トマップ
                                           サイトマップ   

                                                                     千葉大学大学院 医学研究院  
     代謝生理学本文へジャンプ  

       Department of Medical Physiology
       Graduate School of Medicine Chiba University

  教授挨拶


 当研究室の主要研究テーマは、糖・エネルギー代謝の制御機構の解明で、私たちは糖尿病・肥満症などの代謝疾患の病態の解明と新しい治療の樹立を目指した研究を行っております。したがって、糖代謝とエネルギー代謝は密接に関連しながら制御されており、私たちの研究でもいろいろな局面で両者の関連を頭に入れながら解析を進めています。
近年、生活習慣の変容の影響もあり、わが国でも糖尿病や肥満症の患者さんは増加の一途をたどっています。一言でいえば糖尿病は血中のブドウ糖濃度(血糖値)を
正常に維持する機構が破綻した状態。
 肥満症は摂食とエネルギー消費のバランスが破綻した状態ですしたがって、糖代謝とエネルギー代謝は
密接に関連しながら制御されており、私たちの研究でもいろいろな局面で両者の関連を頭に入れながら
解析を進めています。
 糖代謝の制御機構を解明するには大きく2つのアプローチ法があります。1つ目は、血糖値を低下させる唯一のホルモンであるインスリンが膵β細胞からの放出の調節機構(インスリン分泌制御機構)を明らかにするアプローチ。もう1つは、インスリンが働いて、血中のブドウが末梢に供給する機構(インスリン
作用機構)を明らかにするアプローチです。
 エネルギー代謝制御機構を解明するには、個体のエネルギー代謝状況をどのように感知されているか、
その結果どのように摂食や末梢組織でのエネルギー異化が調節されているかの理解がとても大切です。
 さらに近年では、インスリン分泌細胞(膵β細胞)およびインスリン標的組織(肝臓、骨格筋、脂肪
細胞など)は、中枢神経系をはじめとする様々な臓器との間の複雑なネットワークを介して糖・エネルギ
ー代謝を制御されていることも明らかにされてきました。このような臓器間相互作用の解明は病態の理解
に非常に重要であり、この分野も私たちの研究ターゲットです。
 私たちはこれらの目標に向かって、種々の遺伝子改変動物を用い、様々な分子生物学的手法を用いなが
ら日々研究を展開しています。研究室では、将来研究者あるいは医師として活躍していくことを念頭に、
生命現象に隠された「どうやって?」「なぜ?」「なんのために?」というサイエンスの疑問に対し、
どれだけ鋭く答えに迫れるかに挑戦し続けたいと思っています。
 私は若い研究者の卵の皆さんに、修士課程・博士課程の大学院生として、あるいは私たち研究員の一員
として参加してもらい、自然科学や医学研究の楽しさを共に味わい、将来の医学医療の進展に貢献して
もらいたいと願っておりますので、是非気軽に研究室をのぞきに来てください。

                           代謝生理学研究室      
                              教授   三木  隆司
 



  2015年7月更新 メンバー紹介


     スタッフ

教 授   三木 隆司       MIKI TAKASHI


助 教   李  恩瑛        LEE EUNYOUNG

   

     大学院生




博士課程3年   張  錫麟        ZHANG XILIN

研究生   馬  玉潔        MA YUJIE






     補佐員

技術補佐員   野田 智絵        NODA  TOMOE


技術補佐員   金谷 法子       KANATANI NORIKO




  代謝生理学研究室のあゆみ 

  当研究室は1952年に開講された。第一代教授・福田篤郎、第二代教授・本田良行、第三代・福田康一郎、
  そして現在は三木隆司が指揮している。

  ―福田 篤郎 1952(昭和27)年 - 1975(昭和50)年

  高血圧に関する疫学調査、これに関連した電解質代謝について研究をする。その後、ストレス生理学に関する
  副腎生理、特に内毒素反応と副腎機能との関連、生体防御反応の解明に関する研究をし、原著論文の中の
  八篇は総合学術雑誌「Nature」に発表され、独創的な新知見として高い評価を受けた。

  ―本田 良行 1974(昭和49)年  1992(平成 4)年―

  呼吸生理学を専門とし、カルフォルニア大学と日米科学協力研究事業による協同研究に従事する。さらに、
  呼吸調節と密接な関係のある体液の酸塩基平衡調節機序に関して教室の新研究体制が整えられた。

  ―福田康一郎 1992(平成 4)年    2007(平成19)年  2007年~ 名誉教授―

  本学呼吸器内科、旧第三内科、旧第一外科、麻酔科、救急医学、第三解剖学および海外の諸研究室等と
  連携して、呼吸・循環・腎臓機能に関する基礎的、臨床的研究を行なう。

  2000(平成12)年8月から2005(平成17)年3月まで医学部長・大学院医学研究科長を務める。この間、
  全国医学部長病院長会議会長、国立大学大学院医学部長会議常任理事長を務めた。

  ―三木 隆司 2007(平成19)年 - 現在

  糖・エネルギー代謝制御の分子メカニズムの解明の研究を行う。発生工学を用いた遺伝子改変マウスの解析と
  分子生物学的解析手法を導入。

 


  変遷

  1952年

  新制大学院の講座補充に伴い、第二生理学講座が開講される。
  植物機能生理を専門とする生理学を研究テーマとする。

  1974年

  呼吸生理学及び、体液の酸塩基平衡調節機序に関しての研究を行う。

  1992年

  腎機能及び、細胞生理機能解析

  1997年

  新生ラット・マウスの循環・呼吸機能解析と病態モデル動物の生体機能解析

  2001年

  医学部は講座制を廃止、学科目制に変更。

 “医学部各講座”から“医学部大講座各領域”に移行。

  大学院教育(医学薬学教育部、修士課程、博士課程)と学部教育を担当。

  講座名「第二生理学講座」から「生理学第二講座」に名称変更。

  “神経科学部門・高次機能学講座・自律機能生理学領域”と“先端応用医学部門・先端応用医学講座・
  分子統合生理学領域”の分野を研究。

  2007年

  糖・エネルギー代謝制御の分子メカニズムの解明を研究テーマとし、

  講座名「生理学第二講座」から「代謝生理学研究室」に名称変更。

 



     在籍スタッフ(常勤以外)

名誉教授
  福田 康一郎      FUKUDA YASUICHIRO 

客員准教授
  永木 淳一        EIKI JUN‐ICHI

非常勤講師
  彼末 一之        KANOSUE KAZUYUKI

非常勤講師   下山 恵美        SHIMOYAMA MEGUMI

非常勤講師
  日比野 浩        HIBINO HIROSHI

非常勤講師
  吉田 明夫        YOSHIDA AKIO

     



                              
                               
このページの先頭に戻る

HOME



  〒260-8670 千葉市中央区亥鼻1-8-1
 千葉大学大学院 医学研究院 代謝生理学研究室
 TEL 043-226-2030 FAX 043-226-2034