交通アクセス Sitemap Home
Home > 消化器内科への入局案内 > 初期研修のご案内
入局案内・研修医募集
消化器内科募集
千葉肝疾患診療ネットワーク
初期研修のご案内

I 研修プログラムの目的及び特徴
 主要な消化器疾患の診療を経験することにより、基本的な知識、技能、態度を修得する。本研修では、特に、基本診療から高度専門診療まで、多様な消化器疾患の診療を理解できるよう指導を行う。

II 研修プログラム責任者
プログラム総括責任者: 横須賀 收 (教授)

III 研修指導医
研修担当責任者: 露口 利夫 (講師)
指導医: 神田 達郎
丸山 紀史
勝野 達郎
新井 誠人
千葉 哲博
三方林太郎
太和田暁之
松村 倫明
安井 伸
杉山 晴俊
大岡 美彦
鈴木英一郎
(講師)
(講師)
医学部附属病院柏の葉診療所長/准教授
(講師)
(講師)
(助教)
(特任助教)
(助教)
(助教)
(助教;光学医療診療部)
(助教)
(助教)

IV 研修プログラムの管理・運営
 指導医は、研修内容と達成度を評価し、経験目標を達成できるよう調整する。また、適宜、研修状況と研修委員会に報告する。

V 募集定員
12名まで(3〜4ヵ月間)

VI 教育課程
基本的目標
 消化器疾患患者の適切な診療を行うために、消化器関連疾患の病態・診断・治療・予後に関する基礎を習得する。そして、診療をおこなう上での医療全般にわたる基礎を確立する。より高度な研修(内視鏡検査や血管造影など)を希望する者は、基本的診療技術達成後であれば指導を受けることが可能である。ただし、ローテイト期間が3ヵ月以上であることが望ましい。

具体的目標
1. 消化管、肝、胆、膵、腹膜の解剖と機能を理解する。
2. 消化吸収障害、消化性潰瘍、黄疸、腹水、肝不全、門脈圧亢進症の病態生理を理解する。
3. 消化器疾患の主要症候(食欲不振、悪心と嘔吐、嚥下困難、むねやけ、腹痛、背部痛、腹部膨満、吐血と下血、下痢と便秘、鼓腸、黄疸、腹水)を理解する。
4. 全身所見(皮膚所見、貧血、黄疸)と腹部の診察(視診、聴診、触診、打診、圧痛点)、はばたき振戦、直腸指診の診察を行うことができる。
5. 糞便検査を理解する。
6. 肝機能検査を理解し、その結果を説明できる。
7. 肝炎ウイルスマ−カ−を理解し、その結果を説明できる。
8. 膵酵素を理解し、その結果を説明できる。
9. 免疫学的検査(抗ミトコンドリア抗体、抗核抗体、抗平滑筋抗体)を理解し、その結果を説明できる。
10. 腫瘍マ−カ−(CEA、AFP、PIVKA-II、CA19-9)を理解し、その結果を説明できる。
11. 膵外分泌機能検査を理解する。
12. 消化管X線・内視鏡検査(食道、胃、十二指腸)を理解する。
13. 腹部領域のX線CT検査、MRI検査を理解する。
14. 腹部超音波検査を理解し、施行できる。
15. 基本的治療手技(胃チュ−ブ、浣腸、腹腔穿刺、経管栄養)を理解し、施行・管理できる。
16. 高カロリー輸液を理解する。
17. 消化管の薬物療法(口腔用剤、消化性潰瘍薬、緩下剤、浣腸、止痢剤、整腸剤、鎮痙剤、鎮痛剤、抗生剤)を理解し、処方できる。
18. 肝臓薬(肝庇護薬、ラクチュロ−ス、特殊アミノ酸製剤)を理解し使用できる。
19. 利胆薬、消化酵素剤、蛋白分解酵素阻害剤を理解し、使用できる。
20. 急性腹症、消化管出血、ショック、肝性脳症、急性膵炎の治療を理解する。

経験したほうがよい主要疾患
1. 食道・胃・十二指腸疾患
逆流性食道炎
食道静脈瘤
急性、慢性胃炎
胃・十二指腸潰瘍
胃ポリ−プ
胃癌
2. 腸疾患
腸炎
虫垂炎
炎症性腸疾患
大腸ポリ−プ
大腸癌
腸閉塞
過敏性大腸症候群
肛門疾患
3. 肝疾患
急性、慢性肝炎
自己免疫性肝炎
肝感染症
肝硬変
アルコ−ル性肝障害
脂肪肝
肝癌
4. 胆道疾患
胆石
胆嚢炎、胆管炎
胆道腫瘍
5. 膵疾患
急性、慢性膵炎
自己免疫性膵炎
膵嚢胞性疾患
膵癌
6. 腹腔・腹壁疾患、その他
急性腹症
急性腹膜炎
癌性腹膜炎
門脈圧亢進症

VII 週間スケジュ−ル
曜日 午前 午後
月曜日 超音波検査、内視鏡検査、消化管造影 消化管、内視鏡読影カンファレンス
専門診療カンファレンス
肝生検診断カンファレンス
火曜日 血管造影検査、穿刺治療 門脈圧亢進症カンファレンス
CT・MRI読影カンファレンス
診療グル−プカンファレンス
水曜日 超音波検査、血管造影検査
木曜日 超音波検査、内視鏡検査
金曜日
抄読会、入退院報告、教授回診、症例検討会

VIII 評価方法
1. 研修医の評価
 研修医は研修手帳により自己の研修内容を記録、評価し、病歴の要約を作成する。指導医はローテイションごとに研修の全期間を通じて研修医の観察・指導を行い、目標達成状況を研修手帳、評価表から把握し形成的評価を行う。評価は指導医ばかりでなく同僚研修医、看護師等チーム医療スタッフ等によっても行われる。
2. 指導医の評価
 研修終了後、研修医による指導医、診療科(部)の評価が行われ、その結果は指導医、診療科(部)へフィードバックされる。
初期研修のご案内 後期研修のご案内 大学院について
若手研修医からのメッセージ 女性医局員からのメッセージ 見学のお申し込み
よくある質問

ひとつ前のページに戻る このページの先頭に戻る Homeに戻る
Copyright (C) Department of Gastroenterology and Nephrology, Graduate School of Medicine, Chiba University All Rights Reserved.