千葉大学大学院医学研究院細胞分子医学

研究テーマ

研究課題1:幹細胞の自己複製機構

自己複製の過程において、幹細胞の持つ遺伝子発現様式は厳密に維持されます。すなわち幹細胞特有の「細胞記憶」が細胞分裂をへて維持されるわけです。「細胞記憶」の維持機構として近年注目されているものがDNAのメチル化やヒストン修飾などのエピジェネティック制御機構です。私たちも、ヒストン修飾に関わるポリコーム群複合体などを研究の切り口に、幹細胞の細胞記 憶とエピジェネティクスを精力的に解析しています。また、幹細胞の自己複製に関与する分子機構の理解を通して、幹細胞の制御法の開発を目指しています。研究対象は主に造血幹細胞です。

研究課題2:癌のエピジェネティクス

ジェネティックな異常に加えて、DNAやヒストン蛋白の化学修飾に代表されるエピジェネティックな転写制御機構の破綻が、遺伝子発現異常を介して、がんの発症過程に関与することが明らかになりつつあります。特に、近年のゲノムシークエンス解析により、様々なエピジェネティック関連遺伝子の変異が同定され、がんのエピジェネティック異常はジェネティックな機構によっても大いに引き起こされうることが明らかとなりました。このようなエピジェネティック制御機構の破綻は、ゲノムワイドな変化を伴うため、その病因論的意義はいまだ十分に解明されていません。しかしながら、がんの発症・進展における新しい分子機構を提示するものであり、治療標的としても注目されています。私たちも、ヒストン修飾に関わるポリコーム群複合体などを研究の切り口に、がんのエピジェネティクス研究に注力し、新しい治療法の確立につながる研究を目指しています。研究対象は主に造血器腫瘍・肝癌などです。