研究者の方へ

業績[2017年]

  1. Koike H,Tsuchiyagaito A,Hirano Y,Oshima F,Asano K,Sugiura Y,Kobori O,Ishikawa R,Nishinaka H,Shimizu E,Nakagawa A. Reliability and validity of the Japanese version of the Obsessive-Compulsive Inventory-Revised (OCI-R). Current Psychology. in press.
  2. Yamamoto T,Matsumoto Y, Bernard, E. M. Effects of the Cognitive-Behavioral You Can Do It! Education Program on the Resilience of Japanese Elementary School Students: A Preliminary Investigation.International Journal of Educational Research.86,50-58 2017.
  3. Yamada F, Hiramatsu Y, Murata T, Seki Y, Yokoo M, Noguchi R, Shimizu E. Exploratory study of imagery rescripting without focusing on early traumatic memories for major depressive disorder. Psychology and Psychotherapy: Theory, Research and Practice. 2017; 1–18. doi:10.1111/papt.12164. 2017/12/09.
    論文を見る
  4. Hirose M, Hirano Y, Nemoto K, Sutoh C, Asano K, Miyata H, Matsumoto J, Nakazato M, Matsumoto K, Masuda Y, Iyo M, Shimizu E, Nakagawa A. Relationship between symptom dimensions and brain morphology in obsessive-compulsive disorder. Brain Imaging Behav 2017, 11:1326-1333. 2017/10.
    論文を見る
  5. Setsu R, Hirano Y, Tokunaga M, Takahashi T, Numata N, Matsumoto K, Masuda Y, Matsuzawa D, Iyo M, Shimizu E, Nakazato M. Increased subjective distaste and altered insula activity to umami tastants in patients with bulimia nervosa. Front Psychiatry. Front Psychiatry 2017;8:172. doi: 10.3389/fpsyt.2017.00172. 2017/09/25.
    論文を見る
  6. Okuda T, Asano K, Numata N, Hirano Y, Yamamoto T, Tanaka M, Matsuzawa D, Shimizu E, Iyo M, Nakazato M. Feasibility of cognitive remediation therapy for adults with autism spectrum disorders: a single-group pilot study. Neuropsychiatr Dis Treat. 2017;13:2185–2191. 2017/08/16.
    論文を見る
  7. Tsuchiyagaito A, Hirano Y, Asano K, Oshima F, Nagaoka S, Takebayashi Y, Matsumoto K, Masuda Y, Iyo M, Shimizu E, Nakagawa A. Cognitive-Behavioral Therapy for Obsessive-Compulsive Disorder with and without Autism Spectrum Disorder: Gray Matter Differences Associated with Poor Outcome. Front Psychiatry. 2017;8:143. 2017/08/15.
    論文を見る
  8. Yagi M, Hirano Y, Nakazato M, Nemoto K, Ishikawa K, Sutoh C, Miyata H, Matsumoto J, Matsumoto K, Masuda Y, Obata T, Iyo M, Shimizu E, Nakagawa A. Relationship between symptom dimensions and white matter alterations in obsessive-compulsive disorder.Acta Neuropsychiatrica. 2017;29:153-63. 2017/06.
    論文を見る
  9. Tsuchiyagaito A, Horiuchi S, Igarashi T, Kawanori Y, Hirano Y, Yabe H, Nakagawa A. Factor structure, reliability, and validity of the Japanese version of the Hoarding Rating Scale Self-Report (HRS-SR-J). Neuropsychiatr Dis Treat. 2017;13:1235-43. 2017/05/09.
    論文を見る
  10. Noguchi R, Sekizawa Y, So M, Yamaguchi S, Shimizu E. Effects of five-minute internet-based cognitive behavioral therapy and simplified emotion-focused mindfulness on depressive symptoms: A randomized controlled trial, BMC Psychiatry Vol. 17(85) 2017/05/04.
    論文を見る
  11. Matsumoto J, Hirano Y, Hashimoto K, Ishima T, Kanahara N, Niitsu T, Shiina A, Hashimoto T, Sato Y, Yokote K, Murano S, Kimura H, Hosoda Y, Shimizu E, Iyo M, Nakazato M. Altered serum level of matrix metalloproteinase-9 and its association with decision-making in eating disorders. Psychiatry Clin Neurosci. 2017;71:124-34. 2017/02.
    論文を見る
  12. Ohtani T, Nestor P, Bouix S, Newell D; Melonakos E; McCarley RW, Shenton ME, Kubicki M. Exploring the Neural Substrates of Attentional Control and Human Intelligence: Diffusion Tensor Imaging of Prefrontal White Matter Tractography in Healthy Cognition. Neurosci. 2017; 341: 52-60. 2017/01/26.
    論文を見る
  13. 伊藤絵美 スキーマ療法.臨床心理学第17巻第4号,446-7. 2017/07.
  14. 伊藤絵美 「開かれた個人療法」のヒントとしてのオープンダイアローグ.精神療法,第43巻3号,392-393.2017/06.
  15. 伊藤絵美 マインドフルネスの認知行動療法への影響.精神科治療学,第32巻第5号,661-663. 2017/05.
  16. 星野郁佳, 杉田克生, 粉川あずさ, 杉田記代子, 折原俊一, 林徹, 横田梓 第一言語と第二言語における“語彙‐概念リンク”の発達 千葉大学教育学部研究紀要 vol 65, pp269-278, 2017/03/01.
  17. 石本雄真,松本有貴,山本利枝.心理教育をいかに届けるかプログラムのFeasibilityを考える.教材研究を考える-負担軽減と積極的意義.日本教育心理学会第59回総会発表論文集.88-89、2017.
  18. 石川亮太郎「強迫症に対する認知療法 ―その方法と効果―」精神科治療学 32巻4号, 485-489. 2017
  19. 花澤寿 多重迷走神経理論による神経性過食症理解の可能性について 千葉大学教育学部研究紀要65巻. 349-354 2017
  20. 大渓俊幸、中里道子、大島郁葉、須藤千尋、平野好幸、潤間励子、吉田智子、生稲直美、岩倉かおり、土屋美香、鍋田満代、近藤妙子、千勝浩美、太和田暁之、松澤大輔、中川彰子、清水栄司、今関文夫 学生健康診断システムにおけるメンタルヘルス問診の試み(第2報) CAMPUS HEALTH 2017; 54(1): 151-152
  21. 大渓俊幸、中里道子、大島郁葉、須藤千尋、平野好幸、吉田智子、生稲直美、岩倉かおり、土屋美香、鍋田満代、近藤妙子、千勝浩美、太和田暁之、潤間励子、中川彰子、松澤大輔、清水栄司、今関文夫 大学生の自閉症スペクトラム障害と摂食障害が学生生活に与える影響についての検討 CAMPUS HEALTH 2017; 54(1): 457-458
  22. 伊里綾子, 藤里紘子, 山田圭介, 大久保智紗, 宮前光宏, 寺島瞳. 青年におけるBPD症状の重症度を捉えるJapanese version of Quick Evaluation of Severity over Time(QuEST-J)の開発と信頼性・妥当性の検討 感情心理学研究 第25巻1号, 1-11.
  1. 浦尾悠子 認知行動療法に基づく子どもの不安への対処力を養う予防教育プログラム「勇者の旅」,子どものこころと脳の発達,8 (1), 59-69,2017.
  2. 林三千恵, 清水栄司. 子どもの社交不安症とその治療について 健康教室12月号第805集 東山書房 p61-64
  1. 伊藤絵美(著) つらいと言えない人がマインドフルネスとスキーマ療法をやってみた 医学書院 2017/10
  2. 松本俊彦・伊藤絵美(監修),藤野京子・鷲野薫・藤掛友希・両全会薬物プログラム開発会(著) 薬物離脱ワークブック 金剛出版 2017/09
  3. 清水栄司 自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方 翔泳社 2017/08
  4. M. ヴァン・ヴリースウィジク,J. ブロアーゼン,M. ドナルト (編集), 伊藤絵美・吉村由未(監訳) スキーマ療法最前線:第三世代CBTとの統合から理論と実践の拡大まで 誠信書房 2017/07
  5. 清水栄司 大人の人見知り ワニブックス 2017/06
  6. 熊野宏昭(監修),伊藤絵美(監修),NHKスペシャル特別版(監修) 「キラーストレス」から心と体を守る!―マインドフルネス&コーピング実践CDブック.主婦と生活社.2017/05
  7. 粉川あずさ, 海老根遥香, 杉田克生(訳) 小学校における困難児への対応 : 教師への指導指針 第2版 : Durham大学CEM作成 : 研究に基づく教師へのガイド (Working with Difficult Children in Primary Schools : A Guide for Teachers - 2nd Edition : A research-based guide for teachers, produced by CEM, Durham University) 千葉大学教育学部養護教育教室 千葉 http://doi.org/10.20776/100569 2017/03/31発行
  1. Goto T, Matsuzawa D, Sahara Y, Fuchida T, Sutoh C, Shimizu E. The effect of methyl donor deficient diet combined with stress exposure in juvenile period on behaviors and monoamine levels in C57BL/6J, The 90th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, Kobe Port Island, Hyogo 2017/11/06-09
  2. Ikoma Y, Obata T, Hirano Y, Tachibana A, Tachibana Y, Murata K, Higashi T. Evaluation of relationship between BOLD signal and cerebral blood flow in activated state by simultaneous ASL and BOLD measurement. 第45回日本磁気共鳴医学会大会.宇都宮 2017/09/14-16
  3. Tachibana A, Ikoma Y, Hirano Y, Tachibana Y, Higashi T, Obata T. Time-lag assessment of neuronal connectivity for default mode network by multi-band rsfMRI. 第45回日本磁気共鳴医学会大会.宇都宮 2017/09/14-16
  4. Takanashi R, Sento A, Araki S, Takahashi Y, Ino Y, Sasaki H, Shimizu E. Psychological symptoms and effectiveness of cognitive behavioral interventions associated with work-related stressful events in employees on sick leaves with depressive disorders in Japan. 47th Congress of the European Association for Behavioral And Cognitive Therapies. LJUBLJANA – SLOVENIA. 2017/09/13-16.
  5. Sahara Y, Matsuzawa D, Fuchida T, Goto T, Suto C, Shimizu E. Transgenerational effects of methyl donors deficient diets in mice during juvenile period, The 40th Annual Meeting of Japan Neuroscience Society, Makuhari Messe, Chiba 2017/07/20
  6. Tsuchiyagaito A, Hirano Y, Shimizu E, Nakagawa A. OCD with and without ASD: Do differential brain alternative predict CBT outcomes? 24th ANNUAL OCD Conference (IOCDF), San Francisco 2017/07/06-09 (2017 IOCDF OUTSTANDING POSTER TRAVEL AWARD)
  7. Oshiyama C, Nuki M. Pain relieving effects of music therapy on elderly persons using sensory integrated theory. 15th.World Congress of Music Therapy. Tukuba, Japan. 2017/07/06. (ポスター・査読有)
  8. Oshiyama C, Niwa S, Kosugi N, Nakagome K. Development of a music NEAR therapy program for Schizophrenia.The 15th.World Congress of Music Therapy. Tukuba, Japan. 2017/07/05.
  9. Matsumoto J, Hirano Y, Kitahara A, Tokuyama H, Yamaga M, Kitamoto T, Yokote K. Cognitive function in bariatric surgery versus non-surgical patients for obesity. 24th European Congress on Obesity (ECO), Porto, 2017/05/17-20
  10. Hirano Y, Matsumoto J, Kitahara A, Tokuyama H, Yamaga M, Kitamoto T, Matsumoto K, Masuda Y, Yokote K. Reward processing alteration after bariatric surgery in obesity. 24th European Congress on Obesity (ECO), Porto, 2017/05/17-20
  11. 大渓俊幸、若林明雄、吉田智子、生稲直美、岩倉かおり、太和田暁之、潤間励子、中里道子、清水栄司、今関文夫 大学生・大学院生における自閉症スペクトラム傾向と社会適応の関係についての調査 全国大学保健管理研究集会 沖縄コンベンションセンター, 2017/11/29-30
  12. 伊藤絵美(特別講演) 生活習慣病診療に役立つ「コーピング」と「マインドフルネス」の考え方 第29回日本内分泌糖尿病心理行動研究会, 東京, 2017/10/28
  13. 薛陸景、浅野憲一、伊吹英恵、沼田法子、田中麻里、平野好幸、清水栄司、中里道子.神経性過食症に対する個人認知行動療法の効果研究, 第21回日本摂食障害学会学術集会, 広島, 2017/10/21-22
  14. 土屋垣内晶、平野好幸、竹林由武、清水栄司、中川彰子.より良い治療効果を得るために―自閉スペクトラム症を併存する強迫症に対する認知行動療法の効果と関連する脳部位を用いたモデル検討―, 第44回日本脳科学学会, 弘前, 2017/10/14-15
  15. 清水栄司, 倉田由美子, 押山千秋, 浦尾悠子, 城月健太郎, 佐々木和義 「うつ・不安予防のための心と脳の健康づくりの試み~環境人間科学/脳科学/認知行動科学の観点から~」日本健康心理学会第30大会シンポジウム, 明治大学, 2017/09/02
  16. 伊藤絵美(講師)スキーマ療法入門 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会(合同開催)ワークショップ, 東京, 2017/07/23
  17. 伊藤絵美(シンポジスト)慢性うつ病に対する認知行動療法&スキーマ療法 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会(合同開催), 東京), 2017/07/22
  18. 永田忍,高梨利恵子,松木悟志,中川彰子,清水栄司. 過敏性腸症候群と嘔吐恐怖が併存した青年期男性患者への認知行動療法の一事例,第17回 日本認知療法・認知行動療法学会大会,京王プラザホテル, 2017/07/21-23
  19. 大島郁葉.成人の高機能自閉症者に対するスキーマ療法―2事例を通しての検討― 第14回日本うつ病学会総会/第17回日本認知療法・認知行動療法学会, 2017/07.
  20. 平野好幸、松本淳子、北原綾、徳山宏丈、山賀政弥、北本匠、松本浩史、桝田喜正、清水栄司、横手幸太郎.肥満外科手術における報酬処理の変化, 第35回日本肥満症治療学会学術集会, 盛岡, 2017/06/23-24
  21. 松本淳子、平野好幸、須藤千尋、清水栄司、横手幸太郎.成人肥満と精神神経薬剤処方数は関連する-平成25年度レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)オープンデータから-, 第35回日本肥満症治療学会学術集会, 盛岡, 2017/06/23-24
  22. 高梨利恵子, 土門由紀, 山田繭子, 馬場洋子, 荒木章太郎, 高橋保子, 仙頭彩奈, 綾千晶, 満山宏人, 伊野ゆり子, 佐々木一, 山内直人 インテーク情報を利用した ドロップアウトリスクの見立てについて 第10回うつ病リワーク研究会年次大会 ポスター発表, 福岡, 2017/04/22-23.
  23. 花澤寿 思春期神経性やせ症の精神療法について (教育講演)第22回千葉総合病院精神科研究会, 2017/04/15
  24. 小杉尚子, 押山千秋, 丹羽真一「音楽を取り入れた統合失調症の認知リハビリテーションプログラムの開発研究」 第12回日本統合失調症学会 プログラム集P1-4-8 , 鳥取米子コンベンションセンター, 2017/03/24-25
  25. 平野好幸.症状次元を考慮した強迫症の脳画像研究.シンポジウム2「OCDの生物学と新規治療の可能性」座長、松永寿人、清水栄司.第9回日本不安症学会学術大会, 福岡, 2017/03/10-11
  26. 佐原佑治, 松澤大輔, 渕田孝大, 須藤千尋, 清水栄司.発達期メチルドナー欠乏は恐怖体験後の記憶消去を困難にする 第9回日本不安障害学会学術集会、九州大学医学部、福岡, 2017/03/10
  27. 松本一記, 浅野憲一, 浦尾悠子, 久能勝, 中川彰子, 清水栄司. Japanese Initiative for Diagnosis and Treatment Evaluation research in Telepsychiatry (J-INTEREST) ; 強迫・不安等に対する在宅遠隔認知行動療法のパイロットRCTの研究デザイン. JTTA Spring Conference 2017 & ASEAN-Japna Healthcare ICT Forum. 2017/02/18
  28. 花澤寿 思春期神経性やせ症の精神療法 どう理解しどうかかわるか (特別講演) 第24回 千葉県児童思春期精神医学研究会, ハーモニープラザ(千葉市), 2017/01/21
  29. 大島郁葉,大隅香苗,岩佐和典,三上謙一.成人の発達障害者に対する認知行動療法:内的不適応感に対するケアについて考える. 第43回日本認知・行動療法学会自主シンポジウム, 2017
  1. 浦尾悠子 千葉県高等学校教育研究会養護部会7ブロック研修会「認知行動療法の保健室での活用について」,千葉県立我孫子高等学校, 2017/12/19
  2. 伊藤絵美 矯正研修所 CBTにおけるケースフォーミュレーションの実際, 2017/12/18
  3. 伊藤絵美 法務総合研究所保護観察官高等科研修 ストレスマネジメント, 2017/12/13
  4. 伊藤絵美 横浜保護観察所 性犯罪再犯防止プログラム, 2017/12/08
  5. 浦尾悠子 子どもみんなシンポジウム2017 in金沢,講演会「子どもの不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践」,金沢大学十全講堂, 2017/12/02
  6. 伊藤絵美 矯正協会 スキーマ療法ワークショップ, 2017/11/07,11/21
  7. 浦尾悠子 第10回市原市精神保健福祉フェスタ,講演会「心の健康を保つ認知行動療法のエッセンス」,市原市市民会館大ホール, 2017/11/11
  8. 伊藤絵美 町田市職員研修 ストレスマネジメント, 2017/10/26
  9. 伊藤絵美 NHK出版 セルフケアのためのマインドフルネス, 2017/10/12
  10. 伊藤絵美 横浜保護観察所 性犯罪再犯防止プログラム, 2017/09/29
  11. 伊藤絵美 矯正協会 カウンセリング研修会:認知行動療法ワークショップ, 2017/09/19,10/03,10/17,10/31
  12. 花澤寿 東京都板橋区養護教諭会 講演 心の育ちの危機と支援-こころを支える関わりとは- 板橋区教育支援センター, 2017/09/19
  13. 伊藤絵美 ウィリング横浜主催 管理職のための職場のメンタルヘルス研修, 2017/09/10
  14. 伊藤絵美 NHK放送研修センター 管理職対象メンタルヘルスケア研修, 2017/09/04-05
  15. 大島郁葉. 「スキーマ療法の理論と実践」 第43回 日本認知・行動療法学会(研修会講師), 新潟, 2017/09
  16. 浦尾悠子,小柴孝子 子どもみんなプロジェクトin千葉,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,市原市ちはら台コミュニティーセンター, 2017/08/30
  17. 浦尾悠子 平成29年度第2回気高中学校区小中合同研修会,不安への対処力を養うための認知行動療法に基づく予防教育プログラム-『勇者の旅』プログラムのご紹介-,鳥取市気高中学校区小中一貫教育連絡協議会, 2017/08/25
  18. 花澤寿 柏市養護教諭研修会講師 「リラクセーションの理論と技法について」, 柏市沼南庁舎, 2017/08/25
  19. 浦尾悠子 子どもみんなプロジェクトin千葉,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,鳥取県教育委員会事務局いじめ不登校総合対策センター, 2017/08/24
  20. 伊藤絵美 所沢市教育研究会全員研修会講演会 教職員の生きがいとメンタルヘルスの向上―ストレスコーピングによるセルフケア, 2017/08/23
  21. 浦尾悠子 平成29年度教員免許状更新講習,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,千葉敬愛短期大学, 2017/08/22
  22. 浦尾悠子,小柴孝子 子どもみんなプロジェクトin千葉,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,市川市立行徳小学校, 2017/08/21
  23. 浦尾悠子 平成29年度夏期専門研修,子どもの不安への対処力を育てる-不安の問題に自ら対処するための知識とスキルを授業で教えよう!-,千葉市教育センター, 2017/08/17
  24. 伊藤絵美 第16回東信精神科治療研究会 ストレスケアに活かすコーピングと認知行動療法, 2017/08/06
  25. 浦尾悠子,清水栄司 日本学校教育相談学会第29回総会・研究大会(千葉大会)ワークショップF,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,神田外語大学, 2017/08/04
  26. 花澤寿 四街道市おやこの支援勉強会講師 「思春期のこころと疾病、その支援」, 四街道市保健センター, 2017/08/03
  27. 浦尾悠子,小柴孝子 子どもみんなプロジェクトin千葉,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,成田市立三里塚小学校, 2017/08/02
  28. 浦尾悠子,小柴孝子 子どもみんなプロジェクトin千葉,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,千葉市立美浜打瀬小学校, 2017/08/01
  29. 大島郁葉.北海道医療大学発達支援センター公開研修会「成人の自閉スペクトラム症に対するスキーマ療法研修会」(研修講師), 札幌,2017/08
  30. 浦尾悠子,小柴孝子 子どもみんなプロジェクトin千葉,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,南房総教育研究所, 2017/07/31
  31. 浦尾悠子,小柴孝子 子どもみんなプロジェクトin千葉,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,山武市立成東小学校, 2017/07/28
  32. 浦尾悠子,小柴孝子 子どもみんなプロジェクトin千葉,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,旭市立富浦小学校, 2017/07/27
  33. 花澤寿 平成29年度ゲートキーパー養成研修 「思春期の摂食障害の理解と支援」, 千葉市こころの健康センター, 2017/07/21
  34. 伊藤絵美 マインドフルネスの理論と実践:うつ病の再発予防に向けて, 三重県立こころの医療センター, 2017/07/13
  35. 伊藤絵美 第12回三重認知行動・薬物療法研究会 マインドフルネスの理論と実践:うつ病の再発予防に向けて, 2017/7/13
  36. 大島郁葉.千葉子どもの心教育医療研究会第3回講演会「思春期以降の自閉スペクトラム症者に対する家族支援の取り組みの紹介」(招待講演), 千葉, 2017/07
  37. 大島郁葉.栃木県臨床心理士会研修会「スキーマ療法ワークショップ」(研修講師), 栃木,2017/07
  38. 浦尾悠子平成29年度不登校関係機関連絡協議会,子どもの不安への対処力を養う予防教育プログラム『勇者の旅』,青森県教育委員会,青森県総合社会教育センター, 2017/06/22
  39. 浦尾悠子 平成29年度第1回研修会,不安への対処力を養う認知行動療法の授業実践,日本学校心理士会東京支部,東京成徳大学東京キャンパス, 2017/06/17
  40. 大島郁葉. 神経・認知・行動・感情心理研究会(研修講師)「スキーマ療法継続研修会」, 東京, 2017/06
  41. 山本利枝:「折れない心を育む体験、レジリエンスを身につけよう」早稲田大学教養講座,2017/05/27
  42. 浦尾悠子 平成29年度小・中生徒指導推進研究協議会(生徒指導担当部門),不安への対処力を養う『勇者の旅』プログラムとは,千葉県教育庁東上総教育事務所(睦沢ゆうあい館),2017/05/23
  43. 花澤寿 高大連携講座「ストレスとその対処について」, 千葉女子高校, 2017/05/13
  44. 浦尾悠子 平成28年度スクラム教育研修会「不安予防と「勇者の旅」プログラム」, 鳥取県岩美町役場, 2017/03/06
  45. 大島郁葉「成人の高機能自閉スペクトラム症に対するスキーマ療法:複数事例を通しての紹介」, 大阪大学子どものこころの分子統御機構研究センター, 2017/02/22
  46. 大島郁葉「スキーマ療法研修会」神経・認知・行動・感情心理研究会, 東京, 2017/01/20-21
  47. 花澤寿 第62回千葉県養護教諭研究発表会 講師「心的外傷(トラウマ)の理解と対応」千葉県文化会館 2017/01/20
  1. Tsuchiyagaito A, Hirano Y, Shimizu E, Nakagawa A “OCD with and without ASD: Do differential brain alternative predict CBT outcomes?” 24th ANNUAL OCD Conference (IOCDF), 2017 IOCDF OUTSTANDING POSTER TRAVEL AWARD
  2. 平野好幸、松本淳子、北原綾、徳山宏丈、山賀政弥、北本匠、松本浩史、桝田喜正、清水栄司、横手幸太郎「肥満外科手術における報酬処理の変化」、第35回日本肥満症治療学会学術集会.優秀演題賞
  3. 石川亮太郎、小林茂、石垣琢麿、向谷地生良「当事者研究による心理社会的認知の変化: 浦河べてるの家における5年間の縦断調査」 認知療法研究 第9巻1号, 66-74. 2017. 日本認知療法学会最優秀論文賞受賞
  1. 清水栄司 人生で大事なことは〇〇から学んだ(テーマ:人見知り)テレビ朝日系列 2017/08/13放送VTR出演
「研究者の方へ」のページを見る

大学院生募集

連合小児発達学では、平成31年度の大学院生を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

HOME
Page Top