日和佐隆樹のプロフィール

研究活動

SEREX法による腫瘍マーカーの探索(食道癌、胃癌、グリオーマ他)

 SEREX (serological identification of antigens by recombinant cDNA expression cloning) 法による食道癌マーカーの一次スクリーニングを施行し、約300種類のマーカーを同定した。これらのうち、解析が終了した約20種類について報告した。これらのマーカーにより食道癌の早期発見、及び、モニタリングが可能であると考えられた。

 

動脈硬化関連疾患の血清抗体マーカーの探索

 脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、腎臓病などの動脈硬化関連疾患の各種血清抗体マーカーを探索している。 発現クローニング法、及び、プロテインアレイ法による動脈硬化マーカーの一次スクリーニングにより約650種類の候補マーカーを同定した。これらのうち、約200種類の抗原タンパク質を調製し、AlphaLISA法により血清抗体レベルを解析した結果、約60種類が動脈硬化症の有用マーカーとして選別された。これらのマーカーを用いて動脈硬化症の早期(発症前)診断が可能になると考えられた。

 

がん抑制遺伝子p53を制御するシグナル伝達機構

 p53 の新規標的遺伝子を発見した。

 p53 の修飾と標的遺伝子の新しい関係を発見した。

 

遺伝子産物の網羅的機能解析

 遺伝子の網羅的機能解析方法、及び、薬物の分子作用機序の網羅的解析(ファーマコゲノミクス/トキシコゲノミクス)方法として DSPA (Drug-Sensitivity Pattern Assay) 法を考案した。

 

発表論文や学会発表については、「業績」をご覧ください。

学会活動
  • 日本癌学会会員
  • 日本生化学会会員
  • 日本分子生物学会会員
  • 日本疫学会会員
  • 日本臨床プロテオーム研究会会員
  • 病態プロテアーゼ学会会員
seikagakukai2014
特許申請
  1. 遺伝子の機能解析データベースとDSPAによる遺伝子機能解析方法 出願番号:特願2000-378047 
    発明者:日和佐隆樹 出願者:独立行政法人科学技術振興機構 平成19年7月5日成立
  2. 動脈硬化診断用マーカー及びその使用 出願番号:特願2003-393157 
    発明者:久保田基夫 町田利生 内野福生 小林英一 佐伯直勝 山浦晶 日和佐隆樹 滝口正樹 
    出願者:独立行政法人科学技術振興機構 平成21年2月23日成立
  3. 関節リウマチ診断用試薬 発明者:後藤憲一郎、日和佐隆樹 滝口正樹 末石眞 杉山隆夫 
    出願者:独立行政法人科学技術振興機構 出願番号:特願2004-135484 平成16年4月30日出願 平成23年2月8日成立
  4. デコリン由来ペプチド 発明者:瀧口正樹 町田雅之 田村裕 日和佐隆樹 下出真義 
    出願者:千葉大学及び独立行政法人産業技術総合研究所 出願番号:特願2005-336110 
    平成17年11月21日出願 平成22年8月6日成立
  5. 動脈硬化診断用ポリペプチドマーカー、及び該マーカー等を用いる動脈硬化の検出方法、並びに動脈硬化診断用キット 発明者:中村利華 黒田英行 冨吉郷 日和佐隆樹 瀧口正樹 佐伯直勝 町田利生 
    出願者:千葉大学及び藤倉化成株式会社 出願番号:特願2008-209210 
    平成20年8月15日出願 平成26年11月12日特許査定(中国)、平成27年3月20日特許査定(韓国)、平成27年5月15日特許査定(国内)、平成28年2月23日特許査定(米国)
  6. ヒトdecorinプロモーターの一部の配列を用いてC/EBPα、C/EBPβ若しくはp53依存的に任意の遺伝子を発現させる方法、及びそれらの転写誘導能を抑制又は測定する方法、及びp53の転写誘導能を抑制又は測定する方法 発明者:日和佐隆樹、瀧口正樹、岩瀬克郎;出願者:千葉大学、出願番号:特願2009-131124号 平成21年5月29日出願 平成27年1月9日特許査定、平成27年10月29日特許査定
  7. 脳梗塞の診断マーカー及び診断キット 発明者:後藤憲一郎、日和佐隆樹、松村竜太郎、杉山隆夫;出願者:千葉大学及びヒューマンサイエンス振興財団、出願番号:特願2014-000417 平成26年1月6日出願
  8. デオキシハイプシン・シンターゼ遺伝子を指標として用いる動脈硬化の検出方法 発明者:中村利華、黒田英行、冨吉郷、日和佐隆樹、瀧口正樹、佐伯直勝;出願者:千葉大学及び藤倉化成株式会社、出願番号:特願2014-226847号 平成26年11月7日出願
  9. 動脈硬化の検出方法 発明者:黒田英行、中村利華、冨吉郷、日和佐隆樹;出願者:千葉大学及び藤倉化成株式会社、出願番号:特願2016-222657号 平成28年11月15日出願
研究費取得
  • 独立行政法人科学技術振興機構 委託開発「血液抗体マーカーを用いた動脈硬化診断キット」
    平成22年~28年 開発実施企業:藤倉化成株式会社
その他の活動
  • 特定非営利活動法人千葉健康づくり研究ネットワーク監事
  • 千葉大学オープン・リサーチ2007「新しい動脈硬化診断マーカー」平成19年10月6日
  • 千葉大学新技術説明会「遺伝子機能及び薬物分子作用機序の網羅的解析方法」
    科学技術振興機構主催平成19年3月16日
  • 千葉大学オープン・リサーチ2006「薬物分子作用機序の網羅的解析システムDSDA
共同研究募集
  • 血清抗体レベルを測定します。
  • 各種疾患マーカーの探索をお手伝いします。患者血清 100検体以上あれば抗体マーカーの同定が可能です。
受託解析募集
  • 論文発表済みの動脈硬化マーカー値を測定します。
  • 血清(0.1 mL 程度)をご用意ください。
  • 持ち込みの抗原に対する抗体レベルを測定します。検体(血清など)と抗原をご用意ください。
  • 実費(1解析100円程度)をいただきます。
千葉大学大学院医学研究院遺伝子生化学 〒260-8670 千葉市中央区亥鼻1-8-1  電話:043-226-2036 Copyright (C) 2013 Chiba University. All Rights Reserved