千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
トップページ 第11回 関東ホルモンと癌研究会
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

第11回 関東ホルモンと癌研究会
第11回関東ホルモンと癌研究会は盛会のなか終了いたしました。

日 時 平成23年1月29日(土) 14:00〜18:00
会 場 持田製薬株式会社 本社 ルークホール(東京都新宿区四谷1-7)
※地図はこちらPDF
当番幹事 生水 真紀夫 (千葉大学大学院 医学研究院 生殖機能病態学 教授)
〒260-8677 千葉市中央区亥鼻1-8-1
TEL:043-226-2121 FAX:043-226-2122
テーマ 『内分泌療法の現状と課題』
主 催 関東ホルモンと癌研究会

プログラム
14:00〜14:50 特別講演
座長: 生水真紀夫
「がんの補完代替療法」
演者 鈴木 信孝 先生
(金沢大学大学院医学系研究科 臨床研究開発補完代替医療学 教授)
14:50〜15:50 ラウンドディスカッション 一般演題発表(ポスター) Coffee Break
15:50〜17:50 シンポジウム 「内分泌療法の現状と課題」
座長: 市川 智彦 先生 (千葉大学大学院医学研究院 泌尿器科学)
津川 浩一郎 先生 (聖マリアンナ医科大学 外科学 乳腺内分泌外科)
①白血病・悪性リンパ腫:核内受容体を介した染色体構造調節機構の解明
武山 健一 先生 (東京大学分子細胞生物学研究所 准教授)
②前立腺癌:前立腺癌に対する内分泌療法:現状と課題
今本 敬 先生 (千葉大学泌尿器科 講師)
③子宮体癌:子宮体癌に対する内分泌療法
三橋 暁 先生 (千葉大学婦人科 准教授)
④乳癌:乳癌内分泌療法が目指すもの
佐治 重衡 先生 (埼玉医科大学国際医療センター 腫瘍内科 准教授)
17:50〜17:55 研究奨励賞発表と贈呈式
17:55〜18:00 閉会の辞

一般演題プログラム
PDF一般演題プログラムはこちら

一般演題募集要項
 本研究会は「内分泌療法の現状と課題」をテーマに乳腺、前立腺、婦人科領域等における基礎から臨床の一般演題を募集します。問題を多角的にとらえ、各分野の発表、議論を通じて今後の研究・臨床への指針、情報を提供します。
 ぜひ、日頃の研究・臨床の成果を積極的にご発表下さい。多くの方の応募をお待ちしております。優秀演題(2題)を選び、研究奨励賞を贈呈する予定です。奮って、ご応募下さい。

発表形式
ポスター形式

応募資格
特にありません。奮ってご応募ください。

演題申込み
当番幹事 千葉大学医学部産婦人科あてE-mailによる申込とします。
E-mail:fujin@office.chiba-u.jp
1)募集期間: 平成22年10月1日〜平成22年12月3日(金)
演題登録は締め切りました。多数のご応募をありがとうございました。
2) 応募方法: Microsoft Wordで作成した抄録ファイルをE-mailに添付してください。
メールタイトルあるいはメール内容に「関東ホルモンと癌研究会・所属・氏名」を必ず明記してください。
3) 抄録書式: ①演題名
②発表者氏名・ふりがな(共同演者がある場合は、演者の上に○をつける)
③発表者所属
④連絡先住所・電話・ファックス番号・Emailアドレス
⑤抄録
 ・WORD文書にて作成してください。
 ・フォントサイズは12ptで、A4用紙1ページに収まるように作成して下さい。

演題採否
演題の採否および発表形式は、平成22年12月下旬に通知いたします。
その際、演題番号、ポスター受付についての詳細もお知らせいたします。

問い合わせ
関東ホルモンと癌研究会
第11回当番幹事 千葉大学産婦人科 生水真紀夫
〒260-8677 千葉市中央区亥鼻1-8-1
TEL:043-226-2121 FAX:043-226-2122 E-mail:fujin@office.chiba-u.jp
関東ホルモンと癌研究会ホームページ http://www.jfcr.or.jp/KANTO-HORMONE/


前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ