Environment alters epigenome and causes cancer 当講座は千葉大学医学部で昭和42年に開設された生化学第二講座に端を発します。
平成25年に分子腫瘍学と改称し、癌エピゲノム研究を遂行しています。
院生募集

大学院医学研究院、博士課程(4月入学・10月入学)および修士課程の募集要項が公開されています。
詳細はこちらの医学研究院ホームページをご覧ください。

私達の癌エピゲノム研究にご興味のある方は、お気軽に研究室にお問い合わせ下さい。


参考:学位論文

令和元年度
「Epstein-Barr virus positive gastric cancer involves enhancer activation through ATF3」(千葉大 博士)
英文論文
「Limited rejuvenation of aged hematopoietic stem cells in young bone marrow niche」(千葉大 博士)
「Establishment of epigenetic markers to predict irradiation efficacy against oropharyngeal cancer」(千葉大 博士)
英文論文
「High expression of CXCL14 is a biomarker of lung adenocarcinoma with micropapillary pattern」(千葉大 博士)
英文論文
「Targeting oncogenic enhancers and transcription via BRD4 and DOT1L inhibition in prostate cancer」(千葉大 博士)
「Higher methylation subtype of malignant melanoma and its correlation with thicker progression and worse prognosis」(千葉大 博士)
英文論文

平成30年度
「Frequent promoter hypermethylation associated with human papillomavirus infectionin pharyngeal cancer」(千葉大 博士)
英文論文
「A low DNA methylation epigenotype in squamous cell lung cancer with idiopathic pulmonary fibrosis」(千葉大 博士)
英文論文
「Identification of SLC3A2 as AR-V7 specific target gene in castration resistant prostate cancer」(千葉大 博士)
「Region-specific alteration of histone modification by LSD1 inhibitor conjugated with pyrrole-imidazole polyamide.」(千葉大 博士)
英文論文

平成28年度
「EBウイルス感染が誘導するエピゲノム異常におけるDNAメチル化抵抗因子の解析」(東大 博士)
英文論文

平成27年度
「血漿中DNAメチル化マーカーPPP1R3CとEFHD1測定による大腸癌スクリーニング」(日大 博士)
英文論文

平成26年度
「ヒト胃癌においてEBウイルス感染が誘導するエピゲノム異常の解明」(東大 博士)
英文論文
「がん遺伝子Ras/Raf誘導性細胞老化における重要因子の探索」(東大 博士)
英文論文

平成25年度
「肺小細胞癌におけるPRC標的遺伝子の同定」(東北大 博士)
英文論文

平成24年度
「甲状腺乳頭癌における異常高メチル化遺伝子の同定」(東大 博士)
英文論文

平成23年度
「Raf誘導性細胞老化における重要因子のゲノム探索」(東大 修士)

平成22年度
「EBV関連胃癌におけるDNAメチル化解析」(東大 博士)
英文論文

平成21年度
「肝炎ウィルス関連肝癌におけるDNAメチル化の異常」(東大 博士)
英文論文
「DNAメチル化情報を用いた大腸癌のエピジェノタイピング」(東大 博士)
英文論文