本文へスキップ
Environment alters epigenome and causes cancer 当講座は千葉大学医学部で昭和42年に開設された生化学第二講座に端を発します。
平成25年に分子腫瘍学と改称し、癌エピゲノム研究を遂行しています。
研究詳細

エピゲノム異常と発がんリスク

 ふだん父方アリルのみ発現しているIGF2遺伝子が、両方のアリルから発現するエピゲノム異常をIGF2遺伝子のゲノムインプリンティング消失(loss of imprinting, LOI)と言います(図A)。LOI陽性だと、腸管上皮前駆細胞がより未熟でしかも数が多くなるために腸管腫瘍リスクが高くなることを、マウスモデルを用いて証明しました。さらにLOI(+)細胞は、細胞増殖がIGF2刺激に鋭敏かつ依存的になっていることがわかりましたので、IGF受容体阻害剤を投与しIGF2シグナルを阻害しました。するとLOI(-)のふつうのマウスでは変化はなく、LOI(+)マウスでのみ、発癌剤による前癌病変の発生数が劇的に減少します(図B)。エピゲノム異常が発癌の早期、一見正常に見える細胞においてすでに蓄積して発癌リスクになることを初めて示し、また治療標的にもなり得ることを示しました。

図.IGF2遺伝子LOIと発癌リスク