研究者の方へ

業績[2018年]

  1. Oshima F, Shaw I, Iwasa K, Nishinaka H, Shimizu E. Individual Schema Therapy for high-functioning autism spectrum disorder with comorbid psychiatric conditions in Young Adults: Results of a Naturalistic Multiple Case Study. Journal of Brain Science, Vol.47, 2018.
  2. Ohtani T, Del Re E, Levitt JJ, Niznikiewicz M, Konishi J, Asami T, Kawashima T, Roppongi T, Nestor PG, Shenton ME, Salisbury DF, McCarley RW. Progressive symptom-associated prefrontal volume loss occurs in first-episode schizophrenia but not in affective psychosis. Brain Struct Funct. 2018 Jul;223(6):2879-2892. 2018/07.
    論文を見る
  3. Oshima F, Iwasa K, Nishinaka H, Suzuki T, Umehara S, Fukui I, Shimizu E. Factor structure and reliability of the Japanese Version of the Young Schema Questionnaire Short Form. International Journal of Psychology and Psychological Therapy, 18(1),99-109.
  4. Numata N, Hirano Y, Sutoh C, Matsuzawa D, Takeda K, Setsu R, Shimizu E, Nakazato M. Hemodynamic responses in prefrontal cortex and personality characteristics in patients with bulimic disorders: a near-infrared spectroscopy study. Eat Weight disord. 2017. online first. 2018/05/20
    論文を見る
  5. Setsu R, Asano K, Numata N, Tanaka M, Ibuki H, Yamamoto T, Uragami R, Matsumoto J, Hirano Y, Iyo M, Shimizu E, Nakazato M. A single-arm pilot study of guided self-help treatment based cognitive behavioral therapy for bulimia nervosa in Japanese clinical settings. BMC Res Notes. 11(1):257, 2018/04/25
    論文を見る
  6. Hirano Y, Yen CC, Liu JV, Mackel JB, Merkle H, Nascimento GC, Stefanovic B, Silva AC. Investigation of the BOLD and CBV fMRI responses to somatosensory stimulation in awake marmosets (Callithrix jacchus). NMR Biomed, in press. 2018/03/31
    論文を見る
  7. Sato D, Yoshinaga D, Nagai E, Hanaoka H, Sato Y, Shimizu E, Randomised controlled trial on the effect of internet-delivered computerised cognitive–behavioural therapy on patients with insomnia who remain symptomatic following hypnotics: a study protocol, BMJ Open Jan 2018, 8 (1) e018220; DOI: 10.1136/bmjopen-2017-018220. 2018/01/30
    論文を見る
  8. Hamada H, Matsuzawa D, Sutoh C, Hirano Y, Chakraborty S, Ito H, Tsuji H, Obata T, Shimizu E. Comparison of brain activity between motor imagery and mental rotation of the hand tasks: a functional magnetic resonance imaging study. Brain Imaging Behav. in press. 2018/01/25
    論文を見る
  9. Nagata S, Seki Y, Shibuya T, Yokoo M, Murata T, Hiramatsu Y, Yamada F, Ibuki H, Minamitani N, Yoshinaga N, Kusunoki M, Inada Y, Kawasoe N, Adachi S, Oshiro K, Matsuzawa D, Hirano Y, Yoshimura K, Nakazato M, Iyo M, Nakagawa A, Shimizu E. Does Cognitive Behavioral Therapy Alter Mental Defeat and Cognitive Flexibility in Patients with Panic Disorder? BMC Research Notes 2018.11:23. 2018/01/12
    論文を見る
  10. Takahashi M, Urushihata T, Takuwa H, Sakata K, Takado Y, Shimizu E, Suhara T, Higuchi M, and Ito H. Imaging of Neuronal Activity in Awake Mice by Measurements of Flavoprotein Autofluorescence Corrected for Cerebral Blood Flow. Front Neurosci. 2018 Jan 4;11:723. doi: 10.3389/fnins.2017.00723. eCollection 2017. 2018/01/04
    論文を見る
  11. Yokoo M, Wakuta M, Shimizu E. Educational Effectiveness of a Video Lesson for Bullying Prevention. Children & Schools. 2018.
    論文を見る
  12. 大渓俊幸、須藤千尋、平野好幸、大島郁葉、松尾幸治、清水栄司、若林明雄、今関文夫 学生の自閉スペクトラム症に見られる特徴と脳活動についての予備的研究 CAMPUS HEALTH 2018; 55, 282-284. 2018
  13. 大島郁葉.成人期の高機能自閉スペクトラム症に対するスキーマ療法‐高機能自閉スペクトラム症者の複雑事例に対する治療可能性について. 心理臨床・発達支援センター研究.第13巻1号.北海道医療大学心理科学部雑誌.2018/03
  14. 粉川あずさ、星野郁佳、杉田克生、杉田記代子、折原俊一 英語における読字障害スクリーニングシステム開発について, 千葉大学教育学部研究紀要 vol66, No.2. pp17-21, 2018/03/01
  15. 岡田加奈子、花澤寿 教育学部養護教諭養成課程における臨床実習の特徴と課題, 千葉大学教育学部研究紀要,第61巻2号 133-139, 2018
  16. 花澤寿 ヒトの成長発達と性行動の特徴から見た思春期の性の問題の理解と性教育における指導について, 千葉大学教育学部研究紀要,第61巻2号 379-384, 2018
  1. 田口佳代子, 清水栄司. 慢性疼痛の認知行動療法. 臨床麻酔 臨時創刊号 2018/03
  1. 坂口純、吉田麻里奈、石田茂誠、五十嵐俊次、杉田克生、宮﨑、中村道夫 第68回日本小児神経学会関東地方会 「生来健康な17歳男性に突然発症した脳幹梗塞」 コンベンションホールAP品川, 2018/03/24
  2. 杉田克生、粉川あずさ、金育美、ホーン・べヴァリー、松澤大輔、浅野由美、宮本清美、杉田記代子「英語読字障害児の療育支援システム樹立への取り組み」, 第209回日本小児科学会千葉地方会 千葉大学医学部附属病院3階大講堂, 2018/02/11
  1. 高梨利恵子 第10回日本不安症学会学術大会研修会「認知行動療法の研修会」(研修講師), 東京, 2018/03/17-18
  2. 伊藤絵美 青森少年鑑別所 子どもの支援に活かす認知行動療法, 2018/03/05
  3. 浦尾悠子 鳥取県教育委員会事務局いじめ・不登校総合対策センター 平成29年度第2回安心・安全な学校づくりプロジェクト事業連絡協議会,「勇者の旅」プログラムの効果的な活用による学校不適応対策について,中部総合事務所, 2018/02/15
  4. 浦尾悠子 鳥取県岩美町立岩美中学校校内研修会「脳科学の知見から、小中連携において不安予防をするメリットについて」,岩美町立岩美中学校, 2018/02/14
  5. 伊藤絵美 NHK放送研修センター 管理職対象メンタルヘルスケア研修, 2018/02/08-09
  6. 伊藤絵美 大宮医師会 コーピングと認知行動療法によるセルフケア, 2018/02/02
  7. 伊藤絵美 横浜上大岡臨床心理センター 認知行動療法ワークショップ, 2018/01/25, 2018/02/01, 2018/02/22
  8. 松澤大輔 「自閉症スペクトラム症ASDと注意欠陥多動性障害ADHDについて」「医師から親に伝えたいこと」, 全日警ホール 市川市八幡市民会館, 2018/01/31
  9. 浦尾悠子 日本学校教育相談学会千葉県支部第74回研修会(学校心理士会千葉支部共催)子どもみんなプロジェクト2018 in千葉 「勇者の旅」実践報告会「平成29年度の取り組みについて」,千葉大学亥鼻キャンパス, 2018/01/27
  10. 花澤寿 第63回千葉県養護教諭研究発表会 講演「愛着」を考える - ヒトの子育ての難しさという視点から - 千葉県養護教諭研究発表会, 千葉県文化会館, 2018/01/19
  11. 伊藤絵美 矯正協会 認知行動療法事例検討ワークショップ, 2018/01/16
  12. 大島郁葉 「児童思春期の自閉スペクトラム症に対するスキーマ療法ワークショップ」福島大学子どものメンタルヘル氏推進事業室, 福島,2018/01
  1. 松澤大輔. 第三回千葉大学医学部スカラーシップ指導者賞, 2018/02
「研究者の方へ」のページを見る

大学院生募集

連合小児発達学では、平成30年度の大学院生を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

HOME
Page Top