行動,代謝,神経可塑性の日周リズムの形成および制御機構

 睡眠・覚醒,運動・休息をはじめとする多くの生命現象は,約24時間周期で増減する時計遺伝子の発現に基づく内在性・自発性の概日リズムを示します。この概日リズムに,明暗サイクル,摂食絶食サイクル,社会的活動等の外的要因が作用して実際の日周リズムが形成されます。行動の概日リズムに異常が見られる遺伝子変異マウスの解析を通じて中枢神経系における概日リズムの統御機構と,学習・記憶等の神経可塑性の日周リズムの形成機構の究明を目ざすとともに,日内摂食時期と摂取栄養素により大きなリズム変動を示す肝臓の代謝系遺伝子の調節機構の解明を目ざします。(担当:岩瀬,有田,玉井,平良,瀧口)

千葉大学大学院医学研究院遺伝子生化学 〒260-8670 千葉市中央区亥鼻1-8-1  電話:043-226-2036 Copyright (C) 2013 Chiba University. All Rights Reserved