平成29年度「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム研究拠点II)」に採択されました。

細胞治療内科の横手幸太郎教授を代表に「早老症疾患特異的iPS細胞を用いた老化促進メカニズムの解明を目指す研究」が再生医療実現拠点ネットワークプログラム疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム研究拠点IIに採択され研究を開始いたしました。

http://www.amed.go.jp/koubo/010220170207_kettei.html

研究体制は以下の通りです。

研究実施体制
  ●研究実施体制はこちら

Copyright © 2016-2017 Research Center for Regenerative Therapeutics.