本文へスキップ
Environment alters epigenome and causes cancer 当講座は千葉大学医学部で昭和42年に開設された生化学第二講座に端を発します。
平成25年に分子腫瘍学と改称し、癌エピゲノム研究を遂行しています。
研究紹介
【研究分野の概要】
 エピゲノムとはゲノムDNA塩基配列そのものではなくその修飾要素として細胞分裂の際に娘細胞に維持・伝達される情報のことで、発生・分化において遺伝子発現の制御に重要な役割を果たします。DNA塩基配列中のCpG配列におけるシトシン(C)のメチル化はその代表的なものです。ゲノムDNAは細胞核内にクロマチン構造として折り畳まれて収納されていますが、クロマチンの基本単位であるヌクレオソームは、147塩基対のDNAがヒストン8量体の周囲に1.75回巻きついた構造です。このヒストンのN末端はヒストンテールと呼ばれ、アセチル化やメチル化など様々な修飾を受けて転写制御に大きく関わることが知られますが、これも代表的なエピゲノム修飾です。また、父方・母方の両アリルのうち、一方のアリルのみ選択的に発現する現象をゲノムインプリンティングと呼びますが、これもエピゲノム制御の一つです。正常な細胞ではこれらの情報による緻密な制御が行われており、その異常は癌の発生・進展に深く関与します。その研究が癌エピゲノミクスです。

研究リスト