研究室について

現在行っている共同研究(国内)

  • 新規な血管炎の検査方法、検査試薬及び人工免疫グロブリンの開発研究
  • 協力施設名:合同会社A-CLIP研究所
  • 研究期間:2012-17
  • 哺乳類ポリコ-ム群遺伝子の機能解析
  • 協力施設名:独立行政法人理化学研究所
  • 研究期間:2013-18
  • CD69リガンドに対する抗体作製とその生体内での機能解析
  • 協力施設名:(株)カン研究所
  • 研究期間:2013-16
  • 乳酸菌株について免疫に関する生理作用の有無の確認
  • 協力施設名:日清食品ホ-ルディングス(株)
  • 研究期間:2014-15
  • 抗CD69抗体のステロイド抵抗性喘息に対する適用評価研究
  • 協力施設名:ジ-ンフロンティア株式会社
  • 研究期間:2014-15

現在行っている共同研究(国外)

  • CD69分子の免疫反応における役割に関する研究
  • 協力施設名:米国・ワシントン大学 免疫学
  • 研究期間:2001-
  • 体内における免疫記憶の維持メカニズム
  • 協力施設名:ドイツ・リュウマチ研究所
  • 研究期間:2008-
  • メモリ-T細胞生存維持におけるCD8 aaの役割
  • 協力施設名:米国・LIAIラホイヤ免疫・アレルギ-研究所
  • 研究期間:2008-
  • TSLPとTh2 細胞機能に関する研究
  • 協力施設名:米国・ワシントン大学 免疫学
  • 研究期間:2010-
  • Innate Lymphoid cellsの分化における転写因子GATA3の役割に関する研究
  • 協力施設名:米国・国立衛生研究所
  • 研究期間:2013-

最近終了した共同研究

  • NKT細胞免疫系をタ-ゲットにしたがんの免疫治療に関する研究
  • 協力施設名:独立行政法人理化学研究所
  • 研究期間:2004-12
  • CD69分子の喘息発症、特に重篤喘息における役割とその分子生化学的作用機序の解明
  • 協力施設名:日本べ-リンガ-インゲルハイム(株)神戸医薬研究所
  • 研究期間:2012-13
  • 腎生検のモエシン遺伝子発現増幅による血管炎診断法キット開発
  • 協力施設名:合同会社A-CLIP研究所
  • 研究期間:2013-2014