をいただくことができました。
 レクチャー、ワークステーションに引き続き、今回の目玉である解説講演「千葉大学病院での産科危機的出血への対応 “コードむらさき” プロジェクト」が、当科の生水教授と田中医師によって行われました。講演部分についてはオープン参加で、近隣の産科施設、消防局、輸血部などからもお集まりいただき、参加者は総勢70名以上に膨れ上がりました。当科若手医師からなる「劇団むらさき」によるデモンストレーション「“コードむらさき” 発動」も飛び出し、大盛り上がりのうちに終了となりました。
 なお本セミナー内容は、NTTコミュニケーションの方々のご協力のもと完全収録されており、教材用に編集した後、一部は近日中に当科HP上にアップする予定ですので、どうぞお楽しみにしてください。

開催者代表 千葉大学周産期母性科 長田久夫

プログラム

10:00 AM - 10:15 AM(レクチャー室1)
レクチャー① 内科合併症

10:15 AM - 10:35 AM
レクチャー② 補助経腟分娩

10:35 AM - 10:55
レクチャー③ 肩甲難産

10:55 AM - 11:15
レクチャー④ 産後大出血

11:15 AM - 11:30
レクチャー⑤ 妊婦蘇生

11:30 AM - 0:10 PM
昼食,集合写真撮影

0:10 PM - 1:20 PM
Group1(シミュレーション室)
 ワークステーション①④
 高血圧-急速遂娩-産後大出血(ノエル使用)

Group2(レクチャー室2)
 ワークステーション② 補助経腟分娩(骨盤模型使用)
 ワークステーション③ 肩甲難産(骨盤模型使用)
 ワークステーション⑤ 妊婦蘇生(レサシアン使用)

1:30PM - 2:40 PM
Group2(シミュレーション室)
 ワークステーション①④
 高血圧-急速遂娩-産後大出血(ノエル使用)

Group1(レクチャー室2)
 ワークステーション② 補助経腟分娩(骨盤模型使用)
 ワークステーション③ 肩甲難産(骨盤模型使用)
 ワークステーション⑤ 妊婦蘇生(レサシアン使用)

3:00 PM - 3:50 PM (メインホール)
解説講演 「産科危機的出血への対応」
 千葉大学大学院医学研究院生殖機能病態学 生水 真紀夫

3:50 PM - 4:20 PM (メインホール)
解説講演 「“コードむらさき” プロジェクト」
 千葉大学大学院医学部附属病院周産期母性科 田中 宏一

4:20 PM - 4:40 PM (メインホール)
デモンストレーション 「“コードむらさき” 発動」

4:40 PM - 5:00 PM (メインホール)
質疑応答

5:10 PM -
懇親会 (ひがし棟11階 ヴァンセーヌ)


前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ