業績・学会活動

学会活動[2008年]

  1. 高杉潤,沼田憲治,村山尊司,松澤大輔,中澤健,清水栄司,門間正彦,長島一啓, 濱田裕幸. 視覚で触覚が誘発される -ミラーボックスの研究とfMRIエビデンス- 第14回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会 タワーホール船堀 2008年4月29日
  2. 倉山太一,中澤健,松澤大輔,橋本佐,南部誠,吉田晋,伊豫雅臣,清水栄司. 古典的恐怖条件付けの形成および消去課程における聴性誘発電位P50抑制の変化 第35回日本脳科学会 東京女子医科大学 2008年6月14日
  3. 高杉潤,松澤大輔,長島一啓,濱田裕幸,村山尊司,沼田憲治,中澤健,清水栄司. 視覚が触覚を誘発する-ミラーボックスによる体性感覚誘発の基礎研究 第15回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会 豊橋創造大学 2008年10月5日
  4. 石井大典,松澤大輔,金原信久,河野眞美,橋本謙二,伊豫雅臣,清水栄司. 統合失調症モデルマウスに対するドーパミンD2受容体partialagonistの作用-ドーパミンD2-RpartialagonistはNMDA神経系への調節作用を有する- 第15回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会 豊橋創造大学 2008年10月5日
  5. 倉山太一,渡部杏奈,小野郁恵,福島明子,入谷憲子,村山尊司,影原彰人,須賀晴彦. デイケアにおけるCI療法 リハビリテーション・ケア合同研究大会in福井 2008年11月7日
  6. 倉山太一,渡部杏奈,小野郁恵,福島明子,入谷憲子,村山尊司,影原彰人,須賀晴彦. デイケアにおけるCI療法-症例報告- リハビリテーション・ケア合同研究大会in福井 2008年11月7日
  7. 倉山太一,中澤健,松澤大輔,橋本佐,南部誠,吉田晋,伊豫雅臣,清水栄司. 古典的恐怖条件づけの獲得および消去過程における聴性誘発電位P50抑制の変化 第38回日本臨床神経生理学会学術大会 神戸国際会議場 2008年11月12日
  8. 大塚裕之,松澤大輔,沼田憲治,吉田晋,中澤健,清水栄司. Altered trans callosal inhibition during action observation of unilateral finger movement through mirror : ATMSstudy 第38回日本臨床神経生理学会学術大会 神戸国際会議場 2008年11月12日
  9. 倉山太一,中澤健,松澤大輔,南部誠,清水栄司. 恐怖案件づけの形成および消去過程における聴性誘発電位P50抑制の変化 第19回千葉臨床神経生理研究会 三井ガーデンホテル千葉 2008年11月26日
  10. 清水栄司. 心理療法が脳に効き認知と行動を変える ちばBasic & Clinical Research Conference 京成ホテルミラマーレ 2009年2月7日
  11. 原口正,金原信久,伊豫雅臣,清水栄司,関根吉統,内田佳孝. 強迫性障害の局所脳血流SPECT検査 第1186回千葉医学会例会・第26回千葉精神科集談会 ほてい家 2009年2月7日
  12. 新津富央,伊豫雅臣,白山幸彦,松澤大輔,橋本謙二. 統合失調症における認知機能障害と血清BDNFの検討 第1186回千葉医学会例会・第26回千葉精神科集談会 ほてい家 2009年2月7日
  13. 清水栄司. パニック障害の認知行動療法 パニック障害セミナー2009 ANAクラウンプラザホテル福岡 2009年2月15日
  14. 高杉潤,沼田憲治,松澤大輔,村山尊司,門間正彦,中澤健,清水栄司. 鏡によって誘発される錯覚性触覚はSIとSIIの賦活が関与する FMRI研究第38回日本臨床神経生理学会学術大会 神戸国際会議場 2008年11月12日~11月14日
  15. 清水栄司. 「不安障害の認知行動療法と薬物療法の併用」 ランチョンセミナー 第8回日本認知療法学会 日本教育会館 2008年11月1日~11月3日
  16. 原口正,山内直人,菊池周一,矢田洋三,志津雄一郎,伊豫雅臣,清水栄司. 職場復帰には上司の認知を変える必要があるか 第8回日本認知療法学会 日本教育会館 2008年11月1日~11月3日
  17. 高杉潤,松澤大輔,長島一啓,濱田裕幸,村山尊司,沼田憲治,中澤健,清水栄司. 健常人におけるMirror-Boxを用いたPhantomSomaticSensationの特徴 第13回日本神経精神医学会金沢市アートホール 2008年11月27日~11月28日
  18. Jun Takasugi, Kenji Numata, Takashi Murayama, Masahiko Monma, Daisuke Matsuzawa, Ken Nakazawa, Eiji Shimizu. Induced tactile sensation with mirror activates SII region: an fMRI study Neuroscience 2008 第31回日本神経科学大会 東京国際フォーラム 2008年7月9日~11月11日
  19. Taichi Kurayama, Anna Watanabe, Takashi Murayama, Daisuke Matsuzawa, Akihiko Kagehara, Haruhiko Suga. Case Report of CI Therapy in a Commute Type Rehabilitation Center 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy (ACPT) Makuhari Messe - International Convention Complex.Chiba, Japan 2008年8月29日~9月1日
  20. Jun Takasugi , Kenji Numata, Takashi Murayama, Daisuke Matsuzawa, Masahiko Monma, Ken Nakazawa, Eiji Shimizu. Induced illusory tactile sensation with mirror activates SII and SI regions: an fMRI study 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy ACPT Makuhari Messe - International Convention Complex.Chiba, Japan 2008年8月30日~8月31日
  21. IzumiOba,YumikoSato,DaisukeMatsuzawa,NobuhisaKanahara,KenNakazawa,EijiShimizu. Effects of SSRIs on Mice Freezing Behavior in Auditory Fear Extinction 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP ANAクラウンプラザホテル他(富山) 2008年9月11日~8月13日
  22. Yumiko Sato, Izumi Oba, Daisuke Matsuzawa, Nobuhisa Kanahara, Ken Nakazawa, Eiji Shimizu. Effects of neuropeptide Y on facilitation of fear memory extinction 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP ANAクラウンプラザホテル他(富山) 2008年9月11日~8月13日
  23. 南部誠,中澤健,松澤大輔,橋本佐,倉山太一,吉田晋,伊豫雅臣,清水栄司. 強迫性障害における古典的条件づけの獲得・消去に伴うP50抑制の変化の検討 第2回アジア・太平洋生物学的精神医学会 第30回日本生物学的精神医学会 ANAクラウンプラザホテル他(富山) 2008年9月11日~8月13日
  24. 高杉潤,沼田憲治,小出歩,松澤大輔,村山尊司,中澤健,清水栄司. 鏡によって感覚脱失が即時的,一過性に改善した右被殻出血例-体性感覚障害に対する  MirrorTherapyのpilotstudy- 第32回日本神経心理学会 ホテルパシフィック東京 2008年9月18日~8月19日
  25. 清水栄司. 不安の基礎科学:条件づけと脳生理 シンポジスト 第1回日本不安障害学会創立記念総会および学術大会 早稲田大学国際会議場・リーガルロイヤルホテル東京 2009年3月27日~8月29日

脳とこころの科学研究お役立ち情報

脳科学研究を志す方にお役に立つリンク集です。リンク先サイトの特色も一緒にご紹介しています。