研究者・受験者の方へ

2020年度 修了生

名前大川 翔
論文名 Neuropsychological Comparison Between Patients with Social Anxiety and Healthy Controls: Weak Central Coherence and Visual Scanning Deficit
(社交不安症患者と健常者の神経心理学的比較:中枢性統合と視覚的探索の障害)

2019年度 修了生

名前大平 育世
論文名 A pilot and feasibility study of a cognitive behavioural therapy-based anxiety prevention programme for junior high school students in Japan: a quasi-experimental study.
(日本の中学生を対象とする認知行動療法に基づく不安予防教育プログラムの実用可能性に関するパイロットスタディ―準実験的研究―)

2018年度 修了生

名前松本 一記
論文名 A pilot and feasibility study of a cognitive behavioural therapy-based anxiety prevention programme for junior high school students in Japan: a quasi-experimental study.
(日本の中学生を対象とする認知行動療法に基づく不安予防教育プログラムの実用可能性に関するパイロットスタディ―準実験的研究―)
名前野田 義和
論文名 Assessing Subgroup Differences in Post-traumatic Stress Disorder among Rescue Workers in Japan using the Impact of Events Scale-Revised.
(Impact of Events Scale-Revisedを用いた日本の災害救援者のPost-traumatic Stress Disorderに関するサブグループの差に関する検討)
名前押山 千秋
論文名 Gender-specific associations of depression and anxiety symptoms with mental rotation.
(うつと不安の程度がメンタルローテーションに及ぼす性差特有の影響)

2017年度 修了生

名前土屋垣内 晶
論文名 Cognitive-Behavioral Therapy for Obsessive-Compulsive Disorder with and without Autism Spectrum Disorder: Gray Matter Differences Associated with Poor Outcome.
(自閉スペクトラム症併存の有無による強迫症に対する認知行動療法の効果:治療効果不良と関連する灰白質体積の差異)
名前山本 利枝
論文名 Effects of the Cognitive-Behavioral You Can Do It! Education Program on the Resilience of Japanese Elementary School Students: A Preliminary Investigation.
(日本の小学校における認知行動療法に基づくYou Can Do It 教育プログラムのレジリエンスについての効果研究:予備的調査)
名前清家 かおる
論文名 A questionnaire survey regarding the support needed by Yogo teachers to take care of students suspected of having eating disorders (second report).
(摂食障害と疑われる生徒を効果的に支援するために養護教諭が必要とする支援に関する質問紙調査研究[第2報])
名前小池 春菜
論文名 Reliability and validity of the Japanese version of the Obsessive-Compulsive Inventory-Revised (OCI-R).
(日本語版OCI-Rにおける信頼性・妥当性の検討)
名前三尾 眞由美
論文名 A Single-session Universal Mental Health Promotion Program in Japanese Schools: A Pilot Study.
(本邦の学校におけるシングルセッションのユニバーサル健康増進プログラム:パイロット研究)
名前南谷 則子
論文名 Developmental trial of a cognitive behavior therapy program for parents of junior high students exhibiting school refusal : Evidence based on a small sample from a metropolitan area in Japan.
(中学生の不登校の子どもを抱える親に対する認知行動療法プログラムの開発の試み:日本の郊外における少量データに基づく検証)
名前奥田 朋子
論文名 Feasibility of cognitive remediation therapy for adults with autism spectrum disorders: a single-group pilot study.
(大人の自閉スペクトラム症に対する認知機能改善療法の実用可能性:パイロット研究)

2016年度 修了生

名前大城 恵子
論文名 Development and validation of the Japanese version of cognitive flexibility scale.
(日本語版認知的柔軟性尺度の開発と信頼性・妥当性の検証)
名前関 陽一
論文名 A feasibility study of the clinical effectiveness and cost‑effectiveness of individual cognitive behavioral therapy for panic disorder in a Japanese clinical setting : an uncontrolled pilot study.
(日本の臨床場面でのパニック症に対する個人認知行動療法の臨床効果と医療経済評価の実用可能性研究 : 対照群なしの単群パイロット研究)
名前廣瀬 素久
論文名 Relationship between symptom dimensions and brain morphology in obsessive-compulsive disorder.
(強迫性障害におけるsymptom dimensionと脳形態との関連)
名前八木 三千代
論文名 Relationship between symptom dimensions and white matter alterations in obsessive-compulsive disorder.
(強迫性障害における symptom dimension と脳の白質変化の関連)
名前浦尾 悠子
論文名 Effectiveness of a cognitive behavioural therapy-based anxiety prevention programme for children : a preliminary quasi-experimental study in Japan.
(認知行動療法に基づく子ども向け不安予防プログラムの効果 : 日本における準実験的研究)

2015年度 修了生

名前松本 淳子
論文名 Comparison in decision-making between bulimia nervosa, anorexia nervosa, and healthy women : influence of mood status and pathological eating concerns.
(神経性過食症、神経性無食欲症、そして健常女性における意思決定能力の比較 : 気分や食に関するとらわれの影響)
名前小林 智子
論文名 Correlation between Morphologic Changes and Autism Spectrum Tendency in Obsessive-Compulsive Disorder.
(強迫性障害における自閉傾向と脳の形態学的変化との関連)
「研究者・受験者の方へ」を見る

大学院生募集

当センターでは連合小児発達学研究科(千葉校)の大学院生を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください
研究内容はこちらをご覧ください
問い合わせ先は当センターまで
・申請書類は、以下のバナーから入手できます。

リーフレット

当センターのリーフレットがご覧いただけます。

「簡易(低強度)認知行動療法的アプローチによる相談支援を行うメンタルサポート医療人養成」CBTラーニング
HOME
Page Top