業績・学会活動

学会活動[2017年]

  1. 大渓俊幸、若林明雄、吉田智子、生稲直美、岩倉かおり、太和田暁之、潤間励子、中里道子、清水栄司、今関文夫 大学生・大学院生における自閉症スペクトラム傾向と社会適応の関係についての調査 全国大学保健管理研究集会 沖縄コンベンションセンター 2017/11/29-30
  2. 大渓俊幸、須藤千尋、平野好幸、大島郁葉、松尾幸治、清水栄司、若林明雄、今関文夫 大学生の自閉症スペクトラム障害に特徴的な脳活動についての検討 全国大学保健管理研究集会 沖縄コンベンションセンター 2017/11/29-30
  3. Goto T, Matsuzawa D, Sahara Y, Fuchida T, Sutoh C, Shimizu E. The effect of methyl donor deficient diet combined with stress exposure in juvenile period on behaviors and monoamine levels in C57BL/6J, The 90th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Kobe Port Island, Hyogo 2017/11/06-09
  4. 薛陸景、浅野憲一、伊吹英恵、沼田法子、田中麻里、平野好幸、清水栄司、中里道子.神経性過食症に対する個人認知行動療法の効果研究, 第21回日本摂食障害学会学術集会.広島2017/10/21-22
  5. 土屋垣内晶、平野好幸、竹林由武、清水栄司、中川彰子.より良い治療効果を得るために―自閉スペクトラム症を併存する強迫症に対する認知行動療法の効果と関連する脳部位を用いたモデル検討―, 第44回日本脳科学学会.弘前 2017/10/14-15
  6. 田口佳代子 慢性疼痛に対する認知行動療法 日本認知・行動療法学会第 43 回大会.新潟 2017/09/29-2017/10/01
  7. Takanashi R, Sento A, Araki S, Takahashi Y, Ino Y, Sasaki H, Shimizu E. Psychological symptoms and effectiveness of cognitive behavioral interventions associated with work-related stressful events in employees on sick leaves with depressive disorders in Japan. 47th Congress of the European Association for Behavioral And Cognitive Therapies. LJUBLJANA – SLOVENIA 2017/09/13-16
  8. 清水栄司, 倉田由美子, 押山千秋, 浦尾悠子, 城月健太郎, 佐々木和義 「うつ・不安予防のための心と脳の健康づくりの試み~環境人間科学/脳科学/認知行動科学の観点から~」日本健康心理学会第30大会シンポジウム, 明治大学 2017/09/02
  9. 永田忍,高梨利恵子,松木悟志,中川彰子,清水栄司. 過敏性腸症候群と嘔吐恐怖が併存した青年期男性患者への認知行動療法の一事例,第17回 日本認知療法・認知行動療法学会大会,京王プラザホテル 2017/07/21-23
  10. Sahara Y, Matsuzawa D, Fuchida T, Goto T, Suto C, Shimizu E. Transgenerational effects of methyl donors deficient diets in mice during juvenile period, The 40th Annual Meeting of Japan Neuroscience Society, Makuhari Messe, Chiba 2017/07/20
  11. Takahashi J, Nagai M, Uchida A, Rorschach Test in Cognitive Behavioral Therapy. 22nd International Congress of Society of Rorschach and Projective Methods, Paris 2017/07/17-21
  12. Tsuchiyagaito A, Hirano Y, Shimizu E, Nakagawa A. OCD with and without ASD: Do differential brain alternative predict CBT outcomes? 24th ANNUAL OCD Conference (IOCDF), San Francisco 2017/07/06-09 (2017 IOCDF OUTSTANDING POSTER TRAVEL AWARD)
  13. 平野好幸、松本淳子、北原綾、徳山宏丈、山賀政弥、北本匠、松本浩史、桝田喜正、清水栄司、横手幸太郎.肥満外科手術における報酬処理の変化, 第35回日本肥満症治療学会学術集会.盛岡, 2017/06/23-24
  14. 松本淳子、平野好幸、須藤千尋、清水栄司、横手幸太郎.成人肥満と精神神経薬剤処方数は関連する-平成25年度レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)オープンデータから-, 第35回日本肥満症治療学会学術集会.盛岡 2017/06/23-24
  15. Matsumoto J, Hirano Y, Kitahara A, Tokuyama H, Yamaga M, Kitamoto T, Yokote K. Cognitive function in bariatric surgery versus non-surgical patients for obesity. 24th European Congress on Obesity (ECO), Porto, 2017/05/17-20
  16. Hirano Y, Matsumoto J, Kitahara A, Tokuyama H, Yamaga M, Kitamoto T, Matsumoto K, Masuda Y, Yokote K. Reward processing alteration after bariatric surgery in obesity. 24th European Congress on Obesity (ECO), Porto, 2017/05/07-20
  17. 渡辺成美, 坂田祥子, 鈴木麻美, 西川優紀, 松浦大輔.家族との協業により自営花屋への復職アプローチを行なったくも膜下出血の1例 ポスター部門 学会長賞受賞 第18回千葉県作業療法士学会 2017/03/12
  18. 平野好幸.症状次元を考慮した強迫症の脳画像研究.シンポジウム2「OCDの生物学と新規治療の可能性」座長、松永寿人、清水栄司.第9回日本不安症学会学術大会.福岡 2017/03/10-11
  19. 佐原佑治, 松澤大輔, 渕田孝大, 須藤千尋, 清水栄司.発達期メチルドナー欠乏は恐怖体験後の記憶消去を困難にする 第9回日本不安障害学会学術集会、九州大学医学部、福岡 2017/03/10
  20. 松本一記, 浅野憲一, 浦尾悠子, 久能勝, 中川彰子, 清水栄司. Japanese Initiative for Diagnosis and Treatment Evaluation research in Telepsychiatry (J-INTEREST) ; 強迫・不安等に対する在宅遠隔認知行動療法のパイロットRCTの研究デザイン. JTTA Spring Conference 2017 & ASEAN-Japna Healthcare ICT Forum. 2017/02/18.
  1. 清水栄司 人生で大事なことは〇〇から学んだ(テーマ:人見知り)テレビ朝日系列 2017/08/13放送VTR出演

脳とこころの科学研究お役立ち情報

脳科学研究を志す方にお役に立つリンク集です。リンク先サイトの特色も一緒にご紹介しています。