HOME

研究概要

老化研究は、出芽酵母や線虫、ショウジョウバエなどのモデル生物の解析が先行し、テロメア、DNA損傷、酸化ストレス、栄養、代謝など驚くほど共通した老化シグナルが寿命に関わることが示されました。また初代培養線維芽細胞などを用いた細胞老化の研究からも、細胞の寿命を規定する因子として同様の老化シグナルの関与が確認されています。このように、モデル生物や細胞を用いた老化研究はすばらしい成果をあげてきましたが、その知見は高等動物の個体の寿命や加齢に伴う生理的変化の理解に十分にリンクしているとは言えません。また、加齢関連疾患という人類の切実な課題にも十分に対応していないと言えます。超高齢社会を迎えた現代において、これまでに得られた老化研究の知見を、ヒトをはじめとした高等動物の加齢 (aging) において十分に検証する必要があります。本領域では、“ステムセルエイジング”という視点から老化、加齢関連疾患を検証し、『老いと病』という今日的命題の解決に挑みたいと思います。

News & Information
2016.7.25

以下のページを更新致しました NEW
佐藤班員のヒト大腸腫瘍バンクに関する研究がCell Stem Cell誌に掲載されました。
田久保班員の老化に関わるストレス応答シグナルと造血幹細胞制御に関する研究がCell Stem Cell誌に掲載されました。
岩間班員の骨髄線維症に関する研究がJournal of Experimental Medicineに掲載されました。
2016.7.21

以下のページを更新致しました
アウトリーチ
2016.7.20

以下のページを更新致しました
研究成果
2016.7.5

第1回国際シンポジウム、第3回領域班会議、第5回総括班会議を行いました。
イベント → 第1回国際シンポジウム
120名の方のご参加をいただき、活発な議論をすることができました。
イベント → 第3回領域班会議
イベント → 第5回総括班会議
2016.6.27

第1回国際シンポジウム(平成28年6月29日、東京大学伊藤国際学術研究センタ ー)のプログラムが変更になりました。
2016.6.21

第1回国際シンポジウム(平成28年6月29日、東京大学伊藤国際学術研究センター)のプログラムを更新致しました。
2016.6.7

以下のページを更新致しました
研究組織 → 公募班
2016.5.13

国際活動支援報告を掲載致しました
ハーバード大学に長期派遣中の九州大学山本君代研究員からの派遣報告
2016.4.27

一般の方向けのページを新設致しました
2016.4.27

国際活動支援班のページを新設致しました
国際活動支援報告を掲載致しました
スタンフォード大学山本先生を共同研究のために招聘致しました。
滝澤班員を共同研究のためにチューリッヒ大学に派遣致しました。
ルンド大学Sigvardsson教授を連携強化のために招聘致しました。
2016.4.27
今後の予定をご連絡致します
第3回総括班会議(平成28年6月28日、東京大学伊藤国際学術研究センター)を公開で行います。プログラム
第1回国際シンポジウム(平成28年6月29日、東京大学伊藤国際学術研究センター)を公開で行います。プログラム
新学術領域研究「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」との合同の若手勉強会(平成28年7月27日〜29日)を開催予定です。
新学術領域研究「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」との合同領域班会(平成28年11月16日〜17日、三島文化会館小ホール)を開催予定です。
第68回日本細胞生物学会シンポジウム共催(平成28年6月16日午前、京都テルサ(京都府民総合交流プラザ))日本細胞生物学会において学会と本研究領域の共催によるシンポジウム「ライフステージ・ライフイベントと幹細胞制御」を行います。
2016.4.5

以下のページを更新致しました
西村班員の毛包の老化に関する研究がScience誌に掲載されました。
イベント → 領域班会議
2016.3.29

以下のページを更新致しました
宮本班員と菊繁班員らによる白血病幹細胞におけるTIM-3/galectin-9シグナル機構に関する研究がCell Stem Cellに発表されました。
イベント → 総括班会議
イベント → 領域班会議
イベント → 若手の会
2015.7.3

以下のページを更新致しました
大谷班員と原領域アドバイザーらによるp16INK4aとKlothoに着目した個体老化の研究がNature Communicationsに掲載されました。
研究組織 → 公募班
2015.5.12
以下のページを更新致しました
研究活動
研究成果
田久保班員の感染ストレスと造血微小環境に関する研究がCell Reports誌に掲載されました。
2015.4.1
佐藤班員の人工大腸がんに関する研究がNature Medicine誌に掲載されました。
2015.3.17
以下のページを更新致しました
アウトリーチ
リンク・お奨めサイト
2014.11.19
研究成果を更新致しました
2014.10.22
第1回領域班会議は台風の影響も有りましたが、盛会のうちに無事終了いたしました。
以下のページを更新致しました
イベント → 第2回総括班会議
イベント → 第2回領域班会議(予定)
2014.9.26
以下のページを更新致しました
イベント → 総括班会議
イベント → 領域班会議
公募要領
2014.7.30
ホームページを公開致しました