千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
ホーム 千葉大学産婦人科研修プログラム(予定) 概要
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター


千葉大学産婦人科 後期 研修プログラム 概要のご案内

「千葉大学産婦人科研修プログラム」では、千葉大学医学部附属病院を基幹とし、千葉県内を中心に28の病院と連携して「千葉の力を結集」して専門医を育てます。

本プログラムの最大の特徴は、多数の施設によるmultidimensionalな研修にあります。これまで別々の専攻医研修プログラムを実施してきた施設が、統一プログラムのもとそれぞれの特長を生かして教育研修を担当します。専攻医は、研修施設の内からそれぞれのニーズに見合う最も適切な施設を複数選択して、ローテーションします。複数の病院を廻り、専門性や考え方・経歴などの異なる多くの指導医に接することで、複眼的視野を持った専門医を目指します。

本プログラムの2つ目の特徴は、研修中に、専攻医それぞれが自らの研修成果を形成的に評価して、必要に応じて研修プランの調整を行う点です。評価は研修責任者とともに行い、研修先の選択についてアドバイスを受けます。これにより、研修成果を基盤としたバランスのとれた研修を可能にします。

本プログラムは、これまでの「医局入局後の研修制度」とは異なるコンセプトに基づくものです。いわゆる「入局希望者」はもちろん、それ以外の専攻医も受け入れます。専攻医として研修を始めるにあたり、各専攻医は研修の相談担当者(指導医)を指定して、研修期間中にその指導医との関係を継続することが可能です。研修先や専門医資格取得後のサブスペシャリティ研修などさまざまな問題が生じた際には、この指導医に個別に相談することができます。

さらに、専門医取得後のサブスペシャリティ研修や大学院進学の希望者には、スムーズな移行ができるように現在制度の整備を進めています。

将来、千葉県で働きたいと考えている初期研修医のみなさん、ぜひ当プログラムに参加して充実した研修を始めてください。私たちは、「千葉の力を結集して」良質な研修環境を提供します。


千葉大学産婦人科後期研修プログラム説明会(医局説明会2018)のご案内


拝啓 

  風薫る新緑の季節 みなさまにおかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

  さて、千葉大学医学部附属病院婦人科・周産期母性科では、当科の研修プログラムをよく知っていただくために毎年説明会を実施しています。新たな研修医制度が始まったことに伴い、昨年に引き続き、当プログラムに興味のある初期研修医・学生を対象に説明会を開催いたします。

  また、説明会終了後には懇親会を行う予定です。第1回、第2回ともに同じ内容となりますので、ご都合のつく日にご参加いただけばと思います。

  申し込み希望の方は、所属・学年・氏名・参加日を記載の上、ご連絡ください。みなさまのご参加をお待ちしております。

敬具



日時・場所
         第1回:平成30年6月24日(日)15:00〜17:00
         千葉大学医学部附属病院
         クリニカルスキルズセンター レクチャー室2

         第2回:平成30年7月13日(金)18:00〜20:00
         千葉大学医学部附属病院
         外来診療棟3階 セミナー室1

         ※会場案内はこちら


連絡先:
医局長 井上 万里子  
連絡先 sanfujinka@office.chiba-u.jp
Tel: 043-226-2121



千葉大プログラム

千葉大プログラム参考資料

産婦人科専門研修カリキュラム

研修コース

研修施設

サブスペシャリティの取得に向けたプログラム

 

前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ