千葉大学大学院医学研究院 生殖医学講座 (旧生殖機能病態学 千葉大学産婦人科)
スタッフ紹介 長田 久夫
メニュー
教授挨拶
教授コラム
沿革
研究内容
臨床研究
教室業績
スタッフ紹介
スタッフからのメッセージ
研修医の皆さんへ
関連施設
婦人科・周産期母性科サイト
AEXS
同窓会会員専用サイト
地域さんかプロジェクト Zero
リクルートサイト メディカルキャリアセンター
紹介ビデオ
千葉大学医学部附属病院 産婦人科紹介
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.1
千葉大学医学部附属病院 産婦人科 研修医 ver.2
教室ポスター
教室ポスター

スタッフ紹介

長田 久夫 Osada Hisao 診療教授 医学博士
所属:
千葉大学附属病院 周産期母性科
学歴・職歴:
千葉大学医学部卒業(1981)
千葉大学大学院医学研究科博士課程(外科系)修了(1991)
千葉大学医学部助手(産科婦人科)(1991)
千葉大学医学部附属病院講師 (産科婦人科)(1998)
順天堂大学医学部附属静岡病院講師(2005)
千葉大学医学部附属病院准教授 (周産期・母性科)(2007)
千葉大学医学部附属病院診療教授 (周産期・母性科)(2009)
電子メール:
hosada@faculty.chiba-u.jp
専門分野:
周産期医学,臨床遺伝学,生殖免疫学
研究課題:
胎児発育と遺伝子制御
胎児環境汚染の評価
胎児画像診断の開発応用
キーワード:
胎児,遺伝子制御,環境汚染,画像診断
研究業績:
主な論文

1. Osada, H. (2009) Association between polymorphisms in genes related to common adult diseases and fetal growth. Clinical Medicine: Pediatrics 3:11-18.
2. Osada, H., Seki, K. and Sekiya, S. (2007) Genetic variations within the insulin gene region are associated with accelerated fetal growth. Tohoku J Exp Med 212:27-34.
3. Kaku, K., Osada, H., Seki, K., and Sekiya, S. (2007) Insulin-like growth factor 2 (IGF2) and IGF2 receptor gene variants are associated with fetal growth. Acta Paediatr 96: 363-367.
4. Koshiishi, T., Osada, H., Hata, A., Furugen, Y., Murakoshi, T. and Mitsuhashi, N. (2007) Prenatal rupture of a ventricular diverticulum after fetoscopic laser photocoagulation: a case report and review of the literature. Prenatal Diagn 27: 1154-1157.
5. Omori-Inoue, M., Fukata, H., Komiyama, M., Todaka, E., Aburatani, H., Osada, H. and Mori, C. (2007) The contamination levels of organochlorines and the pattern of gene expressions in human umbilical cords from intra-pairs of twins at delivery. Reprod. Toxicol. 23:283-289.
6. Todaka, E., Sakurai, K., Fukata, H., Miyagawa, H., Uzuki, M., Omori, M., Osada, H., Ikezuki, Y., Tsutsumi, O., Iguchi, T. and Mori C. (2005) Fetal exposure to phytoestrogens - the difference of phytoestrogen status in mother and fetus. Environ. Res. 99:195-203.
7. Fukata, H., Omori, M., Osada, H., Todaka, E., and Mori, C. (2005) Necessity to measure PCBs and organochlorine pesticide concentrations in human umbilical cords for fetal exposure assessment. Environ. Health Perspect. 113,297-303.
8. Osada, H., Sakamoto, R., Seki, K., and Sekiya, S. (2005) Accelerated bone turnover in pregnant women with McCune-Albright syndrome. Gynecol. Obstet. Invest. 60:102-107.
9. Osada, H., Kaku, K., Masuda, K., Iitsuka, Y., Seki, K. and Sekiya, S. (2004) Quantitative and qualitative evaluations of fetal lung with MR imaging. Radiology 231: 887-92.
教育担当科目等:
講義 周産期医学,遺伝分子医学,生命倫理
所属学会:
日本産科婦人科学会 (代議員)
日本周産期・新生児学会 (評議員)
日本遺伝カウンセリング学会 (評議員)
日本母性衛生学会 (評議員)
千葉県母性衛生学会 (理事)
分娩監視研究会 (幹事)
日本人類遺伝学会
日本小児放射線学会
日本臨床遺伝研究会
染色体研究会
学会開催等:
第19回分娩監視研究会
特許:
講演可能テーマ:
周産期と遺伝
胎児画像診断
招待講演等:
胎児画像診断の新しい展開.日本産婦人科医会学術集会.(2004)
3次元超音波法ならびに高速度MRI撮像法を用いた胎児肺低形成の評価.日本胎児心臓病研究会学術集会.(2005)
‘DOHaD (Developmental Origins of Heath and Disease)説’の遺伝学的検証−糖尿病関連遺伝子群ならびにG蛋白遺伝子内のSNPs (single nucleotide polymorphisms)と胎児発育との関連から−. 第26回日本周産期・新生児医学会周産期学シンポジウム. (2008)
受賞歴:
日本小児放射線学会小池賞 (MRIによる胎児肺評価に関する研究, 2003)
日本産科婦人科学会千葉地方部会学術奨励賞 (3次元超音波装置を用いた胎児肺容量の測定とその応用, 2005)
ひとこと:
教育ならびにリクルート担当です。大学に残った昭和卒業世代として、周産期医療の魅力を学生や研修医に伝え続けたいと思っています。
「明るく元気な産婦人科」をモットーに若い人たちと毎日楽しくやっています。週末や休み期間中は、セミナー開催などイベント業に精を出しています。
私たちの様子を是非一度見に来てください。

前のページに戻る ページ先頭へ戻る ホームに戻る
サイトマップ