業績・学会活動

学会活動[2017年]

  1. Tsuchiyagaito A, Hirano Y, Shimizu E, Nakagawa A. OCD with and without ASD: Do differential brain alternative predict CBT outcomes? 24th ANNUAL OCD Conference (IOCDF), San Francisco 2017/7/6-9 (2017 IOCDF OUTSTANDING POSTER TRAVEL AWARD)
  2. 平野好幸、松本淳子、北原綾、徳山宏丈、山賀政弥、北本匠、松本浩史、桝田喜正、清水栄司、横手幸太郎.肥満外科手術における報酬処理の変化, 第35回日本肥満症治療学会学術集会.盛岡, 2017/6/23-24
  3. 松本淳子、平野好幸、須藤千尋、清水栄司、横手幸太郎.成人肥満と精神神経薬剤処方数は関連する-平成25年度レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)オープンデータから-, 第35回日本肥満症治療学会学術集会.盛岡, 2017/6/23-24
  4. 清水栄司, 倉田由美子, 押山千秋, 浦尾悠子, 城月健太郎, 佐々木和義 「うつ・不安予防のための心と脳の健康づくりの試み~環境人間科学/脳科学/認知行動科学の観点から~」日本健康心理学会第30大会シンポジウム2017/9/2,明治大学
  5. 渡辺成美, 坂田祥子, 鈴木麻美, 西川優紀, 松浦大輔.家族との協業により自営花屋への復職アプローチを行なったくも膜下出血の1例 ポスター部門 学会長賞受賞 第18回千葉県作業療法士学会 2017/03/12
  6. 永田忍,高梨利恵子,松木悟志,中川彰子,清水栄司. 過敏性腸症候群と嘔吐恐怖が併存した青年期男性患者への認知行動療法の一事例,第17回 日本認知療法・認知行動療法学会大会,京王プラザホテル 2017/7/21-23
  7. 佐原佑治, 松澤大輔, 渕田孝大, 須藤千尋, 清水栄司.発達期メチルドナー欠乏は恐怖体験後の記憶消去を困難にする 第9回日本不安障害学会学術集会、九州大学医学部、福岡 2017/03/10
  8. Sahara Y, Matsuzawa D, Fuchida T, Goto T, Suto C, Shimizu E. Transgenerational effects of methyl donors deficient diets in mice during juvenile period, The 40th Annual Meeting of Japan Neuroscience Society, Makuhari Messe, Chiba 2017/7/20
  9. 松本一記, 浅野憲一, 浦尾悠子, 久能勝, 中川彰子, 清水栄司. Japanese Initiative for Diagnosis and Treatment Evaluation research in Telepsychiatry (J-INTEREST) ; 強迫・不安等に対する在宅遠隔認知行動療法のパイロットRCTの研究デザイン. JTTA Spring Conference 2017 & ASEAN-Japna Healthcare ICT Forum. 2017/2/18.
  1. 清水栄司 人生で大事なことは〇〇から学んだ(テーマ:人見知り)テレビ朝日系列 2017/8/13放送VTR出演

脳とこころの科学研究お役立ち情報

脳科学研究を志す方にお役に立つリンク集です。リンク先サイトの特色も一緒にご紹介しています。