Environment alters epigenome and causes cancer 当講座は千葉大学医学部で昭和42年に開設された生化学第二講座に端を発します。
平成25年に分子腫瘍学と改称し、癌エピゲノム研究を遂行しています。
2014年のニュース
2014.11.27 東京大学消化管外科学の浦辺雅之先生が研究メンバーに加わりました。

2014.11.27 11月25日~27日にパシフィコ横浜で開催された第37回日本分子生物学会年会において、菅谷助教、大学院生の藤本さんが研究成果を発表しました。

2014.10.31 金田教授が11th JGFoS Symposiumで講演しました。

2014.10.1 千葉県がんセンター研究所の 篠原憲一先生が当教室特任研究員に就任。

2014.9.27 9月25日〜27日にパシフィコ横浜で第73回日本癌学会総会が開催され、金田教授、松坂助教、酒井さん、船田さん、高根さんがそれぞれ研究成果 の発表を行いました。

2014.9.11 千葉大学COEプログラム合同リトリートを、細胞分子医学の岩間厚志 教授と共催しました。

2014.7.1 総合研究大学院大学の 福世真樹先生が当教室特任助教に就任。

2014.6.20 金田教授 RIKEN IMS Summer Program 2014にてlecturer

2014.5.24 高根希世子さん(大学院生)が、癌特異的なDNA異常メチル化を利用して、血漿中に存在する癌由来のフリーDNAを検出しました。 大腸癌存在診断に応用し得るマーカーとしてその研究成果をCancer Med誌に掲載しました。

2014.4.24 松坂助教、第103回日本病理学会総会にて口演発表演題「デジタルPCR を用いた胃癌におけるHER2 遺伝子の定量的解析」

2014.4.1 金田教授が第15回京都消化器カンファレンスにおいて講演

2014.3.3 大学院生の酒井英嗣さんの大腸癌エピジェノタイプに関する研究成果がInt J Cancerにon line掲載されました

2014.2.21 金田教授が第20回京滋胃癌セミナーにおいて講演