千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
スタッフ紹介 三橋 暁
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

スタッフ紹介

三橋 暁 Mitsuhashi Akira 准教授 医学博士
所属:
千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座
学歴・職歴:
弘前大学医学部卒業(1990)
千葉大学医学部附属病院助手(1998)
千葉大学外科系博士(1999)
千葉大学大学院医学研究院助手(2004)
千葉大学大学院医学研究院講師(2006)
電子メール:
antira@faculty.chiba-u.jp
専門分野:
婦人科腫瘍学,産婦人科領域の基礎研究
研究課題:
エストロゲン依存性子宮体癌発癌過程の解明
エストロゲン依存性子宮体癌に対するメトホルミンの臨床応用にむけた研究
キーワード:

研究業績:
主な論文

1. The Efficacy of Palonosetron Plus Dexamethasone in Preventing Chemoradiotherapy-induced Nausea and Emesis in Patients Receiving Daily Low-dose Cisplatin-based Concurrent Chemoradiotherapy for Uterine Cervical Cancer: A Phase II Study.
Mitsuhashi A, Usui H, Nishikimi K, Yamamoto N, Hanawa S, Tate S, Watanabe-Nemoto M, Uno T, Shozu M. Am J Clin Oncol. 2014 in press
2. Effects of metformin on endometrial cancer cell growth in vivo: a preoperative prospective trial.
Mitsuhashi A, Kiyokawa T, Sato Y, Shozu M. Cancer. 2014:  120(19):2986-95
3. Daily low-dose cisplatin-based concurrent chemoradiotherapy in patients with uterine cervical cancer with emphasis on elderly patients: a phase 2 trial.
Mitsuhashi A, Uno T, Usui H, Nishikimi K, Yamamoto N, Watanabe M, Tate S, Hirashiki K, Kato K, Yamazawa K, Shozu M. Int J Gynecol Cancer. 2013: 23(8):1453-8.
4.
Mitsuhashi A, Matsui H, Usui H, Nagai Y, Tate S, Unno Y, Hirashiki K, Seki K, Shozu M.
Serum YKL-40 as a marker for cervical adenocarcinoma.Ann Oncol. 2009 20(1):71-7.
5.
Mitsuhashi A, Suzuka K, Yamazawa K, Matsui H, Seki K, Sekiya S.
Serum vascular endothelial growth factor (VEGF) and VEGF-C levels as tumor markers in patients with cervical carcinoma. Cancer. 2005 15;103(4):724-30.
6.
Mitsuhashi A, Uno T, Tanaka N, Suzuka K, Tate S, Yamazawa K, Matsui H, Yamamoto S, Ito H, Sekiya S.
Phase I study of daily cisplatin and concurrent radiotherapy in patients with cervical carcinoma. Gynecol Oncol. 2005 96(1):194-7.
7.
Mitsuhashi A, Yamazawa K, Nagai Y, Tanaka N, Matsui H, Sekiya S.
Correlation between MUC5AC expression and the prognosis of patients with adenocarcinoma of the uterine cervix.
Ann Surg Oncol. 2004 11(1):40-4.
8. Mitsuhashi A, Tanaka N, Suzuka K, Matsui H, Seki K, Sekiya S.
Detection of epidermal growth factor receptor mRNA in peripheral blood of cervical cancer patients. Gynecol Oncol. 2003 89(3):480-5.
全ての論文
教育担当科目等: 婦人科
所属学会:
日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会(評議員、婦人科腫瘍専門医)
日本臨床細胞学会(評議員、細胞診専門医)
日本癌治療学会
日本癌学会
ひとこと: 婦人科がんは治すだけではなく、妊孕性を残すことも重要なテーマです。子宮頸癌は20代で最も多い癌であり、子宮体癌も若年者で増加しています。子宮頸癌は検診やワクチンも開発されましたが、子宮体癌、卵巣癌ではまだまだ不十分で、早期発見や安全な温存治療の開発をめざしています。
婦人科腫瘍学には、手術という外科的側面のほか、女性ホルモンと発癌の関係や化学療法を扱う点など内科的側面もあります。また病理、放射線、緩和医療なども専門対象となり、奥が深い分野です。一緒に婦人科腫瘍専門医をめざしましょう。

前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ