交通アクセス Sitemap Home
CONTENTS
教授挨拶
診療科紹介
業績紹介
医療関係者の方へ
治験・臨床試験について
同門会
関連施設
お問い合わせ
English
Home > 治験・臨床試験について
治験・臨床試験について


肝炎グループ
B型肝炎、テノフォビル(エントリー終了)
C型肝炎
1. MP424(テラプレビル) + ペガシス/コペガス(エントリー終了)
2. BMS-790052(ダクラタスビル) + NS3 inhibitor (アスナプレビル)ほか(エントリー終了)
3. Sofosbuvir (G1, G2)(エントリー終了)
このページの先頭に戻る
肝癌グループ
自主臨床試験① TACE±Sorafenib (TACTICS)(phase II)
自主臨床試験② Sorafenib±Low-dose FP (SILIUS)(phase II)
自主臨床試験③ Disulfiram (phase I/ II)
自主臨床試験④ TACE+GC (phase II)
自主臨床試験⑤ RFA; Propofol vs. Midazolam (phase II)
自主臨床試験⑥ OPTIMIS (観察研究)
自主臨床試験⑦ Sorafenib dose re-escalation (phase II) (予定)
自主臨床試験⑧ Metformin術後補助化学療法 (phase I/ II) (予定)
自主臨床試験⑨ HAIC for Sorafenib failure (phase II) (予定)
治験① NIK-333 (phase III)
治験② S-888711 (phase III)
治験③ ARQ197 (phase III)
治験④ Regorafenib (phase III)
治験⑤ BAY86-9766 (phase II)
このページの先頭に戻る
門脈圧亢進症グループ
・自主臨床試験1: 肝腫瘍の診断における新たな超音波表示法“Fusion imaging (smart fusion)”の有用性の検討
・自主臨床試験2: 血栓性肝疾患(門脈血栓症及びBudd-Chiari syndrome)に対するプラザキサの臨床的有用性に関する検討
・自主臨床試験3: 食道静脈瘤に対する内視鏡的結紮術治療後の再発予測因子についての臨床的検討
・自主臨床試験4: 慢性肝炎・肝硬変における胃噴門部血行動態の解析 門脈圧亢進症・静脈瘤の発現に関わる血流異常初期因子の解明
・自主臨床試験5: 新たな超音波映像法「Fly Thru」による肝表面構造観察のびまん性肝疾患診断における有用性の検討
・自主臨床試験6: インターフェロン施行の肝硬変症における門脈血行動態についての臨床的研究
・自主臨床試験7: 慢性肝炎・肝硬変における消化管血流異常の病態解明に関する臨床的研究
・自主臨床試験8: 三次元カラードプラ超音波による穹窿部胃静脈瘤の評価に関する臨床的研究
・自主臨床試験9: ソナゾイドを用いた造影超音波による肝床部腫瘍浸潤の有無・程度の評価に関する臨床的研究:胆嚢腫瘤性病変例における検討
・自主臨床試験10: 肝外門脈閉塞症の臨床像と脾臓循環の意義に関する検討
・自主臨床試験11: 肝硬変症における腹水の病態と治療効果予測における脾臓循環の意義に関する検討
・自主臨床試験12: 食道静脈瘤硬化療法後の経過における脾臓循環の意義に関する検討
・自主臨床試験13: 門脈圧亢進症を来たす疾患群の鑑別におけるtransient elastographyを用いた肝硬度測定の有用性の検討
・自主臨床試験14: 肝細胞癌におけるソナゾイド造影超音波の腫瘍血流検出能の検討 経静脈性造影CT、血管造影下CTとの比較
・自主臨床試験15: 肝細胞癌の分化度診断におけるソナゾイド造影超音波の有用性の検討
・自主臨床試験16: 肝癌局所治療後の治療効果判定におけるソナゾイド造影超音波の有用性の検討
・自主臨床試験17: 孤立性胃静脈瘤および高度の肝性脳症を有するバルン閉塞下逆行性塞栓術(B-RTO)の長期効果に関する検討 背景因子と予後との関連
・自主臨床試験18: 孤立性胃静脈瘤における胃腎短絡の臨床的意義に関する検討 門脈血行動態と予後との関連
・自主臨床試験19: ソナゾイド造影超音波後期相で非腫瘍部肝実質と同等に造影される肝結節の自然経過に関する検討
・自主臨床試験20: 腹部領域でのB-mode超音波における新たなTransducer technology(Pure Wave Crystal、Tissue Aberration Correction)の有用性の検討
・自主臨床試験21: C型肝炎・肝硬変例における門脈血行動態の検討
・自主臨床試験22: 後胃静脈の超音波解剖についての検討
・自主臨床試験23: 食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法施行後の臨床経過予測に関する検討
・自主臨床試験24: ソナゾイド造影超音波による肝硬変症と特発性門脈圧亢進症の鑑別診断に関する臨床研究
・自主臨床試験25: ソナゾイド造影超音波による非侵襲的門脈圧推定法の確立に関する検討
・自主臨床試験26: ソナゾイド造影超音波による門脈血栓症に対する抗凝固療法の適応決定や効果予測に関する検討
・自主臨床試験27: ソナゾイドを用いた造影超音波による肝硬変症における肝機能の予後予測法に関する検討
・自主臨床試験28: ソナゾイドを用いた造影超音波の慢性肝炎、肝硬変症例における肝線維化評価の有用性に関する検討
・自主臨床試験29: 腹水症例における門脈血行動態の検討
・超音波による脂肪プロファイリングイメージの開発
 (フロンティアメディカルセンターとの共同研究)
・肝線維化の非侵襲的診断法の確立
 (フロンティアメディカルセンターとの共同研究)
このページの先頭に戻る
胆道グループ
現在進行中の自主臨床試験
「切除不能悪性中下部胆道狭窄に対するuncovered metallic stentとcovered metallic stent挿入における有用性と安全性に関する多施設共同前向き無作為比較試験」
このページの先頭に戻る
膵グループ
多施設共同研究
22G針を用いたEUS-FNAによる自己免疫性膵炎の病理組織学的検討 多施設共同観察研究
尾状葉肝細胞癌に対する超音波内視鏡下エタノール注入療法
非手術的膵石治療に関する前向き研究
局所進行膵癌に対するS-1併用放射線療法における導入化学療法の意義に関するランダム化第II相試験(JCOG1106)
進行膵癌に対する成分栄養剤の経口投与による栄養改善効果の検討
分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の前向き追跡調査
自主臨床試験
膵疾患に対するセクレチン製剤を用いた膵液細胞診に関する研究
ソナゾイドを用いた造影超音波(体外式超音波および超音波内視鏡)による膵腫瘍の鑑別診断能および膵管癌の進展度診断能の評価に関する臨床的研究
壊死性膵炎後膵仮性嚢胞に対する内視鏡的necrosectomyの有効性と安全性
慢性膵炎に伴う良性胆管狭窄に対する内視鏡治療についての研究
膵石に対するホルミウムYAGレーザー砕石術の有用性
このページの先頭に戻る
消化管グループ
自主臨床試験
「重症潰瘍性大腸炎に対する、タクロリムス/シクロスポリン投与療法の非盲検無作為化群間比較試験(UMIN000010776)」(進行中)
「クローン病に対するアダリムマブ療法の長期寛解予測因子の解明(UMIN000010856)」(進行中)
「潰瘍性大腸炎患者に対する寛解維持を目的とした高用量アサコール錠投与による探索的ランダム化比較試験」(予定)
「ヘリコバクターピロリ菌3次除菌療法としてのPPI+AMPC+LVFX3剤併用療法と、PPI+AMPC高容量2剤併用療法の有効性と安全性の比較検討」(進行中)
「ESD後潰瘍に対するプロトンポンプインヒビターの投与期間に関する探索的検討」(進行中)
「ヘリコバクター ピロリ菌三次除菌療法不応例に対するサルベージ治療の有効性および安全性検討のための2群オープン試験」(進行中)
「胃食道逆流症における好酸球性食道炎の関与の検討」(進行中)
「フットペダル式送水装置を用いた大腸内視鏡挿入法による苦痛軽減に関する前向き観察研究」(進行中)
「Narrow band imaging併用拡大内視鏡所見を用いた散発性非乳頭部十二指腸腺腫・腺癌の異型度診断の前向き検討」(進行中)
自主臨床試験(多施設共同)
「活動期潰瘍性大腸炎におけるペンタサ錠1日4g及びペンタサ注腸1gの併用投与の有効性に関する臨床研究−粘膜治癒を指標として−(CHANCE study)」(登録終了観察中)
「潰瘍性大腸炎患者における腸内細菌叢のT-RFLPによる解析ならびに生菌製剤による寛解維持に対する有用性の検討」(登録終了観察中)
「潰瘍性大腸炎の寛解維持に対するCAP療法の有効性の検討 〜層別無作為割付多施設共同非盲検群間比較試験〜」(進行中)
「クローン病に対するアダリムマブと免疫調節剤併用療法の検討(DIAMOND study)」(進行中)
「インフリキシマブによる寛解維持治療における効果不十分なクローン病患者を対象とした栄養療法併用効果確認試験―多施設共同無作為化比較臨床試験―(CERISIER study)」(予定)
「ランソプラゾールで効果不十分な逆流性食道炎患者に対するエソメプラゾールの有効性の検討(CHANGE-L Study)」(進行中)
「ラベプラゾールで効果不十分な逆流性食道炎患者に対するエソメプラゾールの有効性の検討(CHANGE-R Study)」(進行中)
新薬治験
「AJG511の活動期潰瘍性大腸炎患者を対象とした第II相臨床試験」(進行中)
「中等症から重症の活動期日本人潰瘍性大腸炎患者を対象にGolimumab皮下投与による寛解維持療法の安全性及び有効性評価を目的とした第III相多施設共同プラセボ対照二重盲検ランダム化治療中止試験(CNTO148UCO3001)」(進行中)
「CP-690,550 Tofacitinib中等症から重症の潰瘍性大腸炎患者を対象とした寛解導入療法二重盲検試験(A3921094)」(国際共同治験)(進行中)
「CP-690,550 Tofacitinib潰瘍性大腸炎を有する被験者に対する維持療法二重盲検試験(A3921096)」(国際共同治験)(進行中)
「CP-690,550 Tofacitinib中等症から重症の潰瘍性大腸炎患者を対象とした多施設共同非盲検試験(A3921139)」(国際共同治験)(進行中)
「抗TNF療法が効果不十分なクローン病患者を対象としたPF-00547659の有効性および安全性を評価する二重盲検無作為化プラセボ対照用量設定試験OPERA(A7281006)」(国際共同治験)(進行中)
「クローン病患者を対象としたPF-00547659の長期安全性を評価する多施設共同非盲検長期継続投与試験OPERA II(A7281007)」(国際共同治験)(進行中)

ひとつ前のページに戻る このページの先頭に戻る Homeに戻る
Copyright (C) Department of Gastroenterology and Nephrology, Graduate School of Medicine, Chiba University All Rights Reserved.